趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
後悔しない選択
 昨日の投資日記今日の投資日記に書いたように、現在建玉中のガソリンと灯油のサヤが昨日今日と、仕掛けの建玉時のポイントを挟んで上下しています。
 
 昨日の終値で、250ポイント分の利益が乗っていました。
 そして今日は、昨日の終値よりも若干サヤが縮小したところで寄り付いています。
 今朝の記事で、ガソリンと灯油のサヤの下げを予想していたので、「1万円前後の利益でも利食いをしてしまおうか・・」と、考えたのですが、「もう少し上げたら・・」と考えている内に、サヤはどんどん下げてしまい、結局利食いのチャンスを逃してしまいました。
 その後、サヤ幅は下げ続け、14時前後には1800ポイント前後まで下げています。
 こうなってくると「寄り付き直後に利食いして、再びここで仕掛けていたら・・」という考えが頭をもたげてきます。
 最終的には、引けにかけてサヤ幅は急上昇したため、昨日よりも含み損が増えた状態になっていますが、微妙な心境です。

 さて、「後悔しない選択」このテーマは、今日の午前、私が利食いをしそこなった頃に、ものみの塔の方が訪ねて来られて、「後悔しない選択をするためにはどうしたらよいか、ここに書かれています」と小冊子を見せてくれたことから由来します。
 
 「後悔しない選択って、難しいですよね~。何かを選択した直後に後悔しても、後になって、それで良かったと思うことも有るし・・」などと、数分間会話をした後、ものみの塔の方は小冊子を持って帰られてしまったので、実際どんなことが書いてあったのかは分かりませんが・・。

 私の場合、冒頭にも書いたように、取引をしていて、後悔するケースがちょくちょく有ります。
 「サヤ幅が○○ポイントになったら建玉」とか書いていますが、実際には、だいたいの目安にしているだけで、建玉も仕切りも、その時の気分でやっているところが多いのが原因かもしれません。
 特に仕切りの場面での後悔は多い気がします。
 利小で利食いをして後、相場が大きく動いて「もう少し待っていれば・・」と後悔したり、利大にしようと利食いを我慢していたら利食いのチャンスを逃してしまったり・・。

 心の中はどうであれ、仕掛けるとか、仕切るとか、様子を見るとか、ある時点で何かを判断して、行動すれば(行動しなければ)、それに伴った結果が必ず生じます。
 良い結果もあれば、悪い結果もあるでしょう。

 「後悔しない選択」=「良い結果しかもたらさない選択」
 普通は、このように捉えると思いますが、そんなこと可能でしょうか?
 相場の世界で、良い結果しかもたらさない選択が出来るとしたら、最高だと思いますが、そんなことは、まあ、無理でしょう。

 と考えると、
 「後悔しない選択」=「どんな結果になっても後悔しない選択」
 なのかもしれません。
 ものみの塔の人だったら、「聖書に従って判断し、行動したら、どんな結果になってもその結果を神の意志として受け入れられる」ということかも・・。
 小冊子を読んでいないでので本当のことは分かりませんが・・。

 「相場での結果については、どんな結果でも相場の神の意志として受け入れる」こう考えたらよいのかな?

 商品先物取引や、それ以外のことに関しても、悪い結果になったとき、その判断と行動に対して、「後悔」というマイナスな感情は少なくして、前向きな捉え方が出来るようになったらいいですね。
 以前、
   「天使の分け前」  2006/01/26
 と言う記事を書きましたが、こんな考え方をするのも1つの方法かと思います。 

 また、きっちり計画を立てて、それを機械的に実行する、というシステムトレード的なやり方であれば、「後悔」という感情は少なくてすむかもしれませんね。
 システムトレードでも、システムが上手く機能しなくなったりしてくるとその運用について、いろんな思いが湧いてくるとは思いますが・・。

 「趣味として商品先物取引を楽しむ」このスタンスを忘れずに、これからもやっていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1501-c08875a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン