趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シート枚数増加による表示タイムラグ
   私のリアルタイムサヤ相場表もまだまだいけるかな?  2006/12/20
 この記事の中で、フジフューチャーズ、デュアルDT画面の「W気配」表示と、私の気配値によるリアルタイムサヤ相場表との表示速度の差について書いた部分がありすます。
 リアルタイムサヤ相場表に比べ、デュアルDT画面の「W気配」の表示の方がわずかに速い感じ、という内容になっていますが、相場表の表示速度について、自分なりにいろいろと試してみました。

 私の気配値によるリアルタイムサヤ相場表では、フューチャーズアナリストのDDE連結機能を使ってエクセルにリアルタイムの相場表を表示しています。

 そこで、フューチャーズアナリストの相場表を表示させ、フジフューチャーズの相場表の表示と比較してみました。すると、フューチャーズアナリストの方が、若干、早く切り替わります。必ずしも、常に早いわけではありませんが、フューチャーズアナリストが早く切り替わることの方が多いですし、フジフューチャーズが早く表示された時に、フューチャーズアナリストで表示が切り替わるまでのタイムラグよりも、フューチャーズアナリストの後にフジフューチャーズの相場表が切り替わる際のタイムラグの方が大きい傾向があります。

 続いて、フューチャーズアナリストの表示と、気配値によるリアルタイムサヤ相場表との表示を比較してみます。
 すると、時々、表示の切り替わりに、タイムラグがあることが分かりました。
 hyoujiokure061226.png


 現在、気配値によるリアルタイムサヤ相場表では、ガソリンと原油以外にも、その他のザラバ銘柄の組み合わせや、限月間の組み合わせなど、13枚のシートで構成されています。

 ガソリンと原油のシートのみのファイルを作って表示してみると、このようなタイムラグは無くなり、フューチャーズアナリストと同じタイミングでの表示になります。

 パソコンのスペックによる部分もあると思いますが、シートの枚数が増えたことで、計算処理の関係か、相場表表示にタイムラグが生じるようです。

 私の手法では、コンマ何秒の表示の遅れは影響ないと思いますが、「リアルタイムサヤ相場表」と言っている以上、出来るだけリアルタイムに近い表示にしたい、という気持ちはあります。
 それぞれのサヤの大きな動きを掴むのには今まで通りの相場表を使い、いざ、何かの組み合わせで発注しようとするときは、その銘柄のみの相場表に切り替える、と言うような使い方をした方がよいのかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1019-1ad1daaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン