趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大きな失敗と精神的ショック
   苦い経験1 初めての建て玉  2005/06/30
   苦い経験2 買い増し  2005/07/01
   苦い経験3 両建て  2005/07/02
   苦い経験4 増える建て玉  2005/07/03
   苦い経験5 オンライントレード開始  2005/07/04
   苦い経験6 調子に乗ったとこころで・・  2005/07/06
   苦い経験7 最後の両建て  2005/07/07

 これらの記事では、過去、金の取引で大きな損失(と言っても100万円ほどですが)を出してしまったことを書いています。

 中でも、
   苦い経験6 調子に乗ったとこころで・・  2005/07/06
 の時の精神的なショックは非常に大きなものでした。ショックというのは本当に「ガーーン!」と体で感じるものです。

 この件があって以来、そのショックの感覚を随分長く引きずっといました。一種のトラウマのような状態になって、建玉に対するちょっとした含み損でも、大きな不安として、感じるようになっていました。

 このような、感覚は、理屈ではないんですよね・・。体が反応してしまうのです。

 例えば、「怖い」という感覚が有りますが、理屈で「怖い」と考えて「怖い」わけではなく、その場面に遭遇したときに、背筋がゾクゾクするような感覚、反応が自然と起こって、それを感じて「怖い」と判断するわけです。

 私の場合、不安な感覚というのは、手足が痺れるような感じで力が入りにくいような感じになります。この辺の感覚は人によっていろいろだとは思いますが・・。決して良い感覚ではありません。

 もちろん、建玉に対して逆行したりした場合、多少の不安感が生じるのは当たり前の反応ですし、その不安感が、建玉を増やしたいという危険な思考にブレーキをかけてくれたりもするのです。また、適当にワクワク、ドキドキするくらいの方が、楽しいという考えかもあると思います。しかし、不快な感覚として強く感じるようになってしまうと、投資をすること自体がかなり苦痛に感じてきます。

 商品先物取引で損失を出して、市場から去っていく個人投資家の中には、単に資金的な問題で続けられなくなるだけでなく、精神面での苦痛によって続けられなくなってしまう(続けたくなくなってしまう)と言うことも多く有りそうな感じがします。

 私自身は、現時点で、かつてのような過剰な不安感はほとんど起こらなくなりました。このブログで自分の相場に対する考えを書いていることも、1つのリハビリテーションになったかもしれません。

 その他にも発注ミスを無くすために・・  2006/05/12で紹介したTFT(思考場療法)などもかなり有効だったように思います。
 私がやっている精神的な安定に関するいくつかの方法についても、いずれ紹介したいと考えています。
スポンサーサイト
苦い経験7 最後の両建て
 そして、月曜日になりました。思った通り、東京金は寄り付きからストップ高でした。ストップ高でも出来高を見ていると少しずつ増えているのが分かりました。1時間ほどでフジフューチャーズからの仕切り注文は成立しました。
 三晃商事に、仕切り注文について問い合わせの電話を入れてみると、担当者からの返事は、「まだ注文は入れてない」と言うことで???。どうしてなのか聞いてみると「他の注文状況を見ながらタイミングを見て注文を出した方が成立しやすい」と言う返事に、成り行き注文は早い者順だと思っていた私はまた???。自分のオンラインでの注文は成立していることを話したりしましたが、結局らちがあきませんでした。結局、「今の売建玉の仕切り注文を出しても、成立するかどうか分からないから、他の限月で買い注文が成立しそうなところで両建てするしかない。」と言われて、しょうがなく売り越しの建て玉分、5枚の買い注文を他の限月に入れてもらいました。
 翌日、5枚の建て玉のために生じた証拠金の不足分、20万円余りを振り込みましたが。この両建てによってストップ高の損失に加えて、新たに5枚分の手数料約5万円を失ってしまいました。

 その後の価格の動きは、1,120円台に上がった後、一気に100円分くらい下げていきました。

 私の建て玉は両建てで買い越しも売り越しもない状態ですので、その大きな下げでも利益も損失もありませんでした。
 この件で三晃商事での取引は撤収することに決めて、すべての建て玉を仕切ってもらいました。委託証拠金として入金していたのは150万円余りでしたが、最終的に手数料などを支払った後に帰ってきたのは58万円ほどでした。

 その後はオンライントレード一筋で現在に至ります。


※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。
※この記事に書かれている三晃商事は、現在、光陽ファイナンシャルトレード株式会社と合併して、光陽ファイナンシャルトレード株式会社となっています。
苦い経験6 調子に乗ったとこころで・・
 オンライントレードを始めて1ヵ月も過ぎると、この調子で行ったら三晃商事のマイナスも直ぐに取り返せるのではないかと考えるようになっていました。「20万円の投資資金に対して1ヵ月で8万円。1ヵ月で1.4倍と言うことは1年で・・・。」こういうことって、初心者のうちはよく考えますよね。
 オンライントレードを始めてから順調にきているし、今までのように1枚ずつの取引ではなく枚数を増やしてなるべく早く三晃商事での損失を取り返そうと考えました。
 その時は1,073円だったと思いますが、金曜日、東京金が大きく上げてきたのでフジフューチャーズで1枚売りを建て、三晃商事の口座では5枚の売り越しにしました。
 翌日、私の頭の中では、当然、下がることになっていました。土曜日の朝、NYの金曜日の終値をチェックしようとワクワクしながらフジフューチャーズの価格表示ページを見た時・・・、??!!!!!。
 頭の中が真っ白になりました。前日比プラス13.7ドル。私の短いトレード経験の中では、前日比が5ドルを超えるようなことは1度もありませんでした。「一桁間違えているのではないの?」「NYは日本のようにストップ幅は無いの?」など考えて他のサイトも見てみましたが、どうも間違えでは無さそうです。
 頭の中は、何が何だかパニクッていましたが、その時点の判断として、売り越しの建て玉はすべて仕切ることにしました。フジフューチャーズにはオンラインで成り行きで仕切り注文を出しました。三晃商事は土曜日、営業をしていないので担当のトレーダー宛に、月曜日、朝一で5枚の売り越し分の仕切り注文を出してもらうようにFAXしておきました。

 その土曜日、日曜日は仕事の関係で研修会が入っていました。しかし、研修を受けながら、頭の中は「他に何か方法はないか。月曜日以降のNYで下げることだってあるのではないか。明日、目が覚めたら夢だったりして・・」などと、先物のことばかり考えていました。「考えてもなるようにしかならない」と思っても頭の中はずっとパニック状態でした。
 私が先物取引をしていることはを周りの人には話していませんし、知られてはいけないという思いもありましたから、そのような問題が生じていてパニック状態になっていても、それを表に出さないように普段と同じように振る舞っていなければなりませんでした。
 
 今考えてもこの2日間は地獄のようでした。


※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。 
苦い経験5 オンライントレード開始
 建て玉は増えるのに、ちっとも利益が出ないと言う状況の中で、三晃商事のトレーダーに対しての不信感は募る一方でした。
 当然、「自分で売買した方が良いのではないか・・・」と考え始めるようになりました。インターネットで検索して、現在もお世話になっているフジフューチャーズさんが手数料950円でオンライントレードをやっていることを知り、早速、口座を開設しました。最初は投資資金として20万円振り込みました。
 トレーダーを介しての取引に必要な約1万円の手数料と比べて950円の手数料は圧倒的でした。1円の値動きで手数料分が取れるというのは、今までの取引と比べたら、全く手数料が無いかのような感覚です。

 当時は1,050円位を高値としたボックス相場のような状態だったので高値で売りを建てて、少し下がったら買いで仕切るということを繰り返すだけで、順調に利益が取れていきました。1ヵ月間、1枚の建て玉の売り買いを繰り返すことで約8万円の利益を上げていました。
 三晃商事の方も、手数料分の効率の悪さはありましたが、高値で1枚か2枚売り越し状態にして、下がったら売り、を繰り返すことで少しずつ回復していくように見えていました。


※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。
※この記事に書かれている三晃商事は、現在、光陽ファイナンシャルトレード株式会社と合併して、光陽ファイナンシャルトレード株式会社となっています。
苦い経験4 増える建て玉
 最初の買い2枚、買い増しの4枚に、両建ての売り3枚だった建て玉ですが、半年程の間にどんどん増えていきました。
 気がつけば元々12万円で始めたものが138万円もつぎ込んで23枚もの建て玉になっていました。
 上がってきたから下がるだろうと売りを建てれば価格が続伸してしまい、追い証がかかるからと両建てにする。上がりそうだと思って買い増しすれば反転し追い証がかかりそうだからと両建てする。両建てになっていてわずかな買い越し、売り越ししかないので、予想通りの方向に動いても全体から見ればわずかな利益しか出ないため、結局利食いも上手くいかず、ちっとも建て玉を減らせない状態になってしまいました。

 私自身の予想が外れて、それをカバーするように両建てした部分もあるので、三晃商事のトレーダーがすべて悪いとは思いませんが、建て玉対する逆行に両建てで対処することについては、当初からかなり疑問に思っていました。

 例えば、買い13枚、売り12枚と買い越しになっていて、価格が上がっていっても、単純に1枚買いを持っているのと同じだけしか利益が出ないと言うことです。
 オンライン取引と違い、トレーダーを介しての取引は手数料が高いですから、枚数が多いと言うこと自体が圧倒的に損しているわけです。

 そのことについて、トレーダーの人に話したこともありましたが、「枚数を減らすと追い証がかかりやすくなりますよ。」という言葉で納得させられていました。つまり、1枚の建て玉だと東京金の場合、委託証拠金が6万円なので30円の逆行で追い証になります。しかし、他に10枚の両建ての建て玉があれば、委託証拠金10枚分60万円の半額30万円と最初の1枚分、つまり330円分の逆行をするまで追い証がかからなくなります。

 今となっては、その理屈の矛盾についていくらでも反論できますが、当時の私は「追い証がかかる」ことが凄く恐ろしいことのように思えていました。
 追い証がかからないように取引することが良い取引のように思っていました。追い証の3万円を出す、もしくは損切りすることよりも両建ての建て玉分の証拠金6万円と手数料を支払っていることの方が良いと思っていたんですね。


※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。
苦い経験3 両建て
 4枚の買い増しをしてから1週間も経たないうちに仕事中、突然、電話がかかってきました。
何でも、「イギリス中央銀行が金を売り始めたから、価格が下がってきています。今、92?円です。91?円まで下げると追い証がかかります。900円を下回るおそれもあるから、両建てしてください。」と言うことでした。

 「損切りを・・」という話もしましたが、「先物の建て玉も資産なんですよ。損切りして大事な資産が無くなってしまうのはもったいないと思いませんか?今の買いに対して売りを建てて、下がったときにその売りを仕切れば良いのですから、安心してください。今、6枚買いがありますから、6枚売りを建てますので36万円振り込んでください。」と言われてしまいました。
 そんなことをいきなり言われても、そんなに簡単に36万円とか用意できるわけがありません。結局3枚売りを建てることになって18万円を振り込みました。この時、確か927円で3枚の売りを建てました。

 その後、金の価格は911円位を底に反転して上昇していきました。下がったら仕切る予定の927円の売りも結局仕切ることが出来ず、後々価格がずいぶん上がってから損切りすることになりました。


※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。
苦い経験2 買い増し
 東京金934円の買いを建てた後、価格が少し上がって943円になったとき、と三晃商事のトレーダーから「順調に上げていますから、4枚買い増ししまょう」と言われました。私としては、リスクのある先物取引には12万円しか出せないと考えていたので、「それはちょっと・・」と答えを濁していると、こんな説明をされました。
 「最初の2枚を口座Aとしましょう、後からの4枚を口座Bとします。口座Bが30円上がるだけで口座Aの分の元が取れてしまうんです」
 よく考えれば、その反対に動けば全く逆のことが起きるわけですが、少なくとも相手は私よりも専門家だということと、その時わずかではありますが建て玉に利益が出てきて有頂天になっていたことなどもあり、言われた通り4枚分の24万円を振り込みました。
 そして、建て玉は最初の2枚に加えて、943円の買い4枚の計6枚になりました。


※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。
※この記事に書かれている三晃商事は、現在、光陽ファイナンシャルトレード株式会社と合併して、光陽ファイナンシャルトレード株式会社となっています。
苦い経験1 初めての建て玉
 私が現在の本業を開業してから9年になります。自営業のためか、開業当時から、商品取引会社の営業マンからの電話はよくかかってきていました。
 
 商品先物取引との出会い  2005/01/26で書いたように、かつてアメリカ旅行をした際、シカゴ商品取引所を訪れていたりしたため、先物取引に対して興味があったことや、「普通の人が近寄ってはいけない危険なもの」に対して、怖いもの見たさのような気持ちも働いて、暇なときは話を聞いていました。営業さんの「話だけでも」という言葉に、電話だけでなく、訪問してもらって話を聞くこともしばしばでした。

 初めの頃は、トウモロコシを勧められることが多かったですが、「最低10枚」などと言われることが多く、リスクが高すぎると判断して断っていました。
 2000年の7月頃だったと思いますが、三晃商事の営業マンに金の取引を勧められました。それまでと同様、断るつもりでいたのですが、「1枚からでも良いですから」という言葉に私自身の好奇心も働いて、取引をお願いしました。「1枚からで・・」と言うことだったのですが、「何とか2枚分お願いできませんか」と言われ、万が一逆行して損失が出ても12万円だったらいいか・・、と思い、12万円支払ったのが、実際の取引として商品先物取引にかかわることになった始まりでした。

 今日、東京金は1,555円前後の値動きですが、その当時は900円台前半での値動きで、私の初めての建て玉は934円の買いが2枚でした。

※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。
※この記事に書かれている三晃商事は、現在、光陽ファイナンシャルトレード株式会社と合併して、光陽ファイナンシャルトレード株式会社となっています。
原油、ガソリンのサヤ取り 経験談
 2002年4月から5月にかけて、原油とガソリンのサヤ取りを数回、取引したことがあります。だいぶ前のことですが参考になるかもしれません。

 そのころ私は、ガソリンの限月間のサヤ取りを数回試して、比較的上手くいっていたので、異なる銘柄でのサヤ取りを試してみようと思ったのです。
 
 原油とガソリンは材料と製品の関係ですから、製油メーカーの利益を考えれば、そのサヤの縮小は限られるだろう。そして銘柄が異なる分だけサヤの開閉が大きく、利幅が増えるのではないか、と考えました。
 
 一応、その前数ヶ月のサヤの動きも調べました。
 原油02/05、ガソリン02/06のサヤの推移
20050221191821.png

原油02/06、ガソリン02/07のサヤの推移
20050221192128.png

原油02/07、ガソリン02/08のサヤの推移
20050221192149.png

原油02/08、ガソリン02/09のサヤの推移
20050221192201.png


 2002年4月の時点では上記のグラフの後半は分からない状態です。
 その時点でこのグラフを見ての私の考えは、サヤが7,000円を割ってきたら仕掛け時である。逆行して更にサヤが縮まったらナンピン的に仕掛けていく。という方法でした。

 そして第1回目の仕掛け
2002年4月5日、原油02/09、ガソリン02/10のサヤが6,940円でサヤ拡大で利益が出るように建て玉しました。そして3日後の4月8日、7,210円に拡大した時点で仕切、サヤ270円分の利益を出しました。
 原油02/09、ガソリン02/10のサヤの推移
20050221215909.png

 このたった1回の仕掛けに成功したことで、この作戦は使えると判断した私は、翌月も原油とガソリンのサヤ取りを仕掛けることにしました。
4月25日、原油02/10、ガソリン02/11のサヤが6,920円で1組、その日の内にサヤが縮まってナンピン買いでサヤが6,800円で1組建て玉しました。その後もサヤは縮まり続けそれに合わせて6,640円、6,550円、6,450円、最終的に5月15日、5,750円のサヤでナンピンしています。グラフは終値ですのでサヤの縮小が5,810円までとなっていますが、取引の途中ではもう少し縮まっていたようです。
 原油02/10、ガソリン02/11のサヤの推移
20050221215921.png

 この取引の中で、含み損は最大で30万円をこえるような状況だったと思います。ナンピンした建て玉についても、次にまた下がるかもしれない、という思いから3万円ほど利益が出た時点で仕切っていったため、心労の割には利益を出すことが出来ませんでした。
 全体としてはプラスで終わったものの、この原油とガソリンのサヤ取りを仕掛けた後、私は異銘柄でのサヤ取りは非常に怖くなりました。サヤ取りとは言っても値動きが大きすぎます。また現在のように既にサヤが14,000円を超えているような状況では仕掛ける気にはなれません。

 もし、サヤが6,500円を下回るような状態になったら、考えるかもしれませんが、当分は様子を見るだけですね。
10年で億万長者計画
 3年程前、私は「10年で億万長者計画」というのを考えつきました。
 それは、サヤ取りの手法を一度試してみてうまくいったので、この手法を使えば・・・と計算したのでした。
 初めてのサヤ取りも今回同様のガソリンのスプレッド取引で、1組仕掛けて1ヵ月で2万円程利益を出すことが出来ました。ガソリンの委託証拠金が当時は105,000円だったので1組仕掛けるのに210,000円必要でした。結果、1ヵ月で約1割利益が出せたのです。
サヤ取りなら、確実に1ヵ月1割ずつ資産を増やせるんじゃないか・・・。
ということは、少なく見積もっても1年で2倍、100万円で始めれば2年で200万・・・8年で6400万・・・10年では25600万
 こんなに旨くいかないだろうから少し差し引いて、10年で1億円。
 
 こんなことを考えてウキウキしていた時期もありました。

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン