趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
逆行したらナンピン?損切り?
 私の場合は、サヤ取りにしても単品売買にしても、逆行した場合、ルールに従ってナンピンを入れていき、損切りはしない手法ですが、一般的には、先物取引の場合、早めの損切りが推奨されています。

 自分の建て玉に対して逆行したとき、ナンピンで対処するのか、早めの損切りで対処するのか・・・。
 このあたりは、それぞれの人が持っている相場感にも大きく影響されると思います。
 ナンピンをしたいと考える私の場合、基本的には、「明日の相場の予想など、そう簡単に当たるものではない」という意識が強いんでしょうね。ただ、「価格は上がったり、下がったりするもの」という感覚があって、自分の建て玉に対して逆行しても、何れ戻ってくるだろうと考えるわけです。だから、ナンピンするわけです。ただ、逆行の幅は、小さい方が良いので、高値だったら売りから、安値だったら買いから(サヤが狭まれば開く方に、開いていれば狭くなる方に)仕掛けたくなります。また、「価格は上がったり、下がったりするもの」と考えていますから、逆張りで仕掛けたくなるわけです。

 それに対して、早めに損切りしたいと考える立場の人たちは、自分の予想にかなりの確信を持っていると言うことになります。逆行した場合は、たまたま何かの間違えでの逆行と言うことです。そして、そこで損切りすると言うことは、その時点では、価格が反転しないで逆行が進み損失が大きくなることを予想しているわけです。逆行したら直ぐ損切りですから、ナンピンのように逆行に伴ってどんどん含み損が増えていくことはありません。ですから、価格の高い低い関係なく、高値圏でも更に上がると思えば買いを建てたり、低い価格からでももっと下がると予想すれば売りを建てたり、し易いと思います。これは、大きな利点かもしれません。

 どちらが良いですかね・・・。どちらにも、一長一短が有ります。

 ナンピンの場合、「価格は上がったり、下がったりする」という大前提が崩れたときは、それで終わってしまいます。ですから、どの商品を扱うのか、片張りで行くのかサヤ取りで行くのか、なども良く考えないといけないところです。逆行に伴って含み損が増えますから、投資資金に対して最初の建て玉はかなり少なめにしなければなりません。実際に含み損が増えてくるとかなりのストレスにもなりますから、その辺の覚悟も必要でしょう。後、逆行がどんどん進んでしまった場合、最終的に損切りの可能性も有るわけです。その時にどう対処するのかという想定もきちんとしておかなければいけないと思います。
 
 損切りの場合、ナンピンと違って、含み損がどんどん膨らむことは有りません。ですから、ナンピンの人と比べると投資資金に対して高い割合で建て玉が可能かと思います。しかし、ガソリンのようにしばしばストップ高やストップ安が生じるような商品では、直ぐに損切りできても大きな損失に繋がる可能性は有りますので、建て玉の枚数には注意が必要です。最終的に利益が出せるかどうかについては、予想の精度が大きいと思います。予想の精度とも関連しますが利益確定が上手くないと、有る程度利益が出ていたけど、反落して結局損切りという事態も出てくると思います。
 もし、私がデイトレードをしていたら、直ぐに損切りをしていく方を選びます。波に乗りそこなったら損切りして、次の波に乗ると言う考えです。高値圏でも安値圏でも、常にその時点での波に乗れればいいわけですから・・。そうはいっても、まだ勉強不足で波に乗る術を知らない私ですが・・・。

 現状のようにサヤ取りである程度長期的な仕掛けの場合、やはりナンピンの方がやりやすいと考えています。

 ※記事に対する評価をお願いします。
 

  ブログルポ Blog Reportage 記事ごとの評価による新しいタイプのランキングサイトです。ブログをなさっている方は是非登録しましょう。
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/06/23(木) 12:20:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/101-d6bc5f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン