趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局仕掛けられず・・
 今日の様子見画面です。
 futuresanalyst-yousumi071129.png
 ガソリンは思ったほどには下げませんでした。
 サヤチャートを見ると、ガソリン期先のスプレッドが逆ザヤになりました。
 これから、逆ザヤ方向に大きく動くようなら、逆ザヤ縮小方向での仕掛けも有りかもしれませんが、まだしばらくは様子見です。

 昨日の投資日記の中に、岡地株式会社の営業マンが、私の家を訪ねてきたことを書きました。
 昨日の時点では、仕事の都合であまり話をする時間がなかったのですが、今日、午前中、再び訪ねてこられて、たまたま私も時間が空いていたので、いろいろ話をして帰って行かれました。

 昨日、N-G大豆と一般大豆のサヤについて少し話して帰られたので、私のパソコンの気配値によるリアルタイムサヤ相場表でN-G大豆と一般大豆のサヤをチェックして見たのですが、ちょうど、前3場節で一般大豆の取り引きが終わり、N-G大豆の3番限まで進んでいるところでした。

 期近では、大きくサヤが縮小ししていて、期先もこれにつれて縮小してくるようにも感じられたので、「とりあえず前3場節でN-G大豆5枚売りで仕掛けて、後1場節での一般大豆の買いを入れると言うことで行ってみます。」と、営業マンの見ている前で、オムニコ【エクステンション】にログインして、N-G大豆の売り注文を入力しました。
 オムニコ【エクステンション】では、立ち会い中に発注が出来るので、先限の取り引きが始まるまで「オムニコさん、来年の3月末まで手数料無料なんですよ・・。」なんて話しながら、リアルタイムサヤ相場表を見ていました。
 その間、その営業マンは、会社に電話をして、市場の動きを聞き、リアルタイムサヤ相場表で立ち会い中の限月の価格が刻々と変化しているのがほぼリアルタイムであることを確認してくれたりもしました。
 そして、もうすぐ期先限月の取り引きが始まるかな・・、と言うところで、「N-G大豆、後場になったら戻しそうですから、今仕掛けるのは止めた方が良いですよ」とアドバイスしてくれました。
 そのアドバイスを元に、結局仕掛けるのを止めたわけですが、その後、後1場節、後2場節と縮小したサヤは、後3場節、N-G大豆の期先だけが上げて引け、期先のサヤに関しては前3場節時点と比べ拡大して引けています。
 岡地で持っているN-G大豆期先の売り建て玉の枚数などを元にしたアドバイスだったのですが、結果的に、期先については営業マンの言った通りに動いた感じですね。
 realtimesayasoubahyou071129.png
 今日の全体の縮小を見れば、昨日の時点で建玉していれば・・、という感は否めないですが、これはしょうがないですね。
 私としては、再び、拡大してくれると嬉しいのですが、このまま縮小してしまいそうな気もしますね・・。
 再び拡大したら建玉ということで、様子を見ていきたいと思います。

 ところで、商品先物取引に関する法律が改正されてから、商品先物取引会社からの営業電話や営業の方の訪問はかなり少なくなっています。
 私は、こうして商品先物取引をやっていますので、時間があれば、よく話をしています。
 営業マンから話を聞くと言うよりも、私が、自分の投資手法や相場についての考え、リスクマネージメントについての考え方などを力説して営業マンに聞いてもらう感じになります。
 岡地株式会社の営業マン、Kさん、長々と私の話を聞いていただき、有り難うございした。
 
 営業マンは、当然、対面取引の口座開設を営業するわけですが、オンライントレードと対面取引を比べて、やはり手数料の違いは大きいですね・・。
 特に、サヤ取りではサヤの変動に対して、2枚分の手数料が必要となります。
 オンライントレードでN-G大豆と一般大豆のサヤ取りを仕掛けた場合、ドットコモディティ【Formula】では、抜け幅60円なのに対して、岡地株式会社の対面取引では、500円ほどになるそうです。
 おまけに現在、オムニコ【エクステンション】では、3月末まで手数料無料ですから、比べものになりません。
 後は、今日のような内部要因的な情報に対して、手数料分以上の価値を見いだせるかどうかだと思いますが・・。
 そう考えると、オンライントレードが広がってきた現状、商品先物取引会社の営業は、本当に大変な仕事だと思います。
 今日の営業マン、Kさんによると、300件電話を掛けて1件のアポイントが取れるかどうか、ということでした。
 そうやって、苦労して講座を開設してもらったお客さんならばこそ、多くの建玉で失敗するパターンではなく、リスクマネージメントについてプロの立場からしっかりと指導をして、長期的に利益を出せるように導いていってもらいたいものだと思います。

 営業マンのKさんには、このブログのことも話して、読んだら是非コメントを書いていただきたいと話しておきましたが、コメントしてくれるかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1579-6814f028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「株 ここが違う!勝ち続ける株式投資、儲ける為の売買ルール徹底解明!」実は私デイトレードで破産しかけました。ネット証券の出現によりデイトレードがクローズアップされ 何億と稼ぐカリスマ投資家が誕生しました。「こ
2007/11/29(木) 19:10:41 | 初心者のためのネットで株取引・FXのいろは

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン