趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フジF、デュアルDT画面がサヤ取りツールとして進化
 今日(2006/12/18)、メールが届いて知ったのですが、フジフューチャーズ株式会社「Venus(ヴィーナス)」のデュアルDT画面が、サヤ取りツールとして大きく進化しました。

 バージンアップの内容が多いので、詳しくは
 http://www.fuji-ft.co.jp/venus-manual/ddt/sayakei.htm
 を見ていただくとして、

 私が最も注目したのは、
 以前から不満に思っていたサヤ取り建て玉の管理に関して、建て玉表示画面で建て玉日順での設定が可能になり、鞘の組み合わせを保ったまま表示されるようになったこと。
 そして、もう一つ、「W気配」の表示では、気配値によるリアルタイムサヤ表示をしていることです。
 
 サヤ取り発注においては、気配値によるサヤ幅は非常に重要だと考えるのですが、今まで、このような相場表が無かったので、自分で気配値によるリアルタイムサヤ相場表を作っていたわけです。
 フジフューチャーズが作ってしまいましたね・・・。

 ただ1つ残念な点として、サヤ計算の倍率設定で、
 金の価格×2-白金の価格という設定は出来ても、
 金の価格-白金の価格×0.5 という様な設定が出来ないことです。

 私のように、金1枚、白金1枚の組み合わせで取引する場合には、
 金の価格-白金の価格×0.5 という計算でサヤ幅を現した方が、サヤの変化と、売買損益の変化が関連づけやすくなります。
 ですから、私のような銘柄の組み合わせと計算法を考えている人にとっては、ちょっと残念な部分です。
 ※この件に関しては、早速、メールと電話で改善の要望をしてみました。感じの良い担当者の方で、「改善の要望を上の者に伝えておきます」と言っていただけました。以前、建て玉表示の件に関してメールしたのがちょうど1年前です。今回の倍率設定に関しても、実際に改善されるまでには1年くらいは掛かるかも知りませんね。

 しかしながら、ガソリンと原油、ガソリンと灯油など、同じ倍率の銘柄どうしのサヤ取りには、申し分のないツールになっていると思います。チャートや相場表を見ていて感じるワクワク感は、フジフューチャーズ独特のものがありますね。

 後、表示機能が増えた分、慣れるまで何が何だか分かりにくいところは有るかもしれません。嬉しい悲鳴ですね・・。
 私だったら、気配値によるサヤ幅の表示できる「W気配」と2銘柄の約定値によるサヤ幅をリアルタイムで表示する「合成Tickチャート」を表示するだろうと思います。
 dualDT061219.png

 今、ふと思ったのは、今回、素晴らしいバージョンアップがされているわけですが、何種類も見たいチャートが相場表やチャートが有るのに、その内2つの組み合わせになってしまうところが、残念なところでもありますね。

 理想的には、フジフューチャーズ株式会社ドットコモディティの両方に口座を作って、デュアルDT画面とフューチャーズアナリストの併用が最高かもしれませんね。

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1003-be02f56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン