FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
DIAS Proでサヤ比較チャートが表示できる?!
  Myメニュー(コンポジット)データの編集について  2007/04/12 の記事の中では、Myメニューのデータが記載されている「Composite.ini」ファイルの編集について書きました。

 現在、私のパソコンには、DDE機能を持ったチャートソフト  2006/03/06で紹介したソフトの内、フューチャーズアナリストの他、北辰商品のDIAS Pro がインストールされています。(と言っても、普段使っているのはフューチャーズアナリストをばかりですが・・)

 自ずと、フューチャーズアナリストのMyメニューで記録したデータをDIAS Proのコンポジットで表示したらどうなるのだろう?という疑問が湧いて、試してみました。

 チャート表示ソフトとして、機能的に似通ったソフトでありながら、ほとんどフューチャーズアナリストばかりを使っていたのには、
 ○DIAS Proでは、私がいつも投資日記で公開している「様子見画面」のようなチャート表示をさせることが出来ない。
 ○DIAS Proでは、サヤ比較チャートが表示する機能がついていない。
 という2点が大きく関わっています。

 DIAS Proのサヤチャート表示では「サヤチャート枠のみ表示」という設定が出来ません。
 composite-11.png
 このように必ずそれぞれの銘柄のチャート付きの表示になってしまうため、DIAS Proでは、「様子見画面」のような画面レイアウトを作ることは出来ないのです。

 「サヤチャート枠のみ表示」の機能がついていないDIAS Proに「サヤチャート枠のみ表示」の状態で保存したコンポジットデータを書き込んだらどうなるのか?
 サヤ比較チャート機能がついていないDIAS Proに、サヤ比較チャートを表示するコンポジットデータを書き込んだらどうなるのか?
 この辺が非常に興味のあるところでした。

 結果は・・・
 
 「様子見画面」は、そのままのレイアウト(DIAS Proでは、本来表示できない「サヤチャート枠のみ表示」の状態)で表示することが出来ました。
 DIAS Proで表示した様子見画面
※色の設定が異なっているため、チャートの配色は異なっています。
 DIAS Proで「様子見画面」表示した際、現在値は表示されていませんでしたが、DIAS Proで「現在値インジケーターを表示」の設定を行い、表示してあります。

 サヤ比較チャートも、表示されます。
 DIAS Proで表示したサヤ比較チャート


 三井物産フューチャーズから無料で提供されている、フューチャーズアナリスト・ベーシックバージョンを使って作成したコンポジットデータでも同様のことが出来ます。

 この結果から、DDE機能を持ったチャートソフト  2006/03/06で紹介しているソフトどうしなら、画面レイアウトの情報を記録したコンポジットデータの共有が可能だと考えられます。
※ただし、オンライントレード会社によって配信されているデータが異なるため、配信されていないデータは表示することが出来ません。(例、DIAS Proではドバイ原油のスポット価格を表示できますが、そのコンポジットデータをフューチャーズアナリストの方に書き込んでも、フューチャーズアナリストでドバイ原油のスポット価格を表示することは出来ません)
 
 自分の持っているソフトでは設定不可能な表示もコンポジットデータを利用することによって変更可能になりますので、画面レイアウトの自由度が増しますね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1208-613d6734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン