FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
私のリアルタイムサヤ相場表もまだまだいけるかな?
   フジF、デュアルDT画面がサヤ取りツールとして進化  2006/12/18
 この記事で書いたように、フジフューチャーズ株式会社「Venus(ヴィーナス)」のデュアルDT画面がサヤ用ツールとして進化し、その中の「W気配」表示では、両銘柄の気配値表示と合わせて、気配値によるリアルタイムサヤ表示をしています。
 デュアルDT画面

 私が口座を開設しているフジフューチャーズが、このような機能を付けてくれたことに対して、嬉しい気持ちがある反面で、
 今年の初めから、
   こんなサヤ相場表、あったらいいな  2006/02/08
   気配値によるリアルタイムサヤ相場表  2006/02/13
   リアルタイムサヤ相場表、自動発注対応  2006/06/26
   改めて自動発注対応  2006/09/07
   気配値によるリアルタイムサヤ相場表、更新履歴  2006/11/21
 このように苦労して作り上げてきた、気配値によるリアルタイムサヤ相場表の価値が下がってしまったような感じで、ちょっと淋しいような複雑な心境です。
 リアルタイムサヤ相場表7.3

 実際に両者を見比べてみると、意外と私の相場表も悪くないかな?と感じる部分もあります。

 良い点としては、
○特定の限月の組み合わせだけでなく、他の限月のサヤの変化も把握することが出来る。
○気配値によるサヤ幅表示と同時に相場表も一望できるので、全体の相場の動きをつかみやすい。
○約定値によるサヤ幅と気配値によるサヤ幅を表示しているので、その関連が分かりやすい。
○約定可能範囲内に気配値がない場合は、気配値によるサヤ幅が表示されないので、うっかり発注してしまうこと少ない。
○金と白金のサヤ取りの場合、金-白金×0.5 と言うような、私にとって分かりやすい計算によるサヤ表示が出来る。
○シートを切り替えるだけで他の組み合わせの相場表に素早く切り替えが出来る。
○より詳しい相場状況を確認したいときは、画面を下方にスクロールするだけで5本気配値を見ることが出来る。
 リアルタイムサヤ相場表7.3を下方へスクロール

 「W気配」表示に比べ劣る点(デュアルDT画面の良い点)としては、
○相場情報のサーバの関係なのか、エクセルの計算速度の関係なのか、表示速度がコンマ何秒か、「W気配」表示の方が速いようです。(これについては、「W気配」の方が遅く見えるときもありました、その時々の状況で違うのだと思いますが、全体的に見ると、「W気配」表示の方が速いときの方が多い感じがしています)
○「合成Tickチャート」をとなりに表示することで、瞬間瞬間のサヤの変化をつかみやすい。
○デュアルDT画面では、「W気配」や「合成Tickチャート」の下に発注の入力欄が有るため、「W気配」を見て、チャンスだと思った瞬間、発注することが出来る。
 (私のリアルタイムサヤ相場表では、発注する際、トレード画面をアクティブにして発注ボタンをクリックする分、タイミングが遅れてしまいます)

 ですから、発注のスピードということでは、デュアルDT画面に分があります。コンマ何秒を争って、サヤ取りで、デイトレードをしたいような方には、デュアルDT画面で「W気配」の方が良いのかもしれません。

・他の限月のサヤや、それぞれの銘柄の相場表で、全体を見ながら判断をしたい場合。
・オーバーナイトで、長いスパンでサヤ取りをする場合。
・サヤ取り手数料などを考えて、三井物産フューチャーズなど他の取引会社で取引したい場合。
 などでは、私の気配値によるリアルタイムサヤ相場表の方が良いのかな?と考えます。

 スピード面では、どうしても不利ですが、Version7.4では、相場表自体に発注ボタンを付けることで、トレード画面をアクティブにしてからクリックするという手間を省くことが出来れば・・、と考えています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1008-272143fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン