趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CXとFX、サヤ取りの違い
  
 他のサイトのサイドカラムに、この「為替 サヤ取り入門」のバナーがあり、商品先物取引のサヤ取りをやっている私としては、興味を持ったのでクリックしてamazon.co.jpの商品紹介ページを見てみました。

 カスタマーレビューでの評価は、2.5と低く、寄せられているコメントも批判的な内容がいくつか見られます。
 
 批判的な内容のコメントの中に、
 
 著者の勧める「ユーロ/円とドル/円」でのサヤ取りが、「ユーロ/ドル」の売買をしているにすぎない。
 とか、
 著者が勧める「GBP/CHFとGBP/EUR」でのペアが、実際には「CHFとEUR」を売買しているのと何の変わりもない。
 という内容が書かれています。
 私自身も、今まで深く考えずに、そう思っていましたが、これ、本当にそうでしょうか?

 CX(商品先物取引)でサヤ取りする場合、
 例えば、金売り1枚銀買い1枚、金買い1枚白金売り1枚、というサヤ取りを同時に仕掛ければ、銀貨1枚白金売り1枚のサヤ取りを仕掛けたことと、まったく同じになります。
 相場の動きの中で、それぞれのサヤの変化によって、金売り1枚銀買い1枚を仕掛けたり、金買い1枚白金売り1枚を仕掛けたりと言うことはあることだと思いますが、
 この2つを本当に同時に仕掛けるとすると、銀貨1枚白金売り1枚とまったく同じわけですから、金の手数料分が不利なやり方と言えます。
 商品先物取引では、金の価格、銀の価格、白金の価格が存在して、その差としてサヤが生まれるので、このような関係性が成り立ちます。

 FX(外国為替証拠金取引)ではどうでしょう。
 円売りユーロ買い、円買いドル売り、の結果が、ユーロ買いドル売りと同じになるでしょうか?
 円とユーロ、円とドル、ドルとユーロ、それぞれがそれぞれの思惑で売り買いされてレートが形成されていますから、CXのような単純な三つどもえ関係は成り立たないと思います。
 ユーロ/円とドル/円の為替の変化から、ユーロ/ドルの値を正確に割り出すことは出来ないと言うことです。
  そう考えると、理屈上は、円売りユーロ買い、円買いドル売り、での一見ユーロ買いドル売り本当のユーロ売りドル買いとの間でサヤ取りが出来そうな気もしますが、手数料や売り買いの価格差の関係でなかなか難しいのでしょうね・・

 CXとFXでは、スワップ金利の有る無しなどの違いもありますが、この記事の件に関しては、今まで気がつかなかったことですので、改めて記事にしました。

 私自身は、FX(外国為替証拠金取引)でのサヤ取りは行っていないので、間違っていたらご指摘お願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1401-5de4cbbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
『価格.com』で商品先物取引会社を徹底比較!手数料は?取扱銘柄は?商品先物でもFXでも株でもそうなんですが、証券会社ってのは注意深く決めるほうがいいです。会社によって、10倍くらい手数料がちがったります。。。つまり、利益が出ていた取引でも損こいちゃうことがある
2007/08/24(金) 04:32:12 | 先物取引おもろい

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン