FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
そして久々の損切り
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060831.png
 予感的中というか、何というか・・、
 白金×0.5とゴム×5のサヤ取りについて  2006/08/31
の記事を書いた後、白金×0.5とゴム×5のサヤは急速に拡大してしまいました。本来の予定では、ここでナンピンというところですが、何だか気持ちが引けてしまったので、損切りすることにしました。
 chumon060831.png
 結果、白金07/06ゴム07/01の仕掛けは1103ポイントでの約定。白金07/08ゴム07/02の仕掛けは1092ポイントでの約定となり、265,700円の損失と言うことになりました。
 サヤ取りを始めてから今まで、損切りは5年前に1回数万円の損切りをして以来です。
 調子づいたとは危ないですね・・。
 白金と金のサヤ取りの可能性  2006/06/28の後、見つけたサヤ取りについては、その仕掛け方など、再考の余地有りということで・・。
 趣味として、楽しんで出来る仕掛けを考えていきたいと思います。
スポンサーサイト



白金×0.5とゴム×5のサヤ取りについて
 現在(2006/08/31)では、白金×0.5とゴム×5の組み合わせで、取引しています。
 今日までの白金×0.5とゴム×5の先限日足チャートです。
 sayachart_wgold-gomu-hiashi060831.png

 仕掛けている建て玉は、サヤ縮小ねらいで、白金売り、ゴム買いの仕掛けを、それぞれ968ポイント、1011ポイント、1056ポイントで仕掛けていて、現在、含み損は20万円弱というところです。

 白金×0.5とゴム×5のサヤについては
 ゴムと白金のサヤ取り検証  2006/07/13
 で検証しました。この当時は、ゴムから白金の価格を引いていたので、チャートが今とは逆さまになっています。
 
 実際、建て玉して、そして、逆行にあって含み損が増えてくると、そのサヤについて、検証の時には考えなかったいろんなことを考えるものです。
 
 ゴムと白金のサヤ取り検証  2006/07/13 の中でも「ガソリンと原油の「原料と製品」というような、具体的な関連が無いのが、少し気になるところです。」と書いていますが、そのことをつくづく感じます。
 感覚としては、白金を売りで片張り、ゴムを買いで片張りしているような感じです。ガソリンと原油の時とは全然感じが違います。
 その銘柄同士の値動きの相関関係が、それほどなくても、最終的にその価格差の最大値あるいは最小値がある一定の範囲に収まってくれていれば、サヤ取りとして機能するのでは・・と考えていましたが、実際に、その最大値が広がってくると、過去のチャートでの最大値に対する信頼感は曖昧なものになります。

 ストラドル取引、その他の組み合わせ (ザラバ)  2006/07/05の記事で、白金×0.5とゴム×5をピックアップしたわけですが、その時表示したチャートは2000年以降のものでした。
 計算式を現在ののように 白金×0.5-ゴム×5 で表示するとこんな感じです。
 wgold-gomu-hiasi-0713.png

 更に遡ってチャートを見てみるとこんなチャートになります。
 wgold-gomu-hiasi.png
 右上がり的な印象が強くなります。

 先程片張り的な感覚が強いと書きましたが、相場表を見ると
 soubshyou080631.png
 白金は期先が期近より低い逆ザヤ、ゴムは期先が期近より高い順ザヤになっています。実際の建て玉は期先で行っていますから、逆ザヤに対して売りを建てたり、順ザヤに対して買いを建てたることは、長期的な仕掛けになってしまったときには不利になるような感じがあります。現在の建て玉も、最初に建て玉した白金07/06とゴム07/01の建て玉は5番限に移動しているので先限と比べて10ポイントほど拡大しています。
 順ザヤについては、将来価格が上がると予想されている、逆ザヤについては、将来価格が下がると予想されていると考えれば、順ザヤ売り、逆ザヤ買いでも良いように思いますが、現在、含み損が増えている状態では、ネガティブな捉え方が強くなります。

 それぞれの値動きを見ると
 ゴムについては、
 gomu-hiasshi-0060831.png
 そろそろ下げ止まるかな・・という感じも受けます。
 白金については、
 wgold-hiasshi-0060831.png
 今のレベルを上抜ければ一気に上げる可能性もありそうです。

 私の投資手法は、逆張りナンピン、基本的に損切りしない、ということでした。
 ただ、今回の白金×0.5とゴム×5については、片張りより優れているという感じてはなくなっているので、損切りも含めて、柔軟に対応していこうと思います。
 
 このサイトを見ている人なら  2005/08/09 では、私の含み損が増えた時点で、私と同じ建て玉を勧めるないようになっていますが、今回の白金×0.5とゴム×5については、お勧めしません。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↑
 NY原油   ↑↑
 NY金    ↑↑↑
 NY白金   ↑↑↑
 SIゴム   ↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 外電から見ると白金×0.5とゴム×5でのサヤは、更に拡大・・、という感じですね。
 ゴムに頑張ってもらいところですが、どうなるでしょうか。
白金×0.5とゴム×5のサヤはやや拡大
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060830.png
 中段左、下段左、白金×0.5とゴム×5のサヤは、午前中少し縮小したものの、再び拡大して最後のナンピンをした1056ポイントレベルでの推移となりました。終値は1057ポイントで引けています。
 現在の建玉、口座状況です。
 tategyoku060830.png
 昨日よりも含み損が増えています。
 そろそろゴムの反発を期待しているのですが、なかなか思うように動きませんね。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↑
 NY原油   ↓↓
 NY金    ↓↓
 NY白金   →
 SIゴム   ↓↓↓↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 現在しかけている白金×0.5とゴム×5ですが、昨日は、白金の上昇と、ゴムの下落で大きく拡大しました。SIゴムは下落していますが、昨日の東京の下げに織り込まれているのかどうか・・。
 今日の白金×0.5とゴム×5のサヤはゴム次第、というところでしょうか。
期待通り、ドカーンと・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060829.png
 白金×0.5とゴム×5のサヤは、ゴムが大きく下げ、白金が引けにかけて上げたため、今朝期待した通り、ドカーンと拡大しました。どちららかというと縮小の方が良かったのですが・・。
 引け間際に、白金07/08売り、ゴム07/02買いで1組ナンピンしました。限月は、先限同士の組み合わせに切り替えています。1056ポイントでの約定でした。
 5番限での組み合わせで1050ポイント、先限で1040ポイントでのナンピンを考えていたので、ナンピンの位置としては良かったと考えています。次回ナンピンは1080ポイント以上でと考えています。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060829.png
 逆行していますから、当然、含み損は増えています。
 明日は、ゴムの反発に期待したいと思います。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓↓↓↓↓
 NY原油   ↓↓↓↓
 NY金    ↓↓↓↓
 NY白金   ↓↓
 SIゴム   ↓↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NYガソリン、原油が大きく下げています。ストップ安もあるかな?
 今朝は、さほど大きな動きはなったようです。
 金と白金×0.5は縮小しそうですね。
 現在仕掛けている白金×0.5とゴム×5の予想は難しいですが、白金の下げが大きければ縮小かもしれません。拡大にしろ、縮小にしろ、ドカーンと動いてくれることを期待しています。
今日のような動きが続くと・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060828.png
 中段左、白金×0.5とゴム×5のサヤは、週末よりやや拡大で、ナンピンの建て玉を仕掛けた1011ポイントで引けています。
 午前中2回ほど、1000ポイントレベルまで縮小しました。約10,000円の利食いになるポイントですが、現在は20,000円を利食いの目安にしているので、利食いを見送りました。ただ、今日のような動きが続くと、このレベルで利食いしたいという持ちが強まってきます。結局、大きく縮小するときに、この1000ポイントのレベルで利食いをしてしまうと言うことになってしまいがちです。
 現在のレベルで小さな波が続くのか、大きな波がやってくるのか、感じ取れるようになると良いのですが、なかなか難しいことです。
 理想は朝の寄り付きからドカーンと動いてくれると良いのですが・・。NYの動きに期待したいと思います。
 現在の建玉、口座状況です。
 tategyoku060828.png
 週末よりサヤが拡大した分、わずかに含み損が増えています。
 
 ところで、
 酒ファイヤーさんからのコメントを受けて  2006/08/25
 N-G大豆スプレッド取引について  2006/08/27
 の記事やコメントで話題のN-G大豆06/12と07/02のスプレッド取引ですが、オリエント貿易のバーチャルトレードで仕掛けてみました。
 v-tategyoku060828.png
 06/12売り、07/02買いで1組仕掛けています。逆ザヤ1420円幅で約定しています。
 バーチャルトレードの3,000,000円の資金でレバレッジの少ないN-G大豆のスプレッドをやったらどんな感じなのか、試してみたかったからです。大きな逆行にあっても資金的な余裕があるので大丈夫だと思いますが、逆行されても今後の値動きの中で吸収できるかどうか、試してみようと考えたからです。バーチャルだからと建玉を多くしたりしないで、いつもの私のやり方でやりたいと思います。
 今後の投資に向けての実験的な意味合いが強いので、バーチャルトレードのコンテストにも参加していません。
 今まで、板寄せ銘柄の取引はやってこなかったので、バーチャルトレードを通して、取引の感覚になれることが出来たら良いな・・、また、あまり意識していなかった銘柄をバーチャルトレードで意識して観察することで、大きなチャンスを見つけることが出来るかもしれない・・という考えもあります。
N-G大豆スプレッド取引について
 酒ファイヤーさんからのコメントを受けて  2006/08/25では、酒ファイヤーさんからのコメントを受けて、N-G大豆の12月限と2月限のサヤについてサヤの動きを見てみました。
 ndaizu12-02-sayahikaku060825.png
 このチャートで見る限り順ザヤが拡大したときに、それが縮小する方向に仕掛ければ(期近買い、期先売り)、比較的安全に利益が出せそうに見えます。

 そこで、他の限月についても調べてみることにしました。
 
 ところで、酒ファイヤーさんからのコメントを受けて  2006/08/25では、サヤの計算をするのに
 06/12 - 07/02 というように期近から期先を引いていました。
 これだと期先が期近より高い順ザヤの時にマイナス、期先が期近より低い逆ザヤの時にプラスになります。
 私の場合、期先が期近より高い順ザヤの時にプラス、期先が期近より低い逆ザヤの時はマイナスに表示された方が、価格とサヤ幅の関係がイメージしやすいので、今回は
 07/02 - 06/12 というように期先から期近を引いて計算することにします。

 2月限と4月限のサヤの推移です。
 daizu-04-02.png

 daizu-04-02b.png

 4月限と6月限のサヤの推移です。
 daizu-06-04.png

 daizu-06-04b.png

 6月限と8月限のサヤの推移です。
 daizu-08-06.png

 daizu-08-06b.png

 8月限と10月限のサヤの推移です。
 daizu-10-08.png

 daizu-10-08b.png

 10月限と12月限のサヤの推移です。
 daizu-12-10.png

 daizu-12-10b.png

 12月限と2月限のサヤの推移です。
 daizu-02-12.png

 daizu-02-12b.png


 12月限と2月限のサヤの推移だけ見れば、酒ファイヤーさんからのコメントを受けて  2006/08/25で書いたように、「順ザヤが拡大した場面で、それが縮小する方向に仕掛ける(6月中旬、7月中旬の順ザヤ拡大時に06/12買い、07/02売りで仕掛ける)」というように方針が建てやすいのですが、その他の組み合わせのサヤを見ると、そう単純にはいかない印象を受けます。

 全体的な性質として、期近に近づくと、気候や需給の関係などでサヤの変動が激しくなってくるようです。大きく逆行される危険性が強くなるため、出来れば期先で仕掛けたいところです。サヤの変動を観察していて期先の段階で順ザヤ、もしくは逆ザヤに大きく振れることがあれば、そのサヤが縮小する方向に仕掛けるのがよいと思います。限月の組み合わせによって、最終的に順ザヤで終わりやすい場合、逆ザヤで終わりやすい場合などあるようにも見えますので、その辺りも考慮が必要かと思います。
 当限と先限のサヤの推移(先限-当限)ですが、
 daizu-sen-tou060826.png
 これを見ると、毎年8月下旬あたりから、順ザヤが縮小する時期があるようにも感じます。

 問題は、04/10と04/12のサヤが、何が原因だったのか極端な推移をしていることです。このような動きもあり得るとなると、なかなか仕掛けにくくなってしまいます。
 
 後、N-G大豆の特徴として、レバレッジが10倍と低いことが上げられます。
 レバレッジが低いと言うことは、手数料の抜け幅が大きくなってしまいます。そのため、より優位性の高い仕掛けが求められます。
 利点として、逆行に対してナンピンという手法をとる場合、逆行の幅の割に含み損の増加が少なくなるわけですから(1組の建て玉ならば1,000円幅の逆行で10,000円)、ある程度資金的な余裕があれば、チャンスだと思われるときに仕掛けて、逆行したらナンピンという手法が面白いのかもしれません。
 その場合も04/10と04/12のような推移も頭に入れて計画を立てる必要があると思いますが・・。

 今後、私の手法として取り入れるかどうかは、少し微妙です。現在注目しているサヤの組み合わせが、どれも仕掛けられない状態で、N-G大豆が期先の段階で1,500幅もしくは2,000円幅で順ザヤか逆ザヤに拡大していて、それにたまたま気がつけば、建て玉するかも・・。くらいに考えています。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↑
 NY原油   ↑
 NY金    ↑↑
 NY白金   ↓↓
 SIゴム   ↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 今朝は、さほど大きな動きはなったようです。
 現在仕掛けている、白金×0.5とゴム×5についてですが、昨日の東京金や白金の動きは、今朝のNYを先取りしたような動きで引けていますので、週明けの予想をするのはなかなか難しい感じです。白金が上げてゴムが下げ、白金が下げてゴムが上げ、というように白金とゴムが反対の動きになった方が、サヤの変化が大きくなって仕掛け(利食い)易くなると思うのですが、どうなるでしょうか・・。
酒ファイヤーさんからのコメントを受けて
 最近、ブログの相互リンクをしていただいた酒ファイヤーさんから
--------------------
むーみんさん!
NG大豆、殺られました

--------------------
というコメントをいただきました。
 早速、酒ファイヤーさんのブログマネーメーカーを拝見しました。
 NON大豆12月限
 本日の売買結果
 記事の内容から、N-G大豆の06/12売り、07/02買い、という仕掛けを2組していて06/12が想定外に上げたため損切りしたことが伺えます。

 ガソリンのスプレッド取引(限月間のサヤ取り)以外は、ほとんどストラドル取引(銘柄間のサヤ取り)しか気にしていなかったので、大豆の限月間のサヤがどのような状況にあるかは全く分からないので、ちょっと調べてみることにしました。

 このサイトを見ている人なら  2005/08/09の記事のように、誰かが優位性のあるサヤ取りを見つけて建玉し、それに対して大きく逆行した場合、その時点からの仕掛けはより優位なポイントでの仕掛けになるわけですから、もしかしたらN-G大豆の06/12売り、07/02買いを仕掛けるチャンスかも・・、という考えもありました。

 先ずN-G大豆06/12と07/02のサヤの推移を見てみます。
 チャートは 06/12 - 07/02 で表示しています。
 ndaizu0612-0702-saya060825.png
 これまでずっとマイナスで推移してきていますので06/12より07/02の方が高い、順ザヤ状態だったことが分かります。そして大体-300円あたりが天井となった推移です。酒ファイヤーさんは、この天井のようなところで06/12売り、07/02買いを仕掛けたのかもしれません。それが、06/12が急騰したために逆ザヤ方向に大きく変わったと言うことが分かります。
 ndaizu060825.png

 このチャートだけ見れば、06/12売り、07/02買い、仕掛けのチャンスのように見えます。

 念のために過去のチャートと比較してみました。
 ndaizu12-02-sayahikaku060825.png
 このチャートを見ると、現時点で06/12売り、07/02買いの仕掛けは、ちょっと躊躇してしまいます。
 過去データではちょうど今頃から大きく変動していきます。逆行されるとかなり厳しいチャートの変化です。06/12、07/02のサヤも更に逆ザヤ方向に動くことも十分に考えられます。

 初めにこのチャートを見ていて建て玉するとすれば、順ザヤが拡大した場面で、それが縮小する方向に仕掛ける(6月中旬、7月中旬の順ザヤ拡大時に06/12買い、07/02売りで仕掛ける)方が安全のように感じられます。

 残念ながら、酒ファイヤーさんの後追いでの仕掛けは却下、ということになりましたが、大豆のスプレッド取引も面白いかも・・という感じがしました。

 酒ファイヤーさん、失敗の報告有り難うございました。
 私の分析、参考になったでしょうか。
目のつけどころは悪くないと思うのですが・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060825.png
 中段左、白金×0.5とゴム×5のサヤは再び拡大してしまいました。現在はナンピンの建玉時とほぼ同レベルです。
 中段右、金と白金×0.5金のサヤが、寄り付き縮小の後、大きく拡大しました。今朝の外電では、金と白金×0.5の拡大ねらいについても触れていますが、仕掛けレベルについての読みが違っていたので、寄り付き後の縮小でしかけられませんでした。目のつけどころは悪くないと思うのですが・・。金と白金×0.5、再び縮小してきたら、拡大の仕掛けを狙っていきたいと思いますが、初めての仕掛けになるので、焦らず見ていこうと思います。
 現在の建玉状況です。
 tategyoku060825.png
 サヤが拡大した分、含み損が増えています。

 今日は東京ゴムの納会日でしたので月曜日は07/02の発会日です。先限での組み合わせは、白金07/06とゴム07/02となりますが、月曜日は金、白金の納会日となるので、先限の白金07/06とゴム07/02の組み合わせではなく、今まで通り、白金07/06とゴム07/01の組み合わせで見ていきたいと思います。火曜日、白金が発会してから白金07/08とゴム07/02に切り替えていきます。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↑
 NY原油   ↑↑
 NY金    ↓↓↓
 NY白金   ↑
 SIゴム   ↑↑↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 今朝は、さほど大きな動きはなったようです。
 外電通り、金が下げて、白金が上げれば金と白金×0.5のサヤは縮小しますが、70ポイント前後まで縮小したら金買い1枚、白金売り1枚も考えたいと思います。
 現在仕掛けている、白金×0.5とゴム×5は、やや縮小傾向で動きそうな感じもありますが、どうなるでしょうか。ゴムの上昇に期待したいと思います。
様子見で終わりましたが・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060824.png
 中段左、白金と原油のサヤは、終値こそ昨日と同レベルですが、後場寄り付き直後には985ポイントあたりまで縮小していました。そこで利食いをしていれば、25,000円前後の利益だったのですが、今日は待てば待つほど、利益が乗るのでは・・、という思いがして、様子を見ていたら、残念ながら、白金が大きく上げたため、サヤは戻ってしまいました。 
 なかなか、良いタイミングで利食いをするのは難しいものです。
 明日の、理想的な展開としては、白金が今日の上げから反落し、ゴムは、今日の上げで、今までの安値から上げトレンドに切り替わって大きく上げるというパターンですが、思うように動くでしょうか?
 縮小にしろ、拡大にしろ、ドカーンと動いてほしいですね。

 現在の建玉状況です。
 tategyoku060824.png
 昨日よりサヤが少し縮小していますので、含み損が減っています。

 様子見画面、中段右、金と白金×0.5のサヤが再び縮小してきたので、注目してみていきたいと思います。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓↓↓↓
 NY原油   ↓↓↓
 NY金    ↓
 NY白金   ↓
 SIゴム   ↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NYガソリンが大きく下げました。東京ガソリンと原油のサヤも最近は縮小傾向ですが、今日も縮小でしょうか?サヤ拡大で仕掛けるにしても、期中のサヤは更に縮小しているだけに、仕掛けどころが難しい感じがします。
 現在仕掛けている、白金×0.5とゴム×5は、それほど大きな動きはなさそうです。
 今日も様子見になりそうな感じです。
北辰商品に口座開設
 北辰商品「D-station」は、以前より、右カラムの「商品先物取引やるなら」のコーナーで紹介してきましたが、自分では口座を開設していませんでした。 
 先日、このブログによくコメントをしていただいているブラックショールズさんより、「北辰商品のチャートソフトDIAS Professional Edition がなかなか良いですよ」という情報をいただき、口座を開設してみました。

 早速、チャートソフト、DIAS Professional Editionについてですが、三井物産フューチャーズのフューチャーズアナリスト同様、フラクタルシステムズによるソフトですので、基本的な機能は大体同じです。
 DDE連結でエクセルに送られる情報も、フューチャーズアナリストと同様ですので、私の気配値によるリアルタイムサヤ相場表も、そのまま使うことが出来ます。

 基本的な機能は大体同じですが、実際に使用すると、若干の違いがあります。
 DIAS Professional Editionの便利な機能として、チャート表示後の調節が容易に出来ることが上げられます。
 ガソリンの先限日足チャートを表示してみると
 DIAS-chart1.png
 このようなチャートが表示されます。
 ツールバーの右の方にある設定ボタンで、簡単に週足チャート、5分足チャートなどに変更することが出来ます。
 週足チャート
 DIAS-chart2.png

 5分足チャート
 DIAS-chart3.png
 という具合です。

 2つの商品のチャート比較するために、演算設定を変更する場合がありますが、フューチャーズアナリストでは4種類の設定なのに対して、DIAS では6種類の設定があります。
 DIAS-chart-enzansettei.png
 私には、サヤの検証で行ったような単純に倍率を変更して引き算するくらいしか使い道が分かりませんが、いろいろと研究していくと、より、複雑な分析が出来るのだろうと思います。

 フューチャーズアナリストと比較して、少し残念な点としては、チャートに現在値バーが表示できない点があります。
 フューチャーズアナリストでガソリンのチャートを表示してみると
 futuresanalyst-chart1.png
 このようにチャートの右端にリアルタイムで変化する現在値バーを表示することが出来ます。
 DIAS Professional Editionでもチャートデータ表示ウインドウを表示することによって
 DIAS-chart4.png
 このように現在値を知ることが出来ますが、現在値バーのような直感的な分かりやすさはないように思います。
 リアルタイムの相場表が表示できますので、それを見れば、現在値は一目瞭然ではありますが・・。
 その他、私が個人的に気になったところとしては、サヤチャートを表示したときに、サヤチャートのみの表示が出来ないのが、残念なところでした。普段、「様子見画面」でサヤの動きを見ているので、出来ればサヤチャートのみ表示という設定が出来るようになると良いですね。
 これについても、DIAS なりの様子見画面を作ればすむことだとは思いますが・・。

 これらについては、、北辰商品に改善の要望をしたので、近々、改善されることを期待したいと思います。
 現在値の表示については、2006/09/13、DIAS Professional Editionがバージョンアップされ、現在値インジケーターとして表示できるようになりました。ユーザーの要望に対する迅速な対応は、素晴らしいですね。

 細かい、違いはあるにせよ、フューチャーズアナリストとは、ほぼ同等の機能ですので、DIAS Professional Edition は、使えるソフトだと思います。

 オンライントレード「D-station」の使い勝手ですが、画面のデザインも洗練されていて、なかなか良さそうです。
 サヤ取りの場合は「Double attack」の設定をして発注することで、建玉状況などの表示の際、マーキングして表示されるようになります。
 d-station-doubleattack.png
 相場情報画面設定で銘柄を設定することによって、フジフューチャーズ「Venus(ヴィーナス)」デュアルDT画面のように、両銘柄の情報を同時に表示することが出来ます。チャート自体はデュアルDT画面の方が見やすい気がしますが、チャートソフトのDIAS Professional Editionとの併用で、問題なく発注できると思います。

 その他、詳しくは、DEMO画面をご覧下さい。

 手数料についてですが、北辰商品では、ひまわりCX三井物産フューチャーズのような「サヤ取り料金」の設定はありません。ですから、この2社と比較した場合、サヤ取りの料金としては割高になります。しかしながら、通常料金が1枚往復630円と格安なので、サヤ取り1組で1,260円となります。日計り手数料は294円と格安ですので、サヤ取りもやりたい、デイトレードもやりたいという投資家の方には、お勧めできると思います。

 私自身は、当分、サヤ取りのみですので、主要な取引口座は三井物産フューチャーズの予定ですが、今回、北辰商品に口座を開いて良かったと思えることがありました。ここ、数日、フューチャーズアナリストのサーバーが不安定で、時々回線が切れることがありました。そんな時、DIAS Professional Editionを使うことによってリアルタイムサヤ相場表を表示できたことは、とても有り難いことでした。
今日は様子見でした。
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060823.png
 中段左、白金×0.5とゴム×5のサヤは、昨日とほぼ同レベルで推移しました。午後になってやや縮小しましたが、そのまま様子を見ることにしました。
 現在の建玉状況です。
 tategyoku060823.png
 昨日よりサヤが縮小した分、含み損が減っています。
 明日あたりドカーンとサヤが縮小してくれるのを期待したいと思います。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↓
 NY原油   ↓
 NY金    ↓
 NY白金   ↓↓
 SIゴム   ↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 今朝のNYは、それほど大きな動きはなかったようです。
 様子見の1日になるのかな?
 今日は、午前中、仕事がは忙しいので、午後からの参戦になる予定です。
商品先物取引に対する一般的なイメージ
 身近な人、例えば職場の同僚などに、 
 「私、株式取引やってます」
 「私、外国為替証拠金取引やってます」
 とは言えても、
 「私、商品先物取引やってます」
 とは、なかなか言いにくいものです。

 「私、商品先物取引やってます」と言ったら
 「え! 本当なの? 大丈夫? だまされてるんじゃないの?」という反応がほとんどではないでしょうか。
 商品先物取引に対する、このダークなイメージは何なのでしょうか?

 実は、今日、地元の集会所で、飯田消費生活センターの所長さんによる「最近の消費者相談から-消費者トラブル防止のために-」という講習会に参加してきました。

 下記の内容が書かれた資料を渡していただいて、それぞれについて詳しく説明してくれました。
 1 平成17年度消費者相談の現状
 2 架空請求のハガキ
 3 架空請求ハガキへの対応は「無視」
 4 利用していない有料サイトの料金請求
 5 おれおれ詐欺撃退法
 6 ヤミ金融の悪質な手口にご注意
 7 うまい話はない 催眠(SF)商法
 8 マルチ商法に誘われたけど!
 9 高齢者を狙い商品を次々販売
 10 リスクの大きい商品先物取引
 11 契約トラブルの解決に役立つクーリング・オフ
 12 通信販売で気をつけたいこと
 13 今日の結論
 講演会としては、とても面白い、ためになるものでしたが、商品先物取引がこのようなリストに入っていることに関して、私としては複雑な気分でした。
 資料によると商品先物取引の相談件数自体は平成17年の全相談件数4,499件の内、24件ということです。
 商品先物取引についての説明は、ガソリンの取引を例に出して、「わずかな投資資金でもこんなに損失が大きくなるんです・・。最初は少し利益が出たように見せかけて、後から大きな損失が出るんです。素人が手を出すようなものではありません。絶対儲かるなんて言葉を信用しないように。」という感じのものでした。本当はちょっと違うのにな~、と思いながら、これが一般的なイメージなんだよな~と、黙って聞いてきました。

 商品先物取引の仕組みを理解していない人が取引するべきではないし、絶対儲かるものではないことは事実ですね。

 ただ、これほどまでにダークなイメージが出来てしまったのは、今までの商品先物取引会社の営業の仕方や建玉の仕方に大きな問題があったのではないでしょうか。一般の人には、取引で損失が出ると言うより、業者にだまし取られるというイメージが強い感じがします。

 かつて、そのダークな部分も経験した私ですが、現在、私自身は、そのシステムやリスクを知ってオンライントレードで参加する限り、パチンコよりも面白い(パチンコをほとんどやってなくてこう書くのはフェアではありませんが・・)と考えますし、リスク自体も、同じ証拠金取引である外国為替証拠金取引とほとんど同じだと考えます。要は、やり方ですよね。

 将来的には、リスクも良く理解した上で、パチンコするくらいのイメージで商品先物取引というゼロサムゲームに参加する人が増えてくれるとイイなあ~、と考えています。

  ※記事に対する評価をお願いします。
    
ひまわりCXで白金とゴムのサヤ取りは・・
 私が口座を開設しているオンライン取引会社の中でも、ひまわりCXは、サヤ取りの手数料が1枚往復420円と安く、サヤ取りをしている個人投資家にとっては魅力的な会社のひとつと言えます。

 残念なのは、サヤ取り以外の通常取引での手数料は、1枚往復1,260円と他のオンライン取引会社と比べて割高に感じるところです。

 私のように、サヤ取り専門の場合は、関係ないと考えていたのですが、ちょっとした落とし穴を見つけてしまいました。

 以前のように、ガソリンのスプレッド、ガソリンと原油のステラドルのみの取引をしていれば関係なかったのですが、最近は、それ以外にもいろいろなサヤ取りの可能性に気がついて、現在は、白金とゴムのサヤ取りを仕掛けています。(三井物産フューチャーズで)

 ひまわりCXでは、サヤ取り料金を適応するにはサヤ取り専用の発注画面から注文しなければなりません。この画面で、一方の銘柄に「白金」を入力すると対する銘柄として「白金」「金」「パラジウム」のみが表示されます。
 himawari-saya20060822.png

 残念ながら、サヤ取り専用の発注画面のシステムに登録されていない組み合わせでは、この画面からの発注が出来ません。新規注文の一括発注でそれぞれを同時発注することになるため、通常手数料が適用され、1組2,520円と言うことになります。ちょっと割高感が強いですね・・。

 それだけ、白金とゴムという組み合わせが珍しいのかもしれません。
 
 ひまわりCXで一般的なサヤ取りをすることに関しては、何ら問題ありませんが、白金とゴムのような珍しいサヤ取りの場合は、手数料が高くなってしまいますので、自分のやりたいサヤ取りの組み合わせと手数料を考慮した上でオンライン取引会社を選んでいただければと思います。
サヤ拡大でナンピン
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060822.png
 中段左、白金×0.5とゴム×5のサヤは更に拡大しました。昼前後に最も拡大し、その後やや縮小という展開でした。今朝の外電で書いたように、今日は、午後まで様子を見ることにしていたので、3時過ぎまで見てみようと考えていたのですが、3時過ぎにやや縮小したところでのナンピンとなってしまいました。1011ポイントでの約定です。
 現在の建玉状況です。
 tategyoku060822.png
 白金売り1枚、ゴム買い1枚を、968ポイント、1011ポイントで仕掛けています。
 次回のナンピンは1050ポイント前後で考えています。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↓
 NY原油   ↑↑↑
 NY金    ↑↑↑↑↑
 NY白金   ↑↑↑↑
 SIゴム   ↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NY金、白金が大きく上げています。昨日、東京が上げたから?という気もしますが、白金×0.5とゴム×5が拡大する可能性大です。
 最近は、仕掛けや仕切りが早すぎて失敗している感じがありますので、今日は午後まで様子を見てみようかな考えています。
白金×0.5とゴム×5、再び拡大
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060821.png
 週末、大きく縮小した白金×0.5とゴム×5のサヤ(中段左)ですが、今日は寄り付き直後、縮小した後、拡大しました。
 前場の引け間際に白金売り1枚、ゴム買い1枚で1組仕掛けました。968ポイントでの仕掛けになりました。後場も拡大を続け、終値は前回のナンピンポイント999.5で引けています。
 明日、更に拡大したところでナンピンを考えています。
 午後になって大きく動くことが多いと分かっていても、それまで待てないところは、まだまだですね・・。

 現在の建玉と相場状況です。
 tategyoku060821.png

 その他、様子見画面、中段右の金と白金×0.5のサヤが縮小してきました。
 50ポイントを下回ったら、金買い、白金売りの仕掛けを考えています。

 話は変わりますが、高校野球、熱戦でしたね。
 駒大苫小牧の選手とは、同じ釜の飯を食った中なのです。
 仕事関連の研修で、土曜日、大坂に宿泊した際、ホテルが同じだっただけなのですが・・。
 負けてしまったのは残念ですが、健闘をたたえたいと思います。
先物投資物語として
 ブログというのは、その性格上、新しい記事が上部に表示され、古い記事は参照されにくくなってしまいます。
 このブログでは、トップページに代表的な記事をカテゴリー別にリンク表示することで、過去の記事も読んでもらい、商品先物取引情報サイト的な性格を持たせられるように工夫してきたつもりです。

 最近、読者の方から、「時系列で最初から読んでみたら、とても面白かった。投資手法についても、それぞれの記事を単独で読むよりも、より深く理解できた」というご意見をいただきました。

先物投資物語として

 過去ログもしくは全タイトル表示などから、時系列で読んでいただくと、
 過去の失敗談や、このブログを始めて現在に至る過程での商品先物取引についての考え方やその変化、投資手法についての新たな発見、また、実際の相場の動きに対して、どのように仕掛けているか、そしてその仕掛けによる精神面での悲喜こもごもなど、ひとつの物語のように読むことが出来るかもしれません。
 
 記事を読んで、「面白いかも」と思われた方は、是非、時系列でお読みいただくことをお勧めします。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↑
 NY原油   ↑↑
 NY金    ↓↓
 NY白金   ↓↓↓
 SIゴム   ↑↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NYガソリン、原油反発しています。
 金と白金がやや下げて、ゴム上げという結果です。
 週末、白金×0.5とゴム×5のサヤ取りの仕掛けを仕切りましたが、裏目に出たかもしれません。
 週明け、東京市場の動きで対処していきたいと思います。
逃した魚は・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060818.png
 中段左、白金×0.5とゴム×5のサヤは大きく縮小しました。終値近くままで待つことがで切れば、昨日の998.5については約50,000円の利益になっていたわけですが、あらら・・、失敗、失敗、で書いた通り、寄り付き直後に988ポイントで利食いしてしまったので、わずかな利益になってしまいました。
 今朝の外電を書いた時点では、今日、このような動きになることもある程度予想していたのですが、アナろぐ【くらべる】便利な外電比較では白金が上がっていなかったので、白金は、下げないのでは・・、と思いこんでしまいました。
 analog-gaidenhikaku060818.png
 外電がどうであれ、外電とは違った動きをすることもあるわけですから、当初の予定通りの利益が乗るまで、単純に待つべきだったのでしょうね。
 引け間際のサヤ幅は、最初の建玉のレベルまで縮小したので、最初の仕掛けも、仕切ってしまいました。こちらは、ほとんど利益無しです。
 今日は、朝の利食いで気分が動揺していたことと、白金がストップ幅で下げているので、もしかしたら、週明け、反発もあるかな?と考えたからです。
 週明け、さらに縮小することも考えられるわけですが、それはそれで、しょうがありません。
 今日の注文履歴と、現在の建玉状況です。
 chumon060818.png

 週明けは、気分を新たに行きたいと思います。
あらら・・、失敗、失敗、
 予想通り、白金×0.5とゴム×5のサヤ縮小してきたのに、寄り付き直後ナンピンの仕掛けを、わずかな利益で利食いしてしまいました。
 白金が、少しも戻すかな?なんて考えてしまったものだから・・。
 まあしょうがないですね。わずかに9600円の利食いでした。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓↓↓
 NY原油   ↓↓↓↓
 NY金    ↓↓↓↓↓
 NY白金   ↓↓↓↓
 SIゴム   ↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NYガソリン、原油とも続落です。
 金と白金が大きく下げています。金と白金×0.5のサヤはやや縮小、白金×0.5とゴム×5のサヤも縮小が予想されます。
 白金下げ、ゴム上げ、という形になってくれるとサヤが大きく縮小して建玉に利益が乗ってくるのですが、そう上手くいくでしょうか・・。
白金×0.5とゴム×5、拡大してきました。
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060817.png
 中段左、白金×0.5とゴム×5のサヤは、昨日から20ポイントほど拡大しての推移でした。午前中、998.5ポイントで白金売り1枚、ゴム買い1枚のナンピンをしました。昨日の時点では、前回のナンピンの建玉、989.5ポイント前後でのナンピンを考えていたので、998.5ポイントでの仕掛けは、まあまあというところでしょうか。
 建玉と口座状況です。
 tategyoku060817.png
 逆行していますので、含み損が増えています。
 次回のナンピンポイントは1030ポイント以上で予定しています。
 
 ガソリンと原油のサヤが縮小しています。しばらく様子見とは思いますが、注意深く見ていきたいと思います。
今朝の外電
 今朝のの外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓
 NY原油   ↓↓↓↓
 NY金    ↑↑↑
 NY白金   ↑↑
 SIゴム   ↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NYガソリン、原油とも続落です。
 白金が上げていますので、ゴムの動き次第で白金×0.5とゴム×5のサヤが更に拡大する可能性が高いですね。前回のナンピンポイント、989.5を超えてきたら再びナンピンしたいと思います。

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン