FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
昨日(1/30)のNHKスペシャル
 昨日(1/30)のNHKスペシャルでは、「原油高騰」というテーマで、原油が高騰した背景と産油国や石油メジャーの動きなどを伝えていました。

 原油が高騰した背景として、先物取引によるWTIの価格上昇が大きく影響していること。その価格上昇には、ヘッジファンドによる投機マネーが強く関わっているということを解説した後、サンフランシスコのあるヘッジファンドが、大量の注文を入れている様子などが放映されていました。
 
 先物取引の場合、実際にその価格の全額を負担するわけではなく、単純にその価格での売り買いを約束するにすぎません。
 日本の原油価格を例にすると今日の05/06の終値は 25,170円でした。
もしNYが反発して東京原油が上がると思えば、買い注文を入れればいいわけです。
これが、250万円以上を実際に支払わなければならない、となれば、私などは取引に参加することすら出来ません。
 ところが、先物取引では、わずかな証拠金だけで注文が出せるのですから、先物市場の参加者が上がると思えば、実際の受給とはかけ離れた値段になるのかもしれません。

 番組の中では、ヘッジファンドがWTIの先物市場で資金を運用することによって、莫大な利益を得ている。とも伝えていました。
 これについて、私自身は???です。確かに番組に登場したヘッジファンドでは価格の上昇局面に買いを入れていたり、逆に、原油の在庫量が増えていたことを理由に売りに転じている様子などが映されていて、そのヘッジファンドは儲かっていそうでした。
 ここで疑問がでるのは、上昇局面での買いに対して、売りで応えてくれたのは誰???。
高値での売り注文に買いで応えてくれたのは誰???。
私のような個人投資家?それとも他のヘッジファンド?
ヘッジファンドだからって大損したところもあるんじゃないの?

 それはさておき、原油が安くなって、ガソリンももう少し安くなってくれた方が、私達、一般ピープルの生活には助かるのですが・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/14-3864f398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン