趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
N-G大豆と一般大豆で仕掛けてみました。
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi070807.png
 今朝の外電では、オイル関連が大きく下げていたので、朝からストップ安張り付きかと思っていましたが、意外と下げ幅が少ない価格で寄り付いて、徐々に値を下げ、ガソリン、灯油とも3番限以降が最終的にストップ安という展開でした。
 
 サヤでは、ガソリンと原油のサヤが随分縮小してきていますので、そろそろガソリン買い、原油売りが面白いかもしれませんね。
 今日は仕掛けないで様子見してしまいました。

 先週末から、投資日記に書いている板寄せ銘柄での組み合わせですが、注目していたのはN-G大豆と一般大豆での組み合わせでの縮小ねらいの仕掛けです。
 前2場節でN-G大豆売り5枚、一般大豆買い1枚で発注して、5,080円幅での約定となっています。
 通常、サヤ取りの仕掛けは、アストマックス・フューチャーズ【Formula】を使っていますが、今回は、キャンペーンで9/30まで手数料が無料のオムニコの【エクステンション】で仕掛けてみました。
 tategyoku070807.png
 エクステンションでの建玉照会画面はこんな感じです。

 今日のN-G大豆と一般大豆のサヤは、
 realtimesayasoubahyou070807.png
 このような動きでした。一番右側が期先のサヤです。
 昨日の時点では5,200円台だったのですが、それよりは縮小した時点での仕掛けになってしまいました。
 板寄せ銘柄での仕掛けは初めてですので、とりあえず、500円幅くらいで利食いとナンピンを考えています。

 今回、この仕掛けをしたのは、
 N-G大豆と一般大豆のサヤ比較チャート
 このサヤ比較を見て、比較的サヤ拡大の位置にあるという判断からですが、
 このサヤ縮小ねらいの仕掛けについて、いつもコメントいただくブラックショールズさんのから、「N-G大豆÷一般大豆 でのチャートではそれほど魅力的な状態ではない」という指摘をいただきました。
 チャートを見ると
 saya-daizu06-syuashi-070807.png
 上がN-G大豆-一般大豆、下がN-G大豆÷一般大豆のチャートです。
 確かに指摘の通りの部分もありますので、あまり無理せず行きたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
「-」か「÷」か
どちらがいいのか、商品相場まだまだ新米の私のとって、悩むところです。

もちろん過去のデータで検証すれば良い訳ですが、商品価格自体が全般に上がっていれば、過去のデータも役に立たないのかなと、思ってしまいます。

とうもろこしと大豆は「÷」の方が良いと、ある本で読みましたが…

むーみんさんの場合は、逆行しても余裕あるナンピンですので、NGMO大豆が15%高でも余裕かと思いますが。
2007/08/07(火) 19:35:39 | URL | ブラックショールズ #-[ 編集]
N-G大豆と一般大豆のサヤでは・・
ブラックショールズさん、コメント有り難うございます。

「-」か「÷」か・・

ガソリンと原油のように、原料と製品という関係の場合、「ガソリンの価格は、原料の価格にガソリンを精製するための費用がプラスされたもの」というイメージが強いですから、「-」が良いのではないかと思います。
もちろん、原料が高くなれば、輸送費など高くなるわけですから、製品の価格もより高くなりやすい傾向は考えられますが、現在のところ、数年前よりも高騰している原油に対して、サヤの広がりはそれほど大きなものにはなっていません。

トウモロコシと大豆など、原料と製品というような直接的な関連がない銘柄については、一方の銘柄の価格が、他方の銘柄の価格に対して何割り増しぐらいという発想がされやすいと思われます。
このような場合は、確かに「÷」の方が良さそうな感じですね。

N-G大豆と一般大豆の場合、両者の中間的なイメージがあります。
大豆の価格が全体に上がればサヤが拡大しやすくて、価格が下がれば縮小しやすい傾向があるのは確かだと思います。

サヤの検証をする際には、「-」と「÷」、両方のチャートを確認するのがベストなのだと思いますが、私の場合、建玉後の損益の増減と一致する「-」でのチャートで確認することが多くなっています。
私が最近よく使っている「サヤ比較チャート」では「÷」の設定が出来ないことも影響しているかな?

昨年、白金×0.5とゴム×5で仕掛けたときも、「-」での分析だけで「÷」での分析をしていなかった為に失敗した部分もありますので、今後は「÷」の分析も意識していきたいと思います。

今回仕掛けた大豆は納会まで1年間の余裕がありますから、それまで、サヤが拡大したり縮小したり、何度もチャンスを提供してくれることを期待しています。
2007/08/07(火) 23:21:28 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1391-4b4f87f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン