FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
勝ちやすくなるわけではないてすが・・
 7月30日から、東京工業品取引所の売買システムの性能が強化され、売買レスポンス時間が1秒から0.5秒、相場情報の配信間隔が3秒から1秒に短縮されます。
 
 口座を開設している取引員によって、相場情報の配信方法が若干異なるために、それぞれの投資家に届く情報には多少のズレが生じますが、今まで、すべての参加者が、東京工業品取引所から3秒ごとに配信される情報を元に取引していたわけです。
 東京工業品取引所からの配信間隔が1秒ごとになったら、すべての参加者がその1秒ごとの情報を元に取引するわけですから、自分だけが有利になるわけではありません。

 結局のところ、今回のシステム強化によって、勝ちやすくなったりするわけではないですが、ただ、市場参加者としては、出来るだけリアルタイムにちかい(本当のリアルタイム配信がベスト)情報を元に取引できた方が良いですし、注文発注後すぐ成立してその結果が分かる方が気持ちがよいことですね。
 市場参加者の環境を改善しようという東京工業品取引所の姿勢は有り難いものだと思います。

 30日、トレード画面のリアルタイム相場表や、リアルタイムチャートを見て、今までとの違いを感じられたら嬉しいと思いますが・・。
 今までの3秒ごとの相場情報をリアルタイムだと感じていた鈍感な私には、違いが分からないかも・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1374-af366b10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン