趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
むーみん、ぶち切れました。
 今朝までのむーみんパパの口座状況は、東京ガソリン買い11枚、売り10枚で、90万円ほどの含み損があり、
 手仕舞い後の金額、約280万円でした。

 むーみんパパが、今朝、話した内容としては、「ニューヨークのチャートとか見ると少し下がっていくような気もする。注意しながら1枚か、2枚の売買でちょこちょこやっていく」ということを言っていました。
 
 先日の大きな損失で、だいぶ懲りたかな?と、安心していましたが、午前中、仕事の合間に見に行ってみると、朝の言葉とは裏腹に、今日もむーみんパパ的な取引になっているではありませんか・・。

 前日比800円ほど下げたところで、10枚の売り建て玉はすべて仕切り、更に、6枚の買いを入れていて、計17枚の買い建玉状態でした。

 「どうしてこんなことしたの?」
 「だってストップ安近くまで下げているんだから・・」
 「何言ってるの?まだ800円くらいしか下げてないじゃない。更に下げてきたらどうするんだよ。自分でも『下げてきそうな気がする』って言っていたのに、言っていることとやっていることが逆だろうが・・。どうしてこうなるの?全然懲りてないんだな・・。」
 「何だかやったゃうんだよな~」

 とりあえず、その直後、7枚は仕切って買い10枚にしたのですが、ガソリン価格はその後下がって前日比1360円安で前場を終えました。
 この時点で、口座状況としては手仕舞い後の金額約240万円です。前場2時間でマイナス40万円・・。
 10枚の買い玉に対する委託証拠金は135万円ですが、現在含み損が約90万円で完全に追証状態、明日、このままの状態だったら、本証拠金と追証拠金合わせて必要な証拠金は225万円、資金的な余裕は全く無しです。

 この状況に及んで、むーみんパパも、これではいけないと思ったらしく、「口座に資金があると、建玉したくなるから、今日建玉を仕切って、資金を少し減らして、残った資金の中で取引するようにする」と言っていました。
 
 むーみんパパもやっと懲りて、賢明な判断をしてくれたかな・・、と思ったのも束の間。

 午後になって、「この建玉を残したまま、様子を見たい」なんて言い出しました。

 そこで、さすがに、温和なむーみんもぶち切れました。
 「いい加減にしろよ・・」
 「分かってんの?このまま行ったら、今日引けの時点で追証だよ。それ以上下げたら資金を入れなきゃならないんだよ。・・」
 「今朝、自分でなんて言ってたか、覚えてんの?言ってたこと考えたら、今日やってることはめちゃくちゃじゃない・・」
 その他にも、いろいろと怒鳴り散らした気がしますが・・。

 結局、むーみんパパは、買い建玉2枚を残してすべての建玉を仕切りました。 
 手仕舞い後の金額は昼時点と同じく約240万円で、その内、100万円は口座から引き出す手続きをしました。
 むーみんパパが約140万円の資金の中でどんな取引をしていくのか、今後を見守りたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1112-6b51d307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン