趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
確定申告、e-Taxなら・・
   平成19年分の確定申告(損失の申告)  2008/02/22
 この記事では、商品先物取引で損失が生じた場合の確定申告書の第4表(損失申告用)への記入について書きました。
 
 この記事で書いているように、国税庁ホームページ確定申告書等作成コーナーでは、ブラウザ上から、確定申告書の第4表(損失申告用)の記入作成が出来ないため、ダウンロードした確定申告書の第4表(損失申告用)のPDFファイルを印刷して、そこに手書きする必要が有ります。

 現在、税金の申告には、電子申告(e-Tax)の制度が有り、確定申告書等作成コーナーで作成したデータをe-Taxに送信することも出来るようになっています。

 上記のように確定申告書の第4表(損失申告用)への記入を手書きで行わなければならないとなると、損失の申告の場合はe-Tax出来ないのかな?
 という疑問が湧いてきます。

 早速、関東信越国税局の税務相談室に問い合わせてみました。
 その結果、
 e-Taxの手続きをすると提供されるe-Taxソフトでは、ソフト上で確定申告書の第4表(損失申告用)への記載も行うことが出来る、ということです。
 確定申告の際、e-Taxを利用すれば、商品先物取引についての申告も含め、全て自宅で行うことができるということになります。

 e-Taxは、わざわざ税務署に行く必要がないなど、メリットがあるわけですが、直接税務署に行き、保険料控除などの書類を確認してもらった上で申告して、確定申告書の控えに「収受」の印を押してもらうと、申告をしたという、アナログ的な実感があるんですよね・・。
 私としては、今後もしばらくは税務署で申告したいと考えています。

 税務署でに申告する場合も、e-Taxを利用する場合も、早めの申告を心掛けましょう。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1727-d89f9e6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン