趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Myメニュー(コンポジット)データの編集について
 三井物産フューチャーズのチャートソフト、フューチャーズアナリストでは、表示した相場表やチャートのレイアウトを「Myメニュー」として保存することが出来ます。
 「投資日記」に載せている「様子見画面」や「サヤの組み合わせ検証」の記事で使ったサヤ比較チャートなども「Myメニュー」として登録して、すぐに表示できるようにしています。
 
 今回は、「Myニュー」の画面レイアウトデータの編集についてお伝えします。

 通常のインストールでは、Cドライブの「Program Files」フォルダ内に「Futures Analyst (????)」というフォルダが作られています。※ (????)の記述はバージョンにより異なります。
 そのフォルダ内にある「Master」フォルダ内に「Composite.ini」というファイルが有り、ここに「Myメニュー」の設定情報が記述されています。
 Futures Analyst (????)

 「Master」フォルダ内の「Composite.ini」
 歯車のようなアイコンがComposite.iniです。
 この「Composite.ini」をメモ帳などのテキストエディタを使って開いてみると、
 メモ帳でComposite.iniを開くところ

 Composite.ini内の記述

 このような記述がされています。
 この記述を変更して、上書き保存することによって「Myニュー」の内容を変えることが出来ます。

 具体的には、

 私がいつも投資日記で公開している様子見画面についての記述は、
 
[Section_680]
Name=様子見画面
Count=11
Window_1=1,44,0,1,-1,-1,-1,-1,829,599,1239,904
Window_1_Param=2,1,1,1
Window_1_Color=3
Window_1_Enzan_Type=3
Window_1_Enzan_Param=1,1,0,3,1,0
Window_1_ChartNum_Tech=2
Window_1_ChartTech_0_Meigara=1,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_1_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_1_ChartTech_0_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_1_ChartTech_1_Meigara=2,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_1_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_1_ChartTech_1_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_1_ChartNum_Area=3
Window_1_Area_1=0.200000,-1,0,1
Window_1_Area_2=0.200000,-1,0,1
Window_1_Area_3=0.600000,-1,0,1
Window_2=1,44,0,1,640,894,-1,-1,418,600,835,902
Window_2_Param=2,1,1,1
Window_2_Color=3
Window_2_Enzan_Type=0
Window_2_ChartNum_Tech=2
Window_2_ChartTech_0_Meigara=5,7,5,200709,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_2_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_2_ChartTech_0_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_2_ChartTech_1_Meigara=5,7,5,200708,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_2_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_2_ChartTech_1_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_2_ChartNum_Area=3
Window_2_Area_1=0.200000,-1,0,1
Window_2_Area_2=0.200000,-1,0,1
Window_2_Area_3=0.600000,-1,0,1
Window_3=1,44,0,1,640,894,-4,-30,1,598,421,902
Window_3_Param=0,0,0,0
Window_3_Color=3
Window_3_ChartNum_Tech=2
Window_3_ChartTech_0_Meigara=3,7,2,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_3_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_3_ChartTech_0_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_3_ChartTech_1_TechType=1,0,0,0,0,0,1
Window_3_ChartTech_1_Param1=1,1,1,9,26,52,0,0,0,0,0,0,3,3,3
Window_3_ChartTech_1_Param2=1,1,1,0,3,0,0,1,11,1,1
Window_3_ChartNum_Area=1
Window_3_Area_1=1.000000,-1,0,1
Window_4=1,44,0,1,0,894,-1,-1,0,303,421,623
Window_4_Param=2,1,1,1
Window_4_Color=3
Window_4_Enzan_Type=3
Window_4_Enzan_Param=0.5,1,0,5,1,0
Window_4_ChartNum_Tech=2
Window_4_ChartTech_0_Meigara=3,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_4_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_4_ChartTech_0_Param1=1,1,1,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_4_ChartTech_1_Meigara=5,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_4_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_4_ChartTech_1_Param1=1,1,1,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_4_ChartNum_Area=3
Window_4_Area_1=0.200000,-1,0,1
Window_4_Area_2=0.200000,-1,0,1
Window_4_Area_3=0.600000,-1,0,1
Window_5=1,44,0,1,320,894,-1,-1,419,304,834,626
Window_5_Param=2,1,1,1
Window_5_Color=3
Window_5_Enzan_Type=3
Window_5_Enzan_Param=1,1,0,0.5,1,0
Window_5_ChartNum_Tech=2
Window_5_ChartTech_0_Meigara=1,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_5_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_5_ChartTech_0_Param1=1,1,1,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_5_ChartTech_1_Meigara=3,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_5_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_5_ChartTech_1_Param1=1,1,1,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_5_ChartNum_Area=3
Window_5_Area_1=0.200000,-1,0,1
Window_5_Area_2=0.200000,-1,0,1
Window_5_Area_3=0.600000,-1,0,1
Window_6=1,44,0,1,-1,-1,-1,-1,832,303,1239,622
Window_6_Param=2,1,1,1
Window_6_Color=3
Window_6_Enzan_Type=0
Window_6_ChartNum_Tech=2
Window_6_ChartTech_0_Meigara=45,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_6_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_6_ChartTech_0_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_6_ChartTech_1_Meigara=46,7,5,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_6_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_6_ChartTech_1_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_6_ChartNum_Area=3
Window_6_Area_1=0.200000,-1,0,1
Window_6_Area_2=0.200000,-1,0,1
Window_6_Area_3=0.600000,-1,0,1
Window_7=1,44,0,1,160,894,-1,-1,418,0,836,329
Window_7_Param=0,0,0,0
Window_7_Color=3
Window_7_ChartNum_Tech=2
Window_7_ChartTech_0_Meigara=45,7,2,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_7_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_7_ChartTech_0_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_7_ChartTech_1_TechType=1,0,0,0,0,0,1
Window_7_ChartTech_1_Param1=1,1,1,9,26,52,0,0,0,0,0,0,3,3,3
Window_7_ChartTech_1_Param2=1,1,1,0,3,0,0,1,11,1,1
Window_7_ChartNum_Area=1
Window_7_Area_1=1.000000,-1,0,1
Window_8=1,44,0,1,-1,-1,-4,-30,0,1,424,327
Window_8_Param=2,1,1,1
Window_8_Color=3
Window_8_Enzan_Type=0
Window_8_ChartNum_Tech=2
Window_8_ChartTech_0_Meigara=45,7,5,200710,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_8_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_8_ChartTech_0_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_8_ChartTech_1_Meigara=308,7,5,200709,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_8_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_8_ChartTech_1_Param1=1,2,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_8_ChartNum_Area=3
Window_8_Area_1=0.200000,-1,0,1
Window_8_Area_2=0.200000,-1,0,1
Window_8_Area_3=0.600000,-1,0,1
Window_9=1,44,0,1,640,894,-1,-1,832,1,1238,327
Window_9_Param=2,1,1,1
Window_9_Color=3
Window_9_Enzan_Type=0
Window_9_ChartNum_Tech=2
Window_9_ChartTech_0_Meigara=45,7,5,200710,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_9_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_9_ChartTech_0_Param1=1,3,0,8,104,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_9_ChartTech_1_Meigara=45,7,5,200709,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_9_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_9_ChartTech_1_Param1=1,3,0,8,104,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_9_ChartNum_Area=3
Window_9_Area_1=0.200000,-1,0,1
Window_9_Area_2=0.200000,-1,0,1
Window_9_Area_3=0.600000,-1,0,1
Window_10=1,44,0,2,0,894,-4,-30,88,116,1166,751
Window_10_Param=0,0,0,0
Window_10_Color=3
Window_10_ChartNum_Tech=2
Window_10_ChartTech_0_Meigara=45,7,1,000200,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_10_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_10_ChartTech_0_Param1=1,5,0,3,200,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_10_ChartTech_1_TechType=1,0,0,0,0,0,1
Window_10_ChartTech_1_Param1=1,1,1,9,26,52,0,0,0,0,0,0,3,3,3
Window_10_ChartTech_1_Param2=1,1,1,0,3,0,0,1,11,1,1
Window_10_ChartNum_Area=1
Window_10_Area_1=1.000000,-1,0,1
Window_11=1,44,0,2,160,894,-4,-30,66,87,1085,722
Window_11_Param=2,1,1,1
Window_11_Color=3
Window_11_Enzan_Type=0
Window_11_ChartNum_Tech=2
Window_11_ChartTech_0_Meigara=3,1,-1,000004,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_11_ChartTech_0_TechType=-1,-1,-1,-1,-1,0,1
Window_11_ChartTech_0_Param1=1,6,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_11_ChartTech_1_Meigara=3,1,-1,000002,00000000,0,0,-1,-1,-1,-1,-1,,-1
Window_11_ChartTech_1_TechType=0,1,0,0,-1,1,1
Window_11_ChartTech_1_Param1=1,6,0,2,150,0,0,0,2,9,3,3,1,1,0,0,0
Window_11_ChartNum_Area=3
Window_11_Area_1=0.200000,-1,4,1
Window_11_Area_2=0.200000,-1,4,1
Window_11_Area_3=0.600000,-1,4,1

 このようになっています。

 この記述を皆さんのcomposite.ini ファイルの記述に付け足して上書き保存すれば、皆さんの使っているフューチャーズアナリストでも、私の様子見画面と同じ物を見ることが出来ます。
※チャートの配色の設定がそれぞれ異なるので、チャートの色は違ってきます。

 記述を変更する際の注意として、私のcomposite.iniの最初の部分は

[MainSection]
MaxNumber=680

 と言う記述になっています。

 上記の「様子見画面」の記述では、

[Section_680]

 という記述から始まっています。
 新しく書き加える記述の[Section_***]数字は、既存の記述の[Section_***]の数字と重ならないように、また、MaxNumber=***の数字以下になるように変更して下さい。
 MaxNumber=***の数字を大きな数字に変更しても良いと思います。

 私の様子見画面を表示していただく必要は全くありませんが、このようにしてcomposite.iniの編集行うことによって、例えば、似たような取引をしている仲間同士でMyメニューの設定を共有することが可能になります。
 私も、今回紹介した、様子見画面の記述の他に、サヤ比較チャートなど、役に立ちそうな画面を公開していきたいと考えています。

 新しいパソコンなどで同じマイメニューを使いたいと言うときも、このcomposite.iniをコピーして新しい環境のcomposite.iniに上書き保存すれば、良いことになりますね。

※Vista環境では・・
 私が、Windows Vistaの環境で、上記のようなcomposite.iniの編集を試したところ、「Program Files」フォルダ内のcomposite.iniを直接編集後、上書き保存しようとすると、「アクセスを拒絶されています」という内容のダイアログが表示され、上書き保存できませんでした。
 composite.iniを別の場所にコピーして、そのcomposite.iniを編集後上書き保存は出来ましたので、別の場所で編集後上書き保存したcomposite.iniを元のフォルダ内に戻すことによって、上記と同様のことが出来ます。

 フューチャーズアナリストをお使いの方は、お試し下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1206-042966b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン