FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
金先物「ミニ取引」、本当にリスク軽減になるの?
 金先物「ミニ取引」が6月にも開始されるということで、これに関するニュースがちらほら見られるようになってきました。

 金先物「ミニ取引」は
 取引単位が1キログラムら100グラムと、現行の10分の1。
 証拠金は2万6000円前後になるそうです。

 「投資家の取引リスクも軽減させることで、個人投資家の市場参加拡大を期待している。」
と言う文面で締めくくっているニュースが多いようです。

 証拠金が下がることによって、資金の少ない人でも参加しやすくなることは確かだと思いますが、「投資家の取引リスクも軽減させる」というのは本当でしょうか?

 各、オンライントレード会社が、金ミニ取引をどのような手数料で扱うのかにもよりますが、取引単位が10分の1になったからと言って、手数料も10分の1になると言うことは、先ず考えられません。
 当然、手数料の抜け幅は高くなり、手数料負けのリスクが高くなります。
 単純に片張りで取引したら、自ずと、手数料を含めた勝率は低くなります。
 負けたときに失う金額については、取引単位が10分の1になっている分、少なくてすみますが、それが「リスク軽減」と言うことなのでしょうか?

 これと似たような疑問は、以前、ガソリンの取引単位が100キロリットルから50キロリットルに変更されたときにも感じました。
 取引単位変更によって  2005/09/16
 
 ガソリンの取引単位が変更された時は、手数料の負担が増えることによって、理屈上は負けやすくなっていても、私にとっては、それまでリスクが高いと考えて取引していなかったガソリンと原油のサヤ取りへの道を開くことになりました。

 金先物「ミニ取引」のメリットはなんでしょうか?
 取引単位、証拠金が減ることによって、戦術としてナンピンが使いやすくなるだろうと考えています。
 ある程度資金のある人にとっては、余裕を持って柔軟性のあるナンピン戦略が可能なのでは・・、と考えています。
 
 取引単位が変更されてミニ取引になっても、ゼロサムゲームという基本は変わりません。
 ミニ取引ならミニ取引の特徴を利用して、何とかゲームの勝者になりたいものです。

 現在、フジフューチャーズなどのように、ミニ取引での手数料が、往復100円と、標準取引とほとんど、リスクが変わらない会社も出てきています。
 標準取引の取引倍率が500倍の白金であれば、標準取引よりミニ取引の方が、手数料の割合が少なくなって、こちらの方が有利ですね。  09/05/17
コメント
この記事へのコメント
私見
メリットは取引所と取引員の手数料収益だけと思います。
モノが同じなら一時的に内部要因で若干の価格差が発生したにせよ価格変動リスクは同じでその他のリスクも変わらない。
むしろむーみんさんの言うように手数料がかさみますし。
満玉張る方は論外として、丸代金に対していくらの変動を期待するかによって1枚あたりの証拠金をいくら積むかでは人によってことなるものの必要最少額の割合が小さいほどレバレッジの調節は取りやすくなると思っています。そうなるとラージの方が有利に思えてしかたがないのです。
2007/05/05(土) 13:19:48 | URL | ChickenGeorge #-[ 編集]
手数料が安くなれば・・
 ChickenGeorgeさん、コメント有り難うございます。
 ChickenGeorgeさんのブログでも既に同様の記事を書かれていたのですね。
 ChickenGeorgeさんが仰るように、単純に考えて、ラージの方が有利だと思います。
 東京工業取引所としては、「リスクの少ないミニ取引」というイメージ戦略で参加者を増やしたいのかもしれませんね。
 
 ミニの方が、手数料負けのリスクが大きくなり、不利である点を承知の上で、記事でも書いたように、ある程度資金的な余裕を持っている人がナンピン戦略をとるには使えるシステムかもしれないと考えています。
 大起産業や三貴商事などが、ミニなら日計りでなく通常でも往復210円、なんて手数料にしてくれたら、敢えてミニ取引をやる意味も出てくるように思います。

ChickenGeorgeさん、今後ともよろしくお願いします。
ブログ、お気に入りサイトのコーナーでリンクさせていただきます。  
2007/05/05(土) 14:37:42 | URL | むーみん #-[ 編集]
リンクありがとうございます
むーみんさん訪問、コメント、そしてリンクありがとうございます。
私のほうでも送ればせながらリンクさせていただきました。
以前から各種の検証や三井などでの有利な発注のやり方等拝見させていただいてました。
金のミニ取引とは関係ありませんが先物市場全体の取り組み出来高の縮小やオプション取引が事実上の死んだ市場になっているのも潜在、顕在する参加者、勧誘する取引員や外務員に適切な理解がないからと感じています。
個人的にはオプションのプット、コールともに売りで参加したいのですが残念な限りです。
むーみんさんのサイトを見る方が増えて、ある程度の取引の理解を得た上で市場参加するかたが増えるように願っています。
2007/05/05(土) 20:40:15 | URL | ChickenGeorge #-[ 編集]
是非、成功してほしいです。
ChickenGeorgeさん、コメント有り難うございます。
今回の記事では、金のミニ取引のマイナス面について触れているわけですが、基本的には大勢の人が商品先物取引に参加してくれることを期待しています。
証拠金を引き下げることで、参加者への敷居が低くなっていることは確かですので、後は、取引会社が出来るだけ手数料を安くするなど工夫をしていただいて、参加しやすい環境を整えてくれると嬉しいですね。
ChickenGeorgeさんのブログのコメントにも書きましたが、ミニ取引の通常手数料が往復で200円以下(往復100円なんてなったら最高)になれば、積極的に使ってみようか、と言う気になると思います。
2007/05/06(日) 08:34:51 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1240-d948340c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン