FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
後半、順ザヤ縮小
 建て玉自体は昨日と変わりませんが、2時半頃より、順ザヤが縮小して含み損も少なくなりました。
 tategyoku050628s.png

 このような展開になって思うのは、もう少し、ナンピンを厚めにしていたら・・・。と言うことです。
 私の場合、含み損が大きくなってくると、ナンピンの間隔が広めになります。「下がったら上がる、上がれば下がる」サヤ取りの場合であれば「広がったら縮む、縮んだら広がる」という原則の下にナンピンをしているわけですから、建て玉に対しての逆行の度合いが大きくなればそれだけナンピンを厚めに(間隔を狭くしたり、仕掛けの枚数を増やしたり)した方が有利になります。しかし、含み損が増えてくると、更に含み損が増えることに対する恐怖心のようなものが少し出てきて、無理して建てなくても・・と考え、自然と間隔が広がってしまうのです。
 今回の場合、昨日の順ザヤ480円での建て玉をした際も、2組建てようか迷いましたが、結局1組だけの建て玉にしました。

 「もっと多めにナンピンしていたら・・・」
    これは、
 「もっと多く建て玉していたら・・・」
    と同じく、悪魔のささやきです。

 今後とも無理のない建て玉で行きたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/105-6600eaca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン