趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苦い経験3 両建て
 4枚の買い増しをしてから1週間も経たないうちに仕事中、突然、電話がかかってきました。
何でも、「イギリス中央銀行が金を売り始めたから、価格が下がってきています。今、92?円です。91?円まで下げると追い証がかかります。900円を下回るおそれもあるから、両建てしてください。」と言うことでした。

 「損切りを・・」という話もしましたが、「先物の建て玉も資産なんですよ。損切りして大事な資産が無くなってしまうのはもったいないと思いませんか?今の買いに対して売りを建てて、下がったときにその売りを仕切れば良いのですから、安心してください。今、6枚買いがありますから、6枚売りを建てますので36万円振り込んでください。」と言われてしまいました。
 そんなことをいきなり言われても、そんなに簡単に36万円とか用意できるわけがありません。結局3枚売りを建てることになって18万円を振り込みました。この時、確か927円で3枚の売りを建てました。

 その後、金の価格は911円位を底に反転して上昇していきました。下がったら仕切る予定の927円の売りも結局仕切ることが出来ず、後々価格がずいぶん上がってから損切りすることになりました。


※5年前の記憶を遡って書いていますので、建て玉の価格など、完全に正確な数値ではないかもしれませんがご了承下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/113-e9506bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン