FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
週末の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↑
 NY原油   ↑↑
 NY金    ↓↓↓
 NY白金   ↓↓↓
 SIゴム   ↑↑↑↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NY白金、下落しています。
 建て玉していると、NYの上げ下げで一喜一憂してしまいます。
 自分の中で、長期的な動きの中での利益を狙った建て玉と、短期的な建て玉とをしっかり分けて考えられると良いのでしょうね。
スポンサーサイト



来週に期待
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060929.png
 白金は、機能と大体同じレベルの推移でした。ちょっとガッカリでしたが、来週に期待したいと思います。
 週明け10/02には、原油06/09が納会して、10/03に原油07/03が発会します。
 ここ数年のガソリン04と原油03の推移は
 sayahikaku-gas04-oil03-060928.png
 こんな感じです。サヤ幅が12,000円台なら拡大の仕掛けも良いのでは、と考えています。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060929.png
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓
 NY原油   ↓↑
 NY金    ↑↑↑
 NY白金   ↑↑↑↑
 SIゴム   ↓↓↓↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NY白金、続伸です。東京白金も大きく上げてくれると良いのですが・・。
 NYの動き通りだと、ガソリンと原油のサヤはまた縮小しそうです。
白金、続伸
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060928.png
 有り難いことに白金が続伸しています。イメージとしたら、6月中旬から下旬に掛けてのような上昇を期待しているのですが、どうなるでしょうか。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060928.png
 やっとナンピンの建て玉に利益が乗ってきました。白金の価格が前日比67円上げていますので、含み損が67,000円回復しています。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↑↑↑↑↑
 NY原油   ↑↑↑↑↑↑
 NY金    ↑↑↑
 NY白金   ↑↑
 SIゴム   ↑↑↑↑↑↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NYガソリン、原油が大きく上げています。東京は、ストップ高も有りかもしれません。
 白金は、もう少しドカーンと上げてほしかったですね・・。ガソリン、原油の上げに引っ張られて、上げてくれるのを期待します。
フューチャーズアナリストの売買サイン
 私が普段使っているチャートソフトは、ドットコモディティの「フューチャーズアナリスト」パーフェクトバージョンですが、今まで、リアルタイムでサヤチャートを表示できることのみに注目していました。

 最近は、サヤ取りでなく白金の片張りを仕掛けていますが、その中で、フューチャーズアナリストの「売買サイン」の機能がなかなか使えるかも・・、ということに気がつきました。

 フューチャーズアナリストでは、表示したチャートに対して、様々なテクニカル分析を行うことが出来ます。
 futuresanalyst-tecnical-a060927.png

 一番上の移動平均を表示すると
 futuresanalyst-tecnical-b060927.png
 こんなチャートが表示されます。
 そして、移動平均線を元にした売買サインを表示させると
 futuresanalyst-tecnical-c060927.png

 futuresanalyst-tecnical-d060927.png
 チャートの下の部分にLSの文字が表示されます。
 LはLongで買い、SはShortで売りを意味しているわけですが、LからSSからLの移り変わりのポイントを見ると、トレンドの変換をかなり正確に捉えているような印象を受けます。
 
 その他のテクニカル分析についても売買サインを表示することが出来ますが、いくつか見たところ、この移動平均線を用いた売買サインが最も使えそうな印象でした。

 現在の白金の片張りは、テクニカル的な分析は全くなく、何となくチャートを眺めて「だいぶ下げてきたから、そろそろ」という感覚的なものからでしたが、フューチャーズアナリストの「売買サイン」を参考にしたら、もっと仕掛けのポイントがつかめやすそうに思えます。

 私の場合、仕事の都合でデイトレードは出来ませんが、分足チャートでの売買サインも、使えそうな印象です。
ドットコモディティで口座を開いている方は、リアルタイムで分足チャートと移動平均線による「売買サイン」を表示させたら、戦略が立てやすくなるのではないでしょうか。

 ※北辰商品「D-station」のチャートソフト、DIAS Professional Editionでも、同様の「売買サイン」を表示することが出来ます。移動平均線を表示させてから、ツールバーの「シミュレーション」から「売買サイン」を選択してください。
白金、反発
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060927.png
 午後に入って、下げ止まり感からか、白金が反発しました。この調子で、週末にかけてドカーンと反発してくれると良いのですが・・。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060927.png
 白金の上げで、含み損がだいぶ減りました。それに伴って追証額も減っています。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↓
 NY原油   ↓↓
 NY金    ↑
 NY白金   ↓
 SIゴム   ↑↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 今朝のNY、それほど大きな動きはありませんでした。
 東京も小幅な値動きになるのでしょうか・・。
 東京金や白金の日足チャートを見ると、下げ渋ってきた感じがするのですが・・、どうでしょうか。
商品先物取引会社の営業の方へ
 先日、久々に商品先物取引会社の営業マンから電話がありました。
 普通、「資産運用についての・・」なんて話し始めたら、直ぐ電話を切ってしまうのが、この手の営業電話に対する一般的な対処法だと思いますが、私の場合、オンライントレードをやっていて、普段は商品先物取引について話す相手がいないので、仕事が暇なときはついつい長話になってしまいます。

 今回は、オリエント貿易の営業マンで、まだ、入社して間もない新人の方でした。

 相手が新人の営業マンと言うこともあり、私の方が商品先物取引についての知識が豊富だったので、営業マンの話を聞くと言うより、私が、営業マンに対する要望などや、商品先物取引会社営業マンの理想像などを語ってしまいました。

 具体的には・・・

 「どうして先限つなぎ足なの?」
 通常、営業電話でアポイントが取れると、直接会って商品先物取引についての説明がされます。
 今まで、私のところに来たどの会社の営業マンも、先限つなぎ足を使った説明でした。先限つなぎ足を見ながら、「(チャートの低い部分を示して)ここで買って(チャートの高い部分を示して)ここで売れば・・、倍率が・・ですから、手数料を差し引いても、投資資金の・・倍の利益になります」という具合です。
 これって、問題有りませんか?
 先限つなぎ足は、その名前が示すとおり、先限の部分だけを便宜的に繋げたもので、実際の先物価格の推移とは異なります。ですから、実際には起こりえない取引についての説明になっているのではないでしょうか?
 このような説明をするのであれば、必ず、一代足を使うべきだと思います。

 先限つなぎ足での説明を受けている場合、対面取引で、何か問題が発生したとき、顧客側としては、「商品先物取引についての現実に即した正しい説明は受けていなかった」と主張できるかもしれませんね。

 「商品先物取引の対面取引は儲かるのか・・」
 商品先物取引会社の営業マンの説明でも、当然、リスクについての説明、追い証についての説明がなされます。実際に、取引を始める際には、それらについて理解したという書面にサインすることになります。
 これらについては、オンライン取引でも同様ですね。
 ですから、商品先物取引に参加している全ての投資家は、そのリスクについて承知している、ということになります。
 ただ、「ここで買って、ここで売れば・・、倍率が・・ですから、手数料を差し引いても、投資資金の・・倍の利益になります」という説明を受けたり、「資産運用」という言葉を使われていると、リスクが有ることは分かっていても、何となく資産が増えやすいようなイメージがしてきます。
 営業マンとしたら、顧客に儲かりそうなイメージを与えることで、「取引したい」と思わせるわけですよね・・。
 
 現実は、商品先物取引はゼロサムゲームです。誰かが利益を出せば、必ずその分は誰かが損をする世界です。ですから、「商品先物取引はゼロサムゲームである」という事実を、先ず伝える必要が有ると思います。その上で、どのようにゼロサムゲームで戦うのかを親切にアドバイスすると言うのが、対面取引のメリットだと考えます。

 「あなたの会社では、対面取引のお客さんに本当に儲けさせてあげているの?」
 商品先物取引はゼロサムゲームです。
 当然、儲ける人がいれば、損する人がいます。普通に考えれば、対面取引で高い手数料を払っていたら、より不利になります。
 営業マンの方々は、「情報量が違うから・・」など、対面取引での優位性を説明してくれますが、実際はどうなのでしょうか?
 ○単純に、対面取引の顧客で、儲けた人、損失を出した人の人数の比、はどうなっているのか?
 ○対面取引での1年間の利益の総額が、損失の総額と手数料の総額の和よりも多くなっているのか?
 ○損失を出した人が大きな借金を背負うような状況になっていないか?
 これらの情報について、私は非常に興味があるのですが、営業マンであれば、自分の会社で顧客がどうなっているか知るためにも、知っておくべき情報だと思います。
 もし、何年も継続して、利益の総額が、損失の総額と手数料の総額の和よりも多くなっているようであれば、その会社で対面取引することは、高い手数料を支払っても、ゼロサムゲーム以上の優位性が有ると言えると思います。そうでなければ、安い手数料でオンライン取引をやった方が、絶対に良いことになります。
 このような情報を正直に提供してくれれば、対面取引でやるべきかどうかは、一目瞭然ですね。
 もし顧客に、対面取引でその手数料以上に利益を還元できている会社があるとしたら、そのこと自体、すごいアピールポイントになると思います。「商品先物取引はゼロサムゲームですが、私の会社で取引すれば、過去の実績として、それ以上の優位性を出しています」なんて言えますよね。
 
 「理想的な営業マンとは・・」
 私達が、イメージする商品先物取引会社とその営業マンは、顧客に出来るだけ多くの建て玉をさせて、その手数料による収入で生計を立てていく、顧客が儲かろうが、損しようが関係ない・・。まさに顧客を食い物にする、という感じです。
 でも、理想は違うと思います。ゼロサムゲームの中で、長期的に生き残り、利益を上げていく投資手法を顧客にアドバイスする。顧客が、多くの枚数建て玉しようとしていたら、それを止めるなど、資金管理、リスク管理をきちんとアドバイスする。という姿勢が大切だと思います。

 会社の同僚同士で、自分の顧客に何枚建て玉させている、という自慢話ではなくて、自分の顧客が長期的に利益を出して、取引を続けてくれているという自慢話が出来るようになっていくと良いのだと思います。
 また、本当にそのような会社なら、きっと顧客が新しい顧客を紹介してくれて、長野県の田舎まで営業に回らなくても、良くなるはずです。

 語り口は、違いますが、内容としては、こんな話をオリエント貿易の新人営業マンにしてしまいました。

 商品先物取引会社の営業マンは、とても大変な仕事だと思います。私の説教じみた話を、どんな気持ちで聞いていたかは知りませんが、良い営業マンになってもらいたいと思います。 
白金続落
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060926.png
 白金は、午前中上げて推移しましたが、午後になって下げてしまいました。ナンピン幅200円前後としているので、まだまだ様子見です。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060926.png
 次のナンピンをする時は、含み損は300,000円前後の予定です。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↓
 NY原油   ↑↑↑
 NY金    ↑
 NY白金   ↓↓↓↓
 SIゴム   ↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NY白金は下げています。東京白金も下げが予想されますが、今日は久々に原油が反発していますので、東京白金、意外と下げないかも・・。下げてもナンピンポイントには届かないので、今日も様子見です。
 東京ガソリン、原油のサヤがさらに縮小するようなら、もしかして拡大の仕掛けもありかな?
ガソリンと原油、そろそろ・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060925.png
 ガソリンと原油がさらに続落して、サヤも縮小しています。
 ガソリン3月限と原油2月限のサヤは2005年と2006年では12,500円近辺で納会を迎えています。
 sayahikaku-gas03-oil02-060925.png
 2007年もその近辺で納会すると考えれば、そろそろサヤ拡大で仕掛けても良いのかな?と考えます。
 今日は白金も続落でした。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060925.png
 先週末の投資日記白金はわずかに反発  2006/09/22では、追い証の計算について触れていますが、そこで説明した通り、追証額は、含み損が追い証額より低くなると、含み損の減少に合わせて減りますが、含み損が増えても直ぐに増えることはありません。今日は、白金の下落で、週末の時点より含み損が増えていますが、追証額は、週末の時点と同じになっています。

含み損によるストレスに対して・・
 私の投資手法は、サヤ取りの場合も、片張りの場合も、自分の建て玉に対して逆行したらナンピンすると言う手法です。
 ナンピンをすると、逆行による含み損は増えやすくなりますので、あらかじめ余裕のある資金を口座に入れておく、初めは少ない建て玉から初める、仕掛ける時点で逆行した時のナンピンと含み損の増加について想定しておく、などの対策を立てているわけです。

 それでも、正直なところ、含み損を抱えているのは良い気持ちではありません。
 
 例えば、現在(2006/09/22)の含み損は136,500円です。口座には6,000,000円余りを預けているので、率としたら3%以下で、まだまだ余裕があるのですが、100万円の中の136,500円でも、600万円の中の136,500円でも、さほど変わることなく、136,500円分のストレスを感じてしまうものです。
 この辺りが私の気持ちの弱いところで、よほど口座に資金を入れても、建て玉数を増やすことはなかなか出来そうにありません。
 
 さて、含み損が多くなることに対して、多少の不安や恐怖心を持っていると言うことは、無理な建玉を抑制する上で大切な要素でもあると思いますが、それをストレスとしてを強く感じてしまうようでは、「趣味として商品先物取引を楽しむ」どころではなくなってしまいますし、精神的、体力的に持たなくなってしまいます。
 
 私の場合、そのストレスを軽くするのに、以前、 発注ミスを無くすために・・  2006/05/12の記事で紹介したTFT(思考場療法)が役に立っています。

 私が不安や恐怖を強く感じると、腹の回りが締め付けられるように感じたり、首筋が重くなったり、何となく手足が痺れて力が入りにくいような身体感覚があります。
 
 TFTの不安や恐怖に対するポイントを順番にタッピングすることで、その身体感覚がかなり軽くなります。身体感覚が軽くなると、不安になる出来事のことを考えても、それほどストレスとして感じなくなります。これはとても有り難いことです。

 TFTにはこれらのポイントが使われますが、
 tft-spot.png

 不安や恐怖に対する一般的なタッピングポイントは、
 目の下 - 腋の下 - 鎖骨下 の3ポイントです。
 不安や恐怖を感じる出来事を考えながら、それぞれ5回ずつ順番にタッピング(人さし指と中指で軽くトントンと叩く)します。
 私のような効果の出やすい人なら、これだけでもかなり楽になります。
 もし、全然変わりないようでしたら、発注ミスを無くすために・・  2006/05/12で紹介した、心理的逆転に対するタッピングをやってから、やり直すと効果が出るかもしれません。
 また、眉頭 - 目の下 - 腋の下 - 鎖骨下 の4ポイントの方が効果があるかもしれません。 

 上記のタッピングで軽くなった感覚を、さらに軽くする正式な手順があるのですが、それについては
        
 こちらの書籍か
 検索サイトで「TFT アルゴリズム ナインガミュート」などのキーワードで検索していただければ分かると思います。
週末の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓↓
 NY原油   ↓↓↓
 NY金    ↑↑↑↑
 NY白金   ↑↑↑↑
 SIゴム   ↓↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 金と白金は反発しています。どうせ反発するならドカーン行ってってほしかったのですが・・。
 週明け、東京白金は、上げてもナンピンの建玉をした1,230円くらいまでだと思われます。
 今週は逆行の一週間でしたが、来週はちょっと期待して見守りたいと思います。
白金はわずかに反発
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060922.png
 今日の様子見画面です。
 白金は、NYが反発したこともあり、わずかに上昇し、期先は昨日の終値より28円高で引けています。このまま反発していくか、続落するかは明朝のNY次第と言うところでしょうか。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060922.png
 当たり前ですが、今日、白金が上昇した分、値洗い損が減っています。

 昨日の引けの時点で、追証額は昨日の値洗いマイナス額と同額の164,500円でしたが、現時点では、今日の値洗いマイナス額と同額の136,500円になっています。このように、追証額は値洗いマイナス額が減るのに合わせて減っていきます。 
 追証が増える場合は、値洗いマイナス額が増えたからと言って単純にその増加分が増えるわけではなく、現時点から値洗いマイナスが証拠金の半分の額(現在、白金を2枚仕掛けているので75,000円)増えたときに次の追証が掛かることになります。それまでは、現在の追い証額のままです。その時の追証額の合計は、その日の終値の値洗いマイナス額になります。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↑↑
 NY原油   ↑↑↑
 NY金    ↑
 NY白金   ↑
 SIゴム   ↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 今朝は、全体的に少し上げています。これまでの下げトレンド、このあたりで一服してくれると良いのですが・・。
白金続落
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060921.png
 今朝の外電で予想したとおり、白金は続落となりました。昼過ぎに少し反発したので、底値感から上がるかな?と思いましたがダメでしたね。続落とは言っても、次のナンピンラインにはまだまだなので、今日は様子見です。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060921.png
 白金が下げた分、含み損が増えています。含み損が増えたことで、今日、2度目の追証が掛かっています。見てもらえば分かりますが、追証額は含み損(値洗いマイナス額)と同額になます。
 つまり、口座には必要な証拠金(定時増し、臨時増しを含む)プラス含み損分の金額以上の金額を、余裕を持って入れておかなければならないことが分かります。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓↓↓
 NY原油   ↓↓↓↓↓
 NY金    ↑↑
 NY白金   ↓↓↓↓
 SIゴム   ↓↓↓↓↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 金以外は、続落ですね。白金、昨日ほどは下がらないと思いますが、続落が予想されます。今日は、たぶん様子見です。
ひまわりCX、リアルタイムさやチャート対応
 私が、口座を開いているオンライントレード会社の1つ、ひまわりCXの相場分析ツール「RealCX」がリアルタイムのサヤブロック、サヤチャートの表示に対応しました。

 元々、ひまわりCXは、サヤ取りの手数料が1枚往復420円と安く、サヤ取りをしている個人投資家にとっては魅力的な会社のひとつです。
 しかしながら、リアルタイムのサヤチャートが表示できなかったため、ひまわりCXで取引しているときも、チャートは三井物産フューチャーズのフューチャーズアナリストでリアルタイムのサヤチャートを表示している、という状態でした。
 今回、リアルタイムでのサヤチャートが見られるようになったことで、ひまわりCXだけで口座を開設している場合でも、随分快適になったのではないかと思います。
 REAL-CXsayachart.png
 1画面にリアルタイムのサヤブロックとサヤチャートが表示されます。
白金はストップ安
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060920.png
 現在、白金の片張りをしているので、サヤのチャートの他に、白金の日足チャートと、2分足チャートを表示することにしました。
 白金はストップ安になったため、私の買い建玉より約200円程安くなりました。ナンピンで1枚買いを建て玉しました。1,230円での約定です。現在、1,433円での買いが1枚、1,230円での買いが1枚と言うことになります。1,433円の建て玉をしたときは、100円幅でのナンピンを考えていましたが、1回目のナンピンは200円幅になりました。急速に下げていますので、今後さらに下げた場合も、余裕をもって200円幅くらいでナンピンしたいと考えています。
 現在の建て玉、口座状況です。
 tategyoku060920.png

 今日、ガソリンや原油もストップ安になっています。ストップ安ですのでサヤ取りの仕掛けは出来ませんが、そろそろ拡大の仕掛けも有りかな・・、と考えています。ただ、現在は、白金の片張りを仕掛け中ですので、安易な戦線の拡大は、慎みたいと思います。また、ガソリンが上がって、ガソリンと原油のサヤが拡大するような状況では、白金も上がりそうな気がします。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓↓↓↓↓↓
 NY原油   ↓↓↓↓↓↓
 NY金    ↓↓↓↓↓
 NY白金   ↓↓↓↓
 SIゴム   ↓↓↓↓↓↓↓
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 どの銘柄もストップ安レベルの下げになっています。白金、大きく下げたところで1枚ナンピンの予定です。
白金は先週末と同じレンジで・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060919.png
 中段右、金と白金×0.5のサヤは、金が反発したために拡大しています。
 今回、金と白金×0.5のサヤ取り(金買い、白金売り)を仕掛ける変わりに白金買いでの片張りをしているわけですが、今のところは、金買い1枚、白金売り1枚で仕掛けていれば・・、という展開になっています。
 白金1,430円での買いを1枚建てていますので、そろそろナンピンポイントです。当初、-100円のポイントと言うことにしていましたが、今日は仕事が忙しく、価格を見ていられなかったので、ナンピンしませんでした。指し値注文を入れておけば良かったのだと思いますが、ちょっと弱気になっている部分もあるので、今日は様子を見ました。
 この展開は、私がこのブログを書き始めた当初の、金の買いを仕掛けたときと似ています。その時もナンピンするかしないかぐらいまでの下げを繰り返した後、結局ナンピンをしないで上昇していきました。最終的には、わずか6,000円の利食いで終わっています。
 出来れば、ナンピンをした後に、反発してくれるパターンが理想的ですが、今後、下げる可能性も当然あるわけですので、余裕持ったナンピンを心がけと行こうと思います。ナンピンできずに上げていっても、それはそれでしょうがない、と言うことですね。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↑↑
 NY原油   ↑↓
 NY金    ↑↑↑↑↑
 NY白金   ↑↑
 SIゴム   ↑↑
 という感じです。

 先週末と合わせると
 NYガソリン ↑↑↑
 NY原油   ↑↓
 NY金    ↑↑↑
 NY白金   ↓↓↓
 SIゴム   ↑↑↑
 という感じになります。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 週末と今朝の合成でも、NY白金は続落した感じになっています。ただ、今朝のNYは反発した動きになっていますので、東はょ卯も反発するのかな?と思います。4,300円以下でナンピンはなさそうです。
 今日、午前中は忙しいので、たぶん午後からの参戦になると思います。じっくり見ていきたいと思います
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↑
 NY原油   ↓
 NY金    ↓↓
 NY白金   ↓↓↓↓↓
 SIゴム   ↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NY白金、続落しています。東京は、週末の下げが大きかっただけに、それほど下げないかもしれませんね。東京白金がさらに下がればナンピンの予定ですが、出来れば、4,300円以下でナンピンしたいと考えています。
追証の計算、具体的には・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060915.png
 ガソリンが下がって、原油とのサヤは縮小しています。どこかで、拡大で仕掛けたいと考えていますが、仕掛けどころが迷いますね・・。
 ところで、今日は、白金がストップ安になっています。昨日の白金買い1枚の建て玉に対して、含み損が増えたため、追証が発生しています。
 kouza060915.png
 先ず、第1回目の追証は、現時点での本証拠金合計が、白金1枚分75,000円ですから、値洗いマイナス額(含み損)がその2分の1である37,500円を越えた37,600円以上で発生します。追証の確定額は大引け時の値洗いマイナス額と同額の48,500円と言うことになります。
 2回目の追い証が生じるのは、このまま建玉を増やさなかった場合、値洗いマイナス額が、現在の追い証額(48,500円)+本証拠金の2分の1(37,500円)を越えた時点で、発生し、その額は、その日の大引け時の値洗マイナス額と言うことになります。
いきなりストップ安で
 昨日、久々に片張りで、白金の買いを建て玉したら、今日はいきなりストップ安です。
 ナンピンラインを-100円と言うことにしていますので、そろそろと言うことになりますが、週明け、さらに下がることも予想されますので、下がったところでナンピンをしたいと考えています。
 何せ、片張りですので、ナンピン幅は出来るだけ余裕を持って行きたいと考えています。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↓↓
 NY原油   ↓↓
 NY金    ↓↓↓↓↓
 NY白金   ↓↓↓
 SIゴム   ↑↑↑↑↑↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 昨日建て玉した、白金、買いは、逆行発進になりそうです。

 ところで、昨年10月に始めたFX(外国為替証拠金取引)ですが、81円あたりでNZドルを10,000ドル買っていて、一時は約10万円ほどマイナスになっていましたが、最近、NZドルの上昇スワップ金利とでプラスに転じてきました。
片張りで買いなら、金より白金?
 現物取引か、先物取引か  2005/01/26 2006/03/01更新 
 では、金地金を1キロ買うのであれば、先物取引で金の買いを1枚建て玉すればわずかな手数料で同じような効果が出せることを書きました。
 
 金の地金は、売値と買値の間に
  金地金商で63,000円
  商品取引会社で31,000円
 の値ザヤが有るため、取引に当たっては、それだけの手数料を支払うのと同じことになります。
 ですから、1年以内の短期保有であれば、手数料の安いオンライントレードで買いを建て玉した方が、有利と言うことになります。
 
 さらに長期の保有を考えた時、先物取引で現物取引と同じ効果を出すには、期近にきた買い建て玉を売りで仕切ってから、再び期先の限月で買いを建て玉すれば良いわけです。オンライントレードの手数料は1,000円以下の会社がほとんどですので、現物取引の値ザヤを考えたら、何回もこの操作を繰り返すことが出来ます。
 とは言うものの、問題は、金先物の価格が、期近より期先の方が高い順ザヤという状態になっているため、期先を売って期近を買うという行為は、その価格差分その価格差分ロスが生じてしまいます。
 現在(2006/09/14)は、期近と期先の価格差が約30円ですので、1回、買い換えをするとその時点で先物取引の優位性はなくなってしまいます。
 現物取引か、先物取引か  2005/01/26 2006/03/01更新の記事では、最後の部分でその件に触れて、長期的な取引を考えた場合、順ザヤの状態では商品先物取引の優位性はなくなるけれども、金の地金を直接買うにはそれだけの資金が必要なので、わずかな資金で地金を買ったことと同ような効果を期待するのであれば、商品先物取引がよいかも・・。という書き方をしました。

 ところで、金と同じ様な価格変動を強いるものに白金があります。白金は期近が期先より高い逆ザヤになっています。長期的に保有するという考えで、上記の金のように期近にきたときに期先と買い換えをした場合、こちらではその価格差分、有利に働きます。
 だったら、金地金を買うよりも、商品先物取引で白金の買いを建て玉した方が、有利なのでは?と考えますが、いかがでしょうか。

 ただ、NY白金は順ザヤになっているところが気になりますね。
久々に片張り
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi060914.png
 金と白金×0.5が反発したので金と白金×0.5のサヤは拡大しています。
 ここで順張り的に金買い1枚、白金売り1枚で仕掛けようか、とも考えたのですが、今回は、白金の片張り、買いで行ってみることにしました。
 と言うのも、相場表を見れば分かりますが、金は順ザヤ、白金は逆ザヤです。逆ザヤの白金の方が、買いを入れた場合に、わずかですが有利な印象があります。
 先程のサヤ取りの仕掛けでは、サヤ拡大を狙うと白金を売ると言うことになってしまうため、何となく、気持ちが乗らないのです。
 引け間際に1枚買いを建てました。4,433円での約定です。
 tategyoku060914.png

 今後の計画としては、逆行に対しては、100円幅でナンピンを考えています。
今朝の外電
 今朝の外電の動きですが、
 NYガソリン ↑
 NY原油   ↑
 NY金    ↑
 NY白金   ↓↓↓↓
 SIゴム   ↑↑↑↑
 という感じです。

 外電に関する詳しい情報は、フジフューチャーズ・マーケット総合情報がお勧めです。

 NYガソリンと原油は、わずかに上げています。一度、高値と安値を見ると少し上げてから下げているようですのでするようですので、下げ止まるかどうかは微妙ですね。
 白金は大きく下げています。昨日、NY白金の上げに対して東京は大きく下げていますので、今日、どう動くかは分かりません。

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン