趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去のデータ分析だけで良いものか・・。
 今日(2007/11/19)のNHKスペシャル「ファンドマネーが食を操る ~穀物高騰の裏で~」、なかなか面白かったですね。
 
 トウモロコシの作柄など、需要と供給の関係で価格が決定されていたものが、ファンドマネーの影響で今までとはまったく変わった値動きをするようになった来ていると言うことを、アメリカのトウモロコシ農家、ファンド、日本の商社などの立場から、分析したものでした。
 バイオエタノールとトウモロコシ、トウモロコシと大豆、日本向けに生産されているN-G大豆についても理解が深まった気がします。

 昨年(2006/05/19)放送された「アマゾンの攻防 ~日・中・米 大豆争奪戦~ 」も衝撃的な内容でしたが、今回も、日本の今後の食糧問題について、心配になる内容でした。
 また、同時に、「ファンドマネーが食を操る」という表題が示す通り、巨大なファンドが穀物市場を始めとする商品市場に入ってきたことで、今までとはまったく異なる価格の動きが作られているというここともよく分かりました。

 今日の投資日記では、N-G大豆と一般大豆のサヤ取りについて、過去のデータを元に分析を行い、そろそろ仕掛け時かも?という内容のものでしたが、単純に過去のデータだけでの分析では、ファンドの動きに飲み込まれてしまうのかな?という不安を感じています。
 
 先日まで仕掛けていたガソリンと灯油4月限のサヤもそうだったですが、過去のデータからの予想を上回る動きに翻弄されることも、多くなりそうです。

 とりあえず出来ることは、
 「仕掛けをあまり焦らない」ということ。
 また、
 「過去のデータから、○○までサヤが開くことはまず無い、などと断定的に考えて、大きなポジションを取らない」
 ことが大切だと思います。
 予想外の動きになる場合が有ることをしっかり想定して、リスクマネージメントをしっかりしながら取り組んでいきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
私もみました
最近、商品先物に関する話題が多いですね。やはりこれだけ高騰すれば…ということでしょう。

やっぱり出てきた、CME。
フロアトレイダーの言葉が印象的でした。
「今までは我々が値決めをしていたが、今はファンドだ」

むーみんさんが感じられていること、私も同感です。
それで最近鞘取りを躊躇してしまいます…。
2007/11/20(火) 16:39:48 | URL | ブラックショールズ #-[ 編集]
少ないリスクで・・
ブラックショールズさん、コメント有り難うございます。
「NHKスペシャル」、興味深いテーマが多いのでよく見ています。

さて、最近の大きな値動きによって、サヤの変動幅も読みにくくなっていますので、建玉後に大きく逆行される場合などを考えると、確かに建玉を躊躇する感覚は出てきますね・・。
http://futures.blog4.fc2.com/blog-entry-592.html
この記事で書いたように、「一般投資家にとってのリスクヘッジは、建玉しないこと」だと考えていますので、仕事ではなく、趣味でやっている私としては、躊躇するような気持ちが湧いたら、建玉しない方針でいきたいと思います。

先日まで私が建玉していた、ガソリンと灯油のサヤでは、4月限の組合せで一時マイナスまで下げた後、結局戻ってきましたし、金と白金×0.5のサヤでも、結果的に見れば、サヤ幅を戻していますので、異常なサヤは修正されるという原則がまったくくずれているのではなく、異常なサヤ幅になる度合いが、大きくなっていると考えることも出来ると思います。
ナンピンの間隔を広げて余裕を持たせるとか、建玉を躊躇している間に、サヤが大きく変動したら、建玉してみるとか・・。
とりあえずバーチャルで建玉してみて、大きく逆行したら建玉するとか・・。
楽しみながら、少ないリスクで商品先物取引と関わっていけたら・・と考えています。
2007/11/20(火) 20:26:41 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1562-6a88f264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン