FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
複数の自動発注を同時に行う
 Ver.7.9以降では、複数の自動発注を同時に行うことが出来ます。
 
 Ver.7.8までは、発注動作を記録する動作ファイルは、「発注クリック」のみでしたが、Ver.7.9では、この他に「発注クリック1」「発注クリック2」「発注クリック3」「発注クリックサヤ乗り換え」の動作ファイルが存在します。

 Ver.7.9で新しく追加した相場表は、
 Ver.7.9での追加部分
 このようになっています。この部分の、
 「第1タブ」の欄の「手動発注」「自動発注」からの発注は、最終的に「発注クリック1」の動作ファイルを作動します。
 「第2タブ」の欄の「手動発注」「自動発注」からの発注は、最終的に「発注クリック2」の動作ファイルを作動します。 
 「第3タブ」の欄の「手動発注」「自動発注」からの発注は、最終的に「発注クリック3」の動作ファイルを作動します。

 スプレッド用シートには更に「サヤ乗り換え発注」の欄があり、「手動発注」「自動発注」の発注は、最終的に「発注クリックサヤ乗り換え」の動作ファイルを作動します。

 ※これ以外の「手動発注」「自動発注」のボタンについては、今まで同様「発注クリック」の動作ファイルを作動します。

 UWSCの動作ファイルで、1つのオンライントレード会社での2種類の異なるサヤ注文を間違えることなく実行するには、スプレッドシート、乗り換え発注ボタンについてで説明したように、1つのInternet Explorerでタブを2つ使って、両方のタブからログイン(二重ログイン)して、それぞれに発注の設定をする必要がありました。
 Ver.7.9では、これを応用して、複数の自動発注を同時に行うことにしました。

 先ず、3種類の発注動作を記録させます。
 
 「発注クリック1」には、Internet Explorerのウインドウをアクティブにするクリックの後、3つのタブの1つ目を選択するクリック、そして、発注のクリックを記録します。
 ウインドウをアクティブにする

 タブを選択する

 最後のワンクリック動作

 同様に、「発注クリック2」には、Internet Explorerのウインドウをアクティブにするクリックの後、3つのタブの2つ目を選択するクリック、そして、発注のクリックを記録します。
 「発注クリック3」には、Internet Explorerのウインドウをアクティブにするクリックの後、3つのタブの3つ目を選択するクリック、そして、発注のクリックを記録します。

 例えば、1つのオンライントレード会社を使い、ゴムスプレッド、ガソリンスプレッド、ガソリンと灯油のストラドルを自動発注する場合、1つのInternet Explorerで3つのタブを表示させ、それぞれからオンライントレード会社にログイン(三重ログイン)します。1つ目のタブではゴムスプレッド、2つ目のタブではガソリンスプレッド、3つ目のタブではガソリンと灯油のストラドルの発注の入力をします。
 リアルタイムサヤ相場表のゴムスプレッド用シートでは、第1タブの欄で自動発注、ガソリンスプレッド用シートでは、第2タブの欄で自動発注、ガソリンと灯油用シートでは、第3タブの欄で自動発注を行います。

 このようにすることで、一度に3つの自動発注を行うことが出来ます。
 自動発注の状態では、画面左上に
 realtimesayasoubahyou7.9a.png
 このような吹き出しが表示されます。

 異なるオンライントレード会社から発注する場合は、異なるInternet Explorerからの発注動作を「発注クリック1」「発注クリック2」「発注クリック3」の動作ファイルに覚えさせて、A社は第1タブの欄、B社は第2タブの欄、C社は第3タブの欄というように使い分けることで発注が出来ます。
 
自動発注の際の注意
 自動発注が作動している状態で、エクセルシートの入力を行うと、エラーが発生して自動発注が停止してしまいます。
 複数の自動発注を行う場合、あらかじめ、それぞれに自動発注サヤ幅を入力してから、自動発注を作動させて下さい。

自動発注の中止
 自動発注を中止する方法は、これまで「 Alt + F2 」で行っていました。
 複数の自動発注を実行した場合には、「 Alt + F2 」を押しても、最初に開始した自動発注しか中止できません。
 残りの自動発注動作は、画面下のタスクバーに表示される「UWSC」のアイコンを右クリックして、「閉じる」をクリックすることで中止できます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1236-42f2a7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン