趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金と金ミニのサヤ取りについて
 7月17日より金先物「ミニ取引」が始まり、オンライントレード会社各社も、ミニ取引に向けて様々な対応をしています。
   金先物「ミニ取引」に向けての対応は・・  2007/07/10
 中でも、東京コムウェルでは、金と金ミニでのサヤ取り専用のシステムが用意され、金1枚に対し金ミニ10枚が自動的に発注されるようになっています。

 そんなこともあり、私なりに金と金ミニでのサヤ取りについて、注目していました。
 まだ、開始後わずか2日ですが、現時点での私の考えを書きます。

 金と金ミニでの2分足チャートを見てみます。
 サヤ幅 = 金 - 金ミニ で計算しています。
 金3番限(07/12)と金ミニ3番限(07/12)
 金07/12と金ミニ07/12の2分足チャート
 現在のところ、金ミニの方が標準の金より高い価格で推移する傾向が有るようで、チャートとしては、ほぼマイナスで推移しいます。
 サヤの変動幅は7円幅です。
 現在、金ミニの取引に対して無料キャンペーンなどがあり、金ミニを10枚建玉しても無料のため、例えば東京コムウェルで仕掛けた場合、通常の金1枚分の手数料840円となり、抜け幅1円となります。
 キャンペーン終了後で考えた場合、東京コムウェルでは、金ミニ1枚198円となるため、10枚で1980円となり、抜け幅3円です。

 抜け幅3円で、サヤの変動が7円幅ですから、4円分の利益が狙えると考えたいのですが、そう、甘くは有りません。

 金と金ミニ用に作成中の気配値によるリアルタイムサヤ相場表です。
 (ガソリンと原油の相場表から作成しているので、本来「金」と入る場所に「ガソリン」と表示されていたりしますが、ご了承下さい。)
 金と金ミニ用、リアルタイムサヤ相場表

 ちょうどサヤが-5円になった場面ですが、金買いミニ金売りでの気配値によるサヤ幅では-2円になっています。
 つまり、サヤチャートを見ていて、-5円になったと思って成り行き注文をすると、-2円での約定になってしまうと言うことです。
 当然、サヤが上昇して、金売り金ミニ買いで発注した場合も同様のことが起こります。
 気配値によるスリッページ分を、仕掛けと仕切り合わせて最低でも4円分くらいは計算しておかなければなりません。

 そう考えると、この7円幅から利益を出すのは難しくなります。
 金ミニ無料キャンペーン中は何とかなるかもしれませんが・・。

 期先どうし(金08/06、金ミニ07/12)の組み合わせではどうでしょうか?
 金08/06と金ミニ07/12の2分足チャート
 やはり、サヤの変動は7円幅くらいですね。
 こちらの方が金の出来高が多い分、気配値によるスリッページは若干少なくなるかもしれません。

 金ミニ取引は、まだ始まって2日です。
 今の所、金の価格より高い価格で推移する傾向がありますが、相場の動きによって金の価格より低い価格で推移するような場面が有れば、上記のチャートではプラスサイドで推移するようになります。
 そうなれば、マイナスサイドで金買い金ミニ売りで仕掛けた建玉をそこで利食いすることが出来ます。
 金ミニが標準金より高く推移したり、低く推移したりが頻繁に入れ替わるようであれば、サヤ取りに理想の組み合わせとして充分利用できそうです。
 逆に、入れ替わりがほとんど無いようであれば、サヤ取りには向かないと言うことになります。
 今後、金ミニが金より低く推移する場面が出てくるのか、注目して見ていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1357-9618226f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン