FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
明日を期待させるレベルに・・・
 今日の東京ガソリン、原油のサヤの推移です。
 
 18,000円幅を超えたレベルで推移しています。午後1時過ぎに一時18,500円幅を超えていましたが、またしても仕掛けそびれてしまいました。明日に期待したいと思います。
 明日は、仕事の都合で、午前10時台、午後1時台が空いているので、是非、その時間、サヤが大きく拡大していてもらいたいです。
 
スポンサーサイト



投資も「かもしれない運転」で
 安全運転をするために「だろう運転」よりも「かもしれない運転」ということが言われます。
 「だろう運転」とは、例えば、交差点で対向車両が右折しようとしている時、「こちらが優先だから、止まっているだろう」「曲がってこないだろう」と考えてそのままの速度で交差点に進入したり、自分の前を走っている車が、「急停車することなどないだろう」と考えて車間距離をとらずに走行したり、というような運転です。
 「かもしれない運転」では、このような状況の時、「こちらが優先だけれども、急に曲がってくるかもしれない」、前の車が「急停車するかもしれない」と考えてスピードを緩めたり、車間距離をとったりするという運転になります。

 投資に当てはめて考えると、「だろう運転」は、「自分の予想通りに相場が変化するだろう」と考えている状態、「かもしれない運転」は「自分の予想に反した動きをするかもしれない」と考えている状態だと言えます。
 「100%相場の動きを予想することは無理である」ということを前提に考えれば、常に「自分の予想に反した動きをするかもしれない」と考えながらの「かもしれない運転」のスタンスで投資しに臨むことが安全な投資につながると考えます。

 「だろう運転」でも運が良ければ事故は起きません。そのような状況が続くと、いっそう「だろう運転」の度合いが強くなり、「・・かもしれない」と危険を予測するレベルが低下してしまいます。
 商品先物取引でも、運が良ければ、「だろう運転」的な考えでいても利益を出すこともあるでしょう。しかし、そのような状況になると、「自分は投資の天才かもしれない」などという慢心につながり、利益を上げるために建玉を増やしたり、という行動につながると思います。
 そして、「だろう運転」が事故の原因になるのと同じように「だろう投資」が大きな損失の原因になってしまうと考えます。

 では、具体的に「かもしれない運転」のような「かもしれない投資」では何をしなければいけないか・・。
 「かもしれない運転」では「・・かもしれない」と考えたとき、速度を緩めたり、徐行したり、止まって確認したり、車間距離をあけたりします。
 それをそのまま応用して
 速度を緩めたり、徐行したり → 建玉を少なくする
 止まって確認 → 様子見、仕切り直し
 車間距離をあける → ナンピンの場合の間隔を空ける

 とすることで、だいぶ安全性が高まると思います。
 私がリスク管理で最も大切だと思っているのは、「建玉を少なくする」ということです。

 今後も「かもしれない運転」「かもしれない投資」に心掛けたいと思います。

  ※記事に対する評価をお願いします。
    

  ブログルポ Blog Reportage 記事ごとの評価による新しいタイプのランキングサイトです。ブログをなさっている方は是非登録しましょう。 
今朝のNYガソリン
 今朝のNYガソリンです。
 
 大きく下げました。東京ガソリン、ストップ安を予想させる下げ幅ですが、東京ガソリンは、昨日、先行して少し下げていますので、ストップ安まで下げるかどうか・・・?
せっかくの乱高下も・・
 今日の東京ガソリン、原油のサヤの推移です。
 
 今日は、久々、ガソリンと原油のサヤが良い動きをしました。しかしながら、サヤが拡大していた時間帯は、仕事の関係で仕掛けられなかったので、先週21日、火曜日と同様、様子見になってしまいました。
 仕事の傍らでの取引なので、このようなことはよく起こるわけですが、あまり続くとストレスになりますね・・。
 このストレスを吹き飛ばすような、サヤの拡大縮小を期待したいところです。
週末のNY
 週末のNYガソリンと原油の価格です。
 nygas060225.png

 nyoil060225.png

 ガソリン、原油とも上げています。週明け、東京ガソリン、原油のサヤが拡大したらサヤ取りを仕掛ける予定です。
 サウジアラビアの石油施設へのテロについてニュースで見ましたが、影響があるかな?
来週に期待を持たせる動きでした。
 今日の東京ガソリン、原油のサヤの推移です。
 sayachart_gas-oil060224.png
 今日は、大きく拡大して引けています。来週、もう少し拡大してきたら、ガソリン売り、原油買いで仕掛けたいと思います。
 月曜日は、ガソリン06/09が発会してきますが、原油06/08が発会するまでは、ガソリン06/08と原油06/07の組み合わせで取引する予定です。
 
1つだけ口座開設するとしたら・・
   フジフューチャーズの魅力  2006/02/09
   三井物産フューチャーズの魅力  2006/02/13
   ひまわりCXの魅力  2006/02/23
 と、現在、口座を開いているオンライントレード会社の紹介をしてきました。サヤ幅による指し値注文の出来るオンライントレード会社 2006/01/16で紹介した、大起産業のGALAXYにも口座を作りましたが、今のところ使っていません。

 さて、現在、私は、主な取引はフジフューチャーズで行って、その他、三井物産フューチャーズやひまわりCXで少しずつという感じです。

 もし、今現在、口座を持ってなくて、1つだけ口座を作るとしたら・・・、

 三井物産フューチャーズでしょうか・・。

 ログイン後の画面は少し地味な感じて、口座照会など若干見づらい印象なのが残念ですが、私のように、サヤ取りが中心の個人投資家にとっては、フューチャーズアナリストのサヤチャートをリアルタイムで見ることが出来るというメリットは非常に大きいと思います。フューチャーズアナリストのDDE機能も魅力があります(DDE機能を利用して自分で作った気配値によるリアルタイムサヤ相場表も、サヤ取りの注文には意外と使える印象です)。私のようにサヤ取りが中心の投資家にとっては、サヤ取り手数料(1枚往復450円)も有り難いですね。
 三井物産フューチャーズですが、2007/06/29、株式が三井物産からアストマックス・キャピタルに譲渡されたことにより親会社が変わり、アストマックス・フューチャーズに名称が変更されています。その後、2007/10/01、ドットコモディティに統合されています。
 
 更に、もう一つ口座を作るとしたら・・・、
 フジフューチャーズでもひまわりCXでも好みで選べばよいと思います。

 他の2社に比べて、サヤ取りの手数料はちょっと割高になってしまいますが、フジフューチャーズはどなたにでも薦められるオンライントレード会社です。サヤ取りの方にもデュアルDT画面はたいへん魅力のあるものだと思います。建玉状況の画面に口座状況が表示され、建玉と口座状況とを関連づけて見やすいのが良いですね。取引とは直接関係ありませんが、口座照会画面の実質有効額の推移やマージンレシオのグラフ、指定した期間の取引が一覧表示される売買履歴なども細かいところに手が届くようで私は気に入っています。建玉状況の表示順など、もう少し、サヤ取りに配慮してくれると良いのですが・・。

 ひまわりCXはサヤ取りの手数料としては最安値(1枚往復420円)ですが、サヤ取り以外の手数料が高いので、サヤ取りのみの取引の方に向いています。ログイン後の画面の明るい雰囲気は好感が持てます。Real CXでのリアルタイムの相場表は板寄せ銘柄のハナ表示ができるというメリットがありますので、板寄せ銘柄の取引をする人にとっては、こちらが便利かもしれません。

 このブログに訪れる皆さんの多くは、既に、どちらかのオンライントレード会社で口座を作り、取引をなさっている方だと思います。基本時には、手数料や使い勝手などで好きに選んでいただいて良いと思います。私が使っている3社より、使い勝手の良いところもあるだろうと思います。ただ、サヤ取りを中心として取引したいと考えたとき、三井物産フューチャーズでの口座開設は、リアルタイムのサヤチャートなど、メリットが大きいと思います。

 ところで、私がまだ使っていない大起産業のGALAXYですが、サヤ幅の指し値注文が出来ると言う特徴があります。使っていないのは、単純に約定値によるサヤ幅による成り行き注文になってしまうので、ストップ高やストップ安になってしまって注文が成立しないリスクや、特気配で思わぬ約定値になってしまう可能性があるためです。日計り手数料が210円と業界最安値ですので、実は、サヤ取りよりもデイトレードをされる方にとってメリットの大きい会社だと思います。

 
NYガソリン、上げていますが・・
 今朝のNYガソリンです。
 
 少し、上げてはいますが、為替もやや円高気味の感じがありますし、東京での動きは読めませんね・・。
今日も様子見でした。
 今日の東京ガソリンと原油のサヤの推移です。
 sayachart_gas-oil060223.png
 NYガソリンが下げた影響で、サヤは一時縮小しましたが午後は少し戻して推移しました。
 最近の動きを見ていると、サヤとしては、このあたり(17,500円幅)をニュートラルなポジションとしてのボックス相場のような動きなのかな?と感じています。
ひまわりCXの魅力
 ひまわりCXは、 商品先物取引に関する情報サイトFactual Futures一目瞭然で1位にランキングされています。ちなみに、フジフューチャーズ三井物産フューチャーズは2006/02/22現在、同ポイントで4位です。

 ひまわりCXの最も大きな魅力は、サヤ取りの手数料が1枚往復420円ということでしよう。サヤ取りをする場合、現在のところ、最も手数料の安い会社と言えます。
 サヤ取り以外の取引手数料は、通常1枚往復1,260円、日計り1枚往復630円とやや高めなのが残念ですが、私のように、ほとんどサヤ取りしかやらない者にとっては有り難い料金設定です。

 さて、実際に取引をしてみての感想ですが、取引画面は、完全Flash仕様で非常に見やすい印象を受けます。トップページも明るくて、好感が持てます。
 toppage-hi.png

 サヤ取りの注文画面も工夫が感じられます。一つ目の銘柄を選択し、売りもしくは買いの枚数を入力するともう一方は、自動的に買いもしくは売りに設定されます。銘柄の候補も、一つ目に選択した銘柄とサヤ取りの対象となる銘柄が表示されるようになります。そして、銘柄を選択すると、その銘柄のよる相場表が自動的に表示されます(この相場表、手動更新なのが残念ですが・・)。
 meigarasentaku2.png

 meigarasentaku3.png

 また、新規にサヤ取りの仕掛けをする場合に「一つ目の銘柄の注文がある条件で成立したら、次の銘柄の成り行き注文が出される」というサヤ新規if-Done注文が出来ます。
 meigarasentaku4.png

 サヤ取りの建玉一覧画面も、非常に見やすい印象です。
 tategyokuh060202.png
 
 ひまわりCXでは、リアルタイムの価格情報を表示するのに、「Real CX」というページから新たにログインする必要があります。
 Real CXでは、相場表や、気配値、チャートなどを表示することが出来ます。

 相場表はこんな感じです。
 soubahyou-hi.png
 既定値では、このように気配値表示されませんが、設定を切り替えることで気配値も表示できます。
 soubahyou-hi2.png

 soubahyou-hi3.png


 板寄せ銘柄の場合は、ハナ表示もされます。
 hanahyuji.png
 私は、ザラバ銘柄しか取引していませんので、このハナ表示によってどのようなメリットがあるのかはよく分かりません。

 複数気配値はこんな感じです。
 kehaichi-hi.png
 気配値表示は、私的には、ちょっと見にくい印象です。

 チャート表示ではこのような表でが出来ます。
 chart-hi.png
 1分足、5分足、30分足、日足、週足、月足の他、ティックチャートも表示できます。

※2006年9月よりReal CX がリアルタイムのサヤチャートを表示できるようになっています。
  ひまわりCX、リアルタイムさやチャート対応  2006/09/20

 先物 オン・ザ・ウェブのページでも、各種レポートやサヤ取りに関する情報を見ることが出来ます。
 先物 オン・ザ・ウェブは口座を開いていなくてもある程度の情報は見ることが出来ますので、是非、覗いてみてください。。

 さて、総評ですが、サヤ取りのみの取引をしている方には、手数料の安さや、サヤ取り専門の発注画面が見やすくてお勧めです。Real CXで表示されるリアルタイムの価格情報については三井物産フューチャーズのMBFオンライントレードで表示できるものとほとんど同じ印象を受けます。ただ、ひまわりCXでは板寄せ銘柄のハナ表示がされるので、板寄せ銘柄の取引をする人にとってはこちらの方が良いのかもしれません。

※後、Real CX を表示させるには、「Sun Microsystems Java2 Plug-in v1.3.1_04」以上が必要になりますが、これがインストールされていると、三井物産フューチャーズのMBFオンライントレードでのチャート表示の際、エラーが発生したり、フジフューチャーズの相場表などのフォントが少し変化してしまう場合があります。
 ひまわりCXのみに口座開設している場合は良いのですが、その他のトレード会社の口座を開設している場合、インターネットオプションの詳細設定で「Java(Sun)」の部分のチェックを外しておくとこの問題は解消できると思います。
 インターネットオプション
 お試し下さい。
※それからもう一つ、ひまわりCXが完全Flash仕様のためなのか、ログイン画面でのIDやパスワードの入力を自動化するることが出来ませんでした。本来はセキュリティ上、このような仕様の方が良いのだと思いますが、使い勝手としてはイマイチです。この問題についてはUWSCというソフトを使うことによって解決できます。
  UWSCでひまわりCXにオートログイン  2006/09/13
 2007/10/01、ひまわりCXはドットコモディティに統合されました。
    
 ドットコモディティ、アストマックス・フューチャーズ、ひまわりCXの3社が統合した新生ドットコモディティは、今後期待の出来るオンライントレード会社ではないかと思われます。
今朝のNYガソリン
 今朝のNYガソリンです。
 
 NYガソリン、少し下がりました。イランの核開発問題や、ナイジェリアの情勢不安などのニュースが聞かれる中で、意外と、上がらないものだな・・、という印象です。
 さて、今日の東京ガソリンはどうなるでしょうか?
終値は、昨日のレベルで
 本日の東京ガソリンと原油のサヤの推移です。
 sayachart_gas-oil060222.png
 サヤ縮小で寄り付いた後、やや拡大したレベルで推移しましたが、結局終値では昨日のレベルに戻ってしまいました。なかなかサヤ取りを仕掛けられない状況が続いていますが、焦らず、チャンスを待ちたいと思います。
今朝のNY
 今朝のNYガソリンと原油の価格です。
 nygas060222.png

 nyoil060222.png

 原油の上げ幅に比べて、ガソリンはやや下げという感じです。
 東京がNYを受けて、そのまま反応すれば、サヤ縮小と言うことになりますが、どうなるでしょうか。
申告分離課税について
 この情報は、一度、先物取引の利益を確定申告したことのある人なら分かっていると思いますので、初めて確定申告をされる方向けと言うことでお読み下さい。

 先物取引の利益に対しては、「申告分離課税」で20パーセント(所得税15%、住民税5%)の税金がかかることになっています。

 私は、始めて商品先物取引の利益を確定申告するまで、「申告分離課税」というのは、預金の金利に対する税金や、消費税のように、自分の所得とは関係なく、払わなければならないものだと考えていました。
 例えば、自営業でその年の所得が赤字であっても、商品先物取引の利益に対する税金は、利益に対して20%請求されるものだと思っていました。

 ところが、これがちょっと違っていたのです。例えば、私が仕事をしておらず、商品先物取引での収入しかなかったとした場合、商品先物取引の利益から、基礎控除380,000円、結婚していれば配偶者控除、その他、扶養控除や社会保険料控除等々、様々な控除が引かれた部分に課税されることになます。

 今年は、それなりに税金を納めさせていただきますが、以前は、自営業の所得が少なかった時期もあり、商品先物取引の利益も少なかったりで、このような控除でほとんど税金を納めなくてすんだ年もありました。
 本来理想時なのは、商品先物取引に対する税金だけで、数百万円とか支払わなければならない様な状態ですよね。早くそうなりたいものです。
先物取引と確定申告
 本日、確定申告に行ってきました。
 今年(平成17年分)の確定申告書は国税庁のホームページ確定申告書等作成コーナーで作成しました。

 「分離課税での申告」を選択して進むと、「先物取引に係る雑所得等」の入力もすることが出来ます。
 私の場合は、フジフューチャーズから送られてきた差引損益金合計額の証明書を見ながらこのような感じで入力しました。
 kakuteishinkoku.png

 その後、確定申告書Bの記入を行います。記入したい項目をクリックすることよってそれぞれの入力画面に切り替わりますので、誰でもそれほど苦労することなく記入できるのではないでしょうか。

 私の場合は、自営業の青色申告による所得の入力と家族の医療費控除、社会保険料控除、生命保険料控除、損害保険料控除、配偶者控除、扶養控除の欄に入力して申告書が完成しました。

 作成された書類は、PDF形式で表示され印刷することが出来ます。
 ちなみに先程入力した先物取引の書類はこのように印刷されます。
 kakuteishinkoku2.png

 税務署での書類の提出も先物取引の利益については証明書を確認する程度の簡単なものでした。

 1年前、先物取引と確定申告  2005/02/25にも書きましたが、「・・・確定申告」というソフトを使うより、国税庁のホームページ確定申告書等作成コーナーが便利ですので、是非利用してみてください。

 関連記事
   申告分離課税について  2006/02/21
   平成19年分の確定申告(損失の申告)  2008/02/22
   確定申告、e-Taxなら・・  2008/02/28
大きく動いたのに・・
 今日の東京ガソリン、原油のサヤの推移です。
 sayachart_gas-oil060221.png
 仕事の関係で、午前中、価格をチェックしたときはサヤ幅18,750円を下回っていたのと、ここまで拡大すると19,000円幅まで待ってみようか、という考えが浮かんで、拡大したところで仕掛けることが出来ませんでした。今日は、久々に大きな動きだっので、残念です。
 結局、先週末のレベルに戻ってしまいましたね。また、しばらく様子見になってしまうのでしょうか。

分散投資について
 「複数の銘柄に投資してリスクの分散をする」

 という考え方があります。
 性格の違う銘柄を取引したり、反対の相関性を持った銘柄を取引することでリスクを軽減する効果を期待するわけですね。
 
 理屈としては、「なるほど・・」という部分もありますが、自分が選んだ銘柄の組み合わせの意義と、どのように利益を出していくのか、という計画性がないと、ただの分散投資マニアになってしまうような気がします。

 現在、私のやっているガソリンと原油のサヤ取りも、「複数の銘柄に投資してリスクの分散をする」の一種とも考えられます。
 この場合、性格が同じ銘柄に対して、一方は買い、もう一方を売りとすることでリスクヘッジしています。これによってガソリンや原油の片張りに比べたら値動きはだいぶ小さくなりますが、ガソリンと原油のサヤは、かなりな幅で拡大、縮小します。拡大したところや縮小したところでサヤ取りの仕掛けをして、利益を出そうと試みるわけです。不完全なリスクヘッジだから、サヤが拡大、縮小して利益を狙うことが出来るわけです。もし、本当にリスクヘッジになってしまって全くサヤの変化がなかったら、サヤ取りそのものが出来なくなってしまいます。

 このように、「サヤ取りは、リスクヘッドしながら、そのリスクヘッジの不完全さから利益を生み出す手法」と言えるかもしれません。

 もし、分散投資することで、完璧なリスクヘッジが出来たとしたら・・・、それって儲からないんじゃないの?と思いませんか?どれかの銘柄が利益を出していても、他の銘柄がその利益を相殺するように損失を出すのです。

 株式投資で、ある程度完璧なポートフォリオを作ったら、それは、日経平均と同じなのでは?と考えたりまします。日経平均が上がれば儲かるし、下がれば損失を出す。だったら日経平均先物をトレードしても同じなのでは?
 でも、実際に株式を購入していれば配当金が得られますね・・。あくまで、配当金ねらいだったら、そのような分散投資で長期保有も有りかな?

 完璧なリスクヘッジが出来ないとしたら(そもそも完璧なリスクヘッジは出来ないと思いますが・・)、「リスクヘッジのため」と言いながら取引銘柄を増やしていくのは、資金に対するに建玉割合が増えるという、新たなリスクを作り出してしまうのでないでしょうか。よほど資金が豊富で、いろんな銘柄を取引しても、資金の10分の1なんて言う場合なら良いと思いますが・・。

 いろんな銘柄を持っていて(建玉していて)、中途半端に、あるものは利益を出して、あるものは損失を出してという状態になったとき、どれから仕切るのでしょうか?損小利大ということで、損切りが先かな?

 いろんな考え方があるので、多くの銘柄を手がけることで上手にやっている人もいるとは思いますが、よほど上手にやらないと、却って利益を出すことを難しくしてしまうのでは・・と考えます。
もう少し拡大してくれると・・
 今日の東京ガソリン、原油のサヤの推移です。
 

 終値では、ガソリン、原油ともにストップ高になったため、ストップ幅の差400円分サヤが拡大しました。
 もう少し拡大して、サヤ幅が18,500円を超えてくるとサヤ取りを仕掛ける射程圏内という感じです。サヤ拡大を期待して待ちたいと思います。
週末のNYガソリン
 週末のNYガソリンです。
 

 前日に引き続いて、比較的大きく上げている感じです。原油とのサヤ拡大を希望している私にとっては、期待させる上げ幅です。
 この1週間は、サヤ幅には大きな動きが無く、建玉無し状態でしたので、週明けはサヤが大きく変動してくれることを願っています。
手数料負けのリスク
 私の平成16年と17年の取引は次のようなものでした。
 平成16年の売買履歴  2005/02/17
 平成17年の売買履歴  2005/12/31
 粗利益から差し引かれる手数料の割合は
 平成16年が9.3%
 平成17年が6.8%です。

 これって、高いのかな?低いのかな?
 私の場合、殆どがサヤ取りです。フジフューチャーズでサヤ取り1組仕掛けると約1,500円ですから。平均で見ると、1組の仕掛けで15,000円~22,000円と言うところでしょうか。

 オンライントレード以外の従来(2004/12/31以前)の手数料は、ガソリン往復で1枚7,600円でした。サヤ取りをすると1組15,200円になりますから、その手数料だったとしたら私の取引手法ではかなり厳しいですね。
 幸いにも現在は、手数料が安くなり、オンライントレードで気軽にトレードできるのですから有り難いことです。
 
 そうはいっても、商品先物取引では、手数料を除いた実際の取引の部分でゼロサムゲームです。単純に言えば、利益を出している取引と損失を出している取引が半々だと言うことです。
 その上での手数料になりますから、安くなった手数料でも、なかなか厳しい世界だということは感じますね。五分五分の成績では手数料負けと言うことですから・・・。

 実際の取引の中では、ガソリンのサヤ取りで、フジフューチャーズの手数料(往復1枚787円)だと抜け値が約30円(三井物産フューチャーズやひまわりCXなら抜け値20円)となり、あまり気にならないレベルです。
 気にならないレベルですが、そこには、ゼロサムゲームで勝っていても、手数料負けするリスクが潜んでいることは確かです。

 私も普段は手数料のことを気にしながら取引しているわけではありませんが、その辺りのことをきちんと理解しておくことも、取引する上で大切なことだと思います。

 関連記事
   予想以上にマイナスサムゲームかも  08/10/29
今朝のNY
 今朝のNYガソリンと原油の価格です。
 nygas060217.png

 nyoil060217.png

 ガソリンだいぶ上げています。東京ガソリンは、ストップ高もあり?という感じです。今日は、サヤ拡大してきそうですね。

手口情報が見られなくなる?
 先物記者さんのブログ商品先物新報取引所理事会の記事によると「・・・新年度を目処に会員別の取組高(建玉)の発表を廃止するそうです。・・」 という内容が書かれていました。
 
 ということは、新年度からは手口情報、玉尻推移というような情報が見られなくなると言うことでしょうか。

 私自身は、曲がりやさん(あほえもんさん)からのコメントを読むまで、手口情報は全く意識していませんでした。先物会社の手口とガソリン価格  2006/01/28という記事も書いたりしましたが、その後も、ほとんど手口情報は気にしていないので、その情報を見ることが出来る出来ないによって投資手法に特に影響はありません。
 ただ、今まで、手口情報に基づいて投資をしている人が大勢いて、その人たちの投資手法によって、ここ最近のガソリン価格の大きな動きが作られていたと考えると、新年度からガソリン価格の動きが少しおとなしくなってしまうのかな?とも思います。

 サヤ取りをしている私としては、サヤ拡大にしても、縮小にしても大きく動いてくれた方が仕掛けやすいので、その動きがおとなしくなってしまうとしたら、ちょっと残念なニュースですね。
昨日と同レベルの推移
 今日の東京ガソリン、原油のサヤの推移です。
 sayachart_gas-oil060216.png
 多少の上下はありましたが、終値では昨日の終値とほぼ同じです。今日も様子見でした。

 気配値によるリアルタイムさや相場表、少しアップデートしました。
 realtimesayasoubahyou3.png
 前日引けの時点でのサヤ幅と現在のサヤ幅の前日比を表示するようにしました。
   気配値によるリアルタイムサヤ相場表  2006/02/13
   気配値によるリアルタイムサヤ相場表 2  2006/02/15

NY原油下落の割には・・
 今朝のNYガソリンと原油の価格です。
 nygas060216.png

 nyoil060216.png

 NY原油の下げの割に、ガソリンの下げは少ないように思います。
東京は、原油下げ、ガソリン上げで一気にサヤ拡大してくれると良いのですが、どうなるでしょうか・・。
サヤ幅は中途半端なレベルで・・
 今日のそう今日ガソリンと原油のサヤの推移です。
 
 東京ガソリンが、期近は下げましたが、期先が上げたため、期先のサヤは拡大しました。今日の時点ではサヤ幅は中途半端なレベルなので様子見でした。このまま再び19,000円幅くらいまで拡大してくれると仕掛けやすいのですが・・。
 今日は、暇な時間、気配値によるリアルタイム相場表を作っていました。
 気配値によるリアルタイムサヤ相場表
気配値によるリアルタイムサヤ相場表 2
 気配値によるリアルタイムサヤ相場表  2006/02/13でVersion1を紹介しましたが、今回はVersion2です。

 Version1では、ガソリン売り、原油買いという仕掛けのみに対応していたわけですが、今回は、反対のガソリン買い、原油売りという仕掛けにも対応しました。これによって、ガソリン売り、原油買いで仕掛けた建玉を仕切る際にも、利用することが出来ます。
 また、月末、ガソリンの新しい限月が発会した場合に対応できるように、別シートにそれようの相場表を作成しました。
 
 realtimesayasoubahyou1.png

 ガソリン発会から原油発会までの期間専用の相場表です。
 realtimesayasoubahyou2.png

 それから、ついでにガソリンスプレッド取引用の相場表も作ってみました。
 realtimesayasoubahyouspred.png

 こちらも、期近買い期先売り、期近売り期先買い、の両方に対応しています。また、サヤ幅の表示は順ザヤ(期先の方が高い)の場合にプラスになるようになっています。

 実は、埼玉のYSさんから、もう少し手間をかけた相場表の作り方を教えていただいているのですが、今回のVersionでは、そのテクニックは使っていません。今後の課題ですね・・。

 それでも、結構使いやすいんじゃないの?なんて思う部分もあります。エクセルの知識、ほとんど無い状態の私が作った相場表ですから、誰でも簡単に作れると思いますが、もし、私、むーみんが作った相場表を使ってみたい方がいらっしゃいましたら、右カラムの相場表応募フォームから「相場表希望」というメールを送って下さい。エクセルのファイルを添付して送ることになりますので、添付ファイルを受け取ることの出来るメールアドレスでお願いします。
 三井物産フューチャーズに口座を持っていて、フューチャーズアナリスト、パーフェクトバージョンでリアルタイムの情報を利用できる方でないと意味がないので、それほど希望者がいるとは思いませんが、全く、希望者がいないのも淋しいような・・・。
 これを機会に三井物産フューチャーズに口座を開設する方が増えるとイイな~。
今朝のNYガソリン
 今朝のNYガソリンです。
 
 今日も続落です。今日の東京ガソリン、昨日に続いて大きく下げるのでしょうか?
ここまできたら、もっと大きく下げてくれた方が、現物のガソリンも安くなって嬉しいかな・・。
東京ガソリン続落で
 今日の東京ガソリン、原油のサヤの推移です。
 
 東京ガソリンが大きく下げたので、サヤも縮小しました。
 今日も様子見です。建玉無し状態で気楽に過ごしています。
 気配値によるリアルタイムサヤ相場表  2006/02/13を少しいじっていますが、意外と便利そうな感じです。
 サヤ幅が、射程圏内に入ってくるのが楽しみです。
今朝のNYガソリン
 今朝のNYガソリンです。
 
 続落ですね。東京ガソリン、そろそろ反発も?と思いますがどうでしょうか。
 もし、更にサヤが縮小していって14,000円幅くらいになったら、ガソリン買い、原油売りも、と考えています。
 サヤ拡大するにしても、縮小するにしても、しばらくは様子見になりそうですね。
三井物産フューチャーズの魅力
 この記事で紹介している、三井物産フューチャーズですが、2007/06/29、株式が三井物産からアストマックス・キャピタルに譲渡されたことにより親会社が変わり、アストマックス・フューチャーズに名称が変更されています。
 その後、2007/10/01、ドットコモディティに統合されています。

 三井物産フューチャーズにはサヤチャート  2005/09/04の記事ににほーがんさん花男さんさんからコメントいただいたことをきっかけで口座を作りました。
 
 三井物産フューチャーズの魅力は、なんと言っても、リアルタイム相場分析ソフトフューチャーズアナリスト、パーフェクトバージョンです。

 使い始めてすぐの頃は、それほど魅力を感じなかったのですが、現在では、サヤ取りをする私にとって必須のソフトになっています。その機能を知れば知るほど、愛着が湧く感じです。

 このブログの投資日記で使っている1日のサヤの推移グラフは、この相場分析ソフトフューチャーズアナリストによるものです。
 私の場合は、ブログに載せる関係で2分足の設定にしていますが、・・分足というのを自由に設定できます。リアルタイムでのサヤチャートは、仕事の合間でも、ちらっと画面のチャートを見れば、その推移が直感的に把握することが出来て非常に助かっています。

 相場表も設定を変更することで気配値表示もすることが出来、フジフューチャーズの価格表同様、相場全体の流れをつかむアイテムとして使えることが分かりました。
 デフォルト状態では
 fasuubaa.png

 設定を変えることで
 fasuubab.png

 fasuubac.png
 このように相場表の表示内容が変化します。
 複数気配値については、フジフューチャーズの複数気配値のように前日比は表示されませんが、単に気配値表示としてみたときには、なかなか見やすい表示のされ方です。約定値の上下30円は注文がなくても表示されていて約定可能値幅内でも有利な気配値がついているのかどうかが視覚的に分かります。
 fafukusuukehai.png

 その他にも、サヤ比較チャート、サヤ相場表、配列チャートなど、サヤ取りをやっている人にとっては有り難い機能がそろっています。

 そして、こんなサヤ相場表、あったらいいな  2006/02/08の記事を書いたことによって、たてくらさんや、埼玉のYSさんからコメントを頂いて、その使い方を知ったDDE機能も非常に魅力的なものだと思います。これによりエクセルに相場表をリアルタイム表示させることが出来るので、リアルタイムの価格データを自分の好みに加工することが出来ます。
 早速、気配値によるリアルタイムサヤ相場表を作ってみました。
 Ver.7.9 ガソリンと原油ストラドル用シート N-G大豆と一般大豆ストラドル用シート
 現在はVersion3.9です。
 価格データの配信が30分遅れのベーシックバージョンは認証や登録無しで無料でダウンロードできますが、やはりリアルタイムでデータの配信がされるパーフェクトバージョンの方が有用であることは言うまでもありません。

 フューチャーズアナリスト意外にもMBFオンライントレードにログイン後、リアルタイムの相場表や気配値、チャートを表示することが出来ます。板寄せ銘柄のハナ表示が出来ない他は、ひまわりCXのReal CXによる相場表などと全く同様の表示が可能です。
 soubahyou-mbf.png

 kehaichi-mbf.png
 気配値表示はフューチャーズアナリストの方が見やすいですね。

 chart-mbf.png

 その他、 マーケット情報の内容も非常に充実しています。

 フューチャーズアナリストなどによるリアルタイムの価格情報以外にもサヤ取りの往復手数料が1枚450円に設定されているなど、サヤ取りやっている人にとっては、非常に有益な取引会社の1つだと思います。

 ガソリンスプレッド取引で私が使ってみて、フューチャーズアナリストからログイン画面を開くことが出来るのは非常に便利だと思いました。マイナス点を付けるとすれば、取引画面の左側のメニューの配列が煩雑な印象なのと、サヤ取りの注文画面や建玉一覧表は、見やすくできていますが、口座照会画面などが配色などの関係からか、私にとっては今ひとつ見づらい(フジフューチャーズやひまわりCXと比較して)印象を受けることです。
 torihikigamen060213.png

 kouzam060130.png

 この辺りを何とかしてもらえると、本当にお勧めできるオンライン取引会社なのですが、ちょっと残念・・。でも、お勧め度はかなり高いことは確かです。
 メニューが見づらい件については、三井物産フューチャーズ、リニューアル  2006/04/22により解消されています。
 現在の三井物産フューチャーズ「Formula」の画面です。
 口座照会画面
 mbfkouzashoukai.png

 サヤ取り専用注文画面
 mbfsayadori.png

 売買履歴画面
 mbfbabibairireki.png
 売買履歴の画面に「預証拠金」画面を別枠表示しています。

 以前は口座開設時の初回入金額が500,000円以上とされていたため、口座開設の敷居が高かったですが、2006/01/20より、この制限が撤廃されたため、気軽に口座開設できるようになりました。他の会社で取引している方でも、相場分析ソフトフューチャーズアナリストのためだけに口座開設するというのも有りだと思います。

 初回入金額の制限が廃止されたとはいえ、三井物産フューチャーズの口座開設審査はなかなか厳しいみたいです。口座開設の申し込み書に記入する投資可能額など、ある程度用意する必要があると思われます。

 このブログでも書いていますが、商品先物取引に資金的余裕は大切ですから、口座開設審査が厳しいことは良いことだと思います。しっかり資金を用意してから申し込んで下さい。

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン