FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
ドットコモディティの手数料、どうなるのかな?
 商品先物オンライン取引の手数料では、今まで、大起産業が通常往復420円、日計り往復210円と最安値でしたが、4月に入り、オムニコが、通常往復378円、日計り往復189円という大変格安な手数料を打ち出してきました。
 また、オクトキュービックも通常往復手数料を420円に引き下げています。

 市場がどんどん拡大して、取引量が増えているようならまだしも、出来高も減少傾向してきているこの時期に手数料の引き下げ・・、

 私たち個人投資家の立場からすれば非常に嬉しいことですが、取引会社経営者としたら苦渋の選択なんでしょうね・・。
 手数料を半額にしてしまったら、出来高が倍にならなければ元が取れないわけですし、大変なことだと思います。

 ただ、これから、取引時間が延長されることで新しく商品先物取引に参加する人が増えると考えると、新規口座開設者にとっては、手数料の安さが大きな魅力として映ることは間違い有りません。
 手数料の安さに魅力を感じて、商品先物取引に新たな参加者が増えることを期待したいところです。

 さて、私が主に取引をしているドットコモディティでも、5月に、新しい手数料体系への変更が有るようです。
 これまでドットコモディティでは、ひまわりCX、アストマックスフューチャーズとの統合後、それぞれの会社で使われていた取引ツールと手数料体系を並行して提供していましたが、4月下旬には、「サイバートレーダーPro」が「Formula」に統合されるなど、本格的に統合の動きが進んでいます。

 私にとっては、「Formula」のサヤ取りシステムとサヤ取り手数料が大きな魅力だったわけですが、新手数料体系がどのようなものになるのか、非常に気になるところです。
 大きな魅力だったサヤ取り手数料の制度は、是非残して欲しいですね。
 新しい手数料が現在のよりも必ず安くなるとも限らないので、不安もありますが、オムニコやオクトキュービックの動きを受けて、少しでも安くなってくれることを期待しています。
コメント
この記事へのコメント
板寄せ場中注文できなくなりますね
旧ひまわりのサイバートレーダーをメインに使っていますが板寄せでの場中注文ができなくなるのは痛いです.
それにしてもガソ:灯油,やられまくりました.
商品から撤退してFXへ軸足を移して行こうと考えています.
2008/04/09(水) 13:30:33 | URL | キャプテンフューチャー #-[ 編集]
確かに、場中注文は・・
キャプテンフューチャーさん、コメント有り難うございます。
確かに、板寄せ銘柄の取引をしている人にとっては、場中注文が出来ないのは難点ですね。
ガソリンと灯油のサヤ、今日は特に大きく下げていますね。
私も大きく含み損がましましたが、少ない建玉ですので、もうしばらく付き合ってみたいと考えています。
どうなることか・・


2008/04/09(水) 16:40:07 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1792-7ef4118d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン