趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金先物「ミニ取引」出来高が今ひとつですね。
 7月17日に始まった金先物「ミニ取引」ですが、出来高が今ひとつですね。
 金先物「ミニ取引」については、
   金先物「ミニ取引」、本当にリスク軽減になるの?  2007/05/05
   金先物「ミニ取引」と手数料  2007/06/25
 などの記事で取り上げて、盛り上がって欲しいと考えているのですが、私自身も、まだ1枚しか取引していない状況です。

 今日は、昨日の急落で、値頃感から金ミニで買いを建玉してみようか、と考えたのですが、その出来高を見て、何となく建玉する気が失せてしまいました。

 今日の出来高は、
 1番限 22枚
 2番限 51枚
 3番限 2755枚
    となっています。
 日中、1番限、2番限では気配値がまばらにしか出ていません。

 このような状況では、出来るだけ1番限、2番限での取引を避けたいという意識が生まれるため、納会日が近づいてくると期先での建玉も控えてしまうような気がします。

 その他、「ミニ取引」は3限月制のため、建玉してからの時間的余裕が少なく感じる、ということも言えます。
 ガソリンなども発会から納会までは6ヵ月ですから、実際の時間的余裕は、そのような銘柄と同じになるわけですが、3限月と言うことで、相場表が細長く3本しかないという心細さが、感覚的に、より余裕が無く感じさせます。
 3限月制でも、例えば、2月限、6月限、10月限の3限月にして、期先から納会までの時間的余裕が1年間あるようにしてくれたら、また、違った感覚で取引しやすいのでは・・と考えたりします。

 それから、出来高が増えない理由に、金の値動きがガソリンなどと比べて少ないため、デイトレードがやりにくいことがあるかもしれません。
 ガソリン「ミニ取引」なんて言うのが出来れば、パチンコより面白いマネーゲームとして、デイトレードの参加者が増えるかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1380-7559792c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン