趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外と底が深い、という場合も。
 今回、5/26から6/13にかけて東京ガソリン05/08と05/09のサヤ取りと6/13から7/20にかけて東京ガソリン05/09と05/10のサヤ取りの仕掛けをしました。
 7/25に東京ガソリン05/08が納会日を迎えたので05/08と05/09のサヤの推移をグラフにしてみました。
 tokyogas200508-200509.png

 ガソリンスプレッド解説  2005/02/24のグラフを見れば分かるように、過去の記録では8月限と9月限でのサヤで見た場合、2000年に1度、順ザ50円をつけているだけで、ほぼ逆ザヤで推移してきました。今回のサヤ取りを仕掛けるまで、私の頭の中では順ザヤになるかならないかぐらいが、逆ザヤの拡大とともに利益が出るサヤ取りを仕掛けた場合の「底」と考えていました。
 ですから5/25に05/08と05/09の逆ザヤが一気に縮小して300円前後になった時、少し悔しいなあ・・  2005/05/25という記事を書いているわけです。翌日5/26には更に逆ザヤが縮小して順ザヤになったので、順ザヤ40円幅で、サヤ取りの仕掛けを1組建玉しています。
 その後、更に順ザヤが進んで、5/27に順ザヤ310円幅、5/30には順ザヤ580円幅でナンピンしています。
 6/1、終値レベルとしては最も順ザヤが広がった時点で想定内?  2005/06/01を書いています。もともと、順ザヤになるかならないかぐらいが「底」と考えていたわけですから、この順ザヤの開きは、私にとっては全く想定外だったわけです。

 順ザヤの縮小に伴って、ナンピンの建玉を仕切っていくことで05/08と05/09のサヤ取りの仕掛けからは17,278円の利益を出しています。

 当初、想定外だったにもかかわらず、損切りをせずに何とか利益を出せたのは、「底」と考えていた場所での建玉でも1組だけだったのが大きな要因だったと思います。建玉が少なかったおかげで、その後の順ザヤの拡大にも対応することが出来たわけです。もし、「底」だという意識から、満玉に近い建玉をしてしまったら、その後の含み損による不安に耐えられずに損切りをしてしまったかもしれません。
 今回のサヤの動きを経験したことによって、05/08と05/09のサヤ取りを仕掛けた場合の「底」は、順ザヤ800円幅くらいかな。という印象です。ですが、今後仕掛けるに当たっては、それ以上に順ザヤが拡大することも想定しての建玉になることは言うまでもありません。

 05/08と05/09のサヤ取りでの利益が17,278円と少なかった理由の1つとして05/07と05/08のサヤの推移に影響された部分があります。
 05/08と05/09の仕切りをしたのは、05/08が2番限、05/09が3番限の時で、当限の05/07と2番限の05/08とのサヤの動きは常に気になっていました。
 そして、05/07と05/08のサヤの推移は
 tokyogas200507-200508.png
 このように、順ザヤが大きく拡大したまま終わっています。
 このサヤの推移を見て、05/08と05/09のサヤの推移も順ザヤの範囲で上下するかもしれないと考えたため、わずかな順ザヤの縮小でも利食いして、再び拡大したらまたナンピンを繰り返すことによって利益を確保しようと考えたわけです。結果的にはそれが裏目に出たわけですが・・。
 05/09と05/10のサヤ取りの仕掛けで利益が比較的良かったのは、その辺の教訓が少し生きていたかもしれません。それにしても逆ザヤがずいぶん拡大している現在まで建玉を維持していれば、もっと利益が出ているわけですから。仕切りについては改善の余地がありそうです。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/140-199d0bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン