趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の投資手法・解説1
 「投資手法」ということで、必ず儲けられる「秘策」を期待された方がいるかと思いますが、ご期待に応えられずご免なさい。

 東京金の単品売買についてですが、現在、買いを1枚 1,424円 で建て玉しています。
逆張り派ですので、価格が下がってきたらナンピン買いをします。
今のルールは40円下がったら1枚ということにしています。

 この「40円下がったら1枚」というルールはストップ安になる値幅なので何となくそうしているだけです。それと、これぐらいに設定しておけば、よほど下がっても(例えば1週間に100円とか200円)許容できるのでは無いかと思うからです。

 ここ1週間の値動きを見た時、私が建て玉した後、値段が下がり1月17日に1,385円の安値を付けてその後上昇してきていますので、「30円下がったら」というルールだったら3万円程利益を取れたのかもしれませんね。

 以前、商品取引会社のトレーダーを介した東京金の取引で失敗してから、ほとんど東京ガソリンのサヤ取りばかりを仕掛けてきました。昨年辺りから、東京金の取引を復活させたのは。「現物取引か、先物取引か」で書いたように、先物取引で金の買いを1枚建て玉すると言うことは、金地金を安い手数料で1キロ買うことと同じことになる。ということに気がついたので、これから先のインフレ懸念などを考えると少ない枚数を立てておいても良いかな。と考えたからです。また、先物市場が値下がりして、含み損が出てきた場合でも、金地金を買っていればその価値も同じように下がっていると考えれば、その含み損を精神的に許容しやすいと考えたからです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/10-c8a4617d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン