趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドットコモディティ新手数料体系
 私がメインの取引会社として利用している、ドットコモディティで、6月2日(月)から適用される、新手数料体系が発表されました。
 tesuuryou080510.png

 サヤトリコースを選択した場合、
 サヤ取り専用画面からの発注で、1枚往復480円となります。
 サヤ取り専用画面以外からの通常取引は、1枚往復960円となります。

 一律コースでは、
 全ての取引が一律、1枚往復900円となります。

 金ミニの手数料は今までと変わらず、一律コース、サヤトリコース、ともに1枚往復200円です。

 今までは、サヤ取り専用画面からのサヤ取り手数料は、1枚往復450円でしたので、若干値上がりしてしまいました。
 手数料の値下げを期待していたので、ちょっと残念ですね・・。

 今までよりも若干高くなったとは言え、サヤ取り専門の私にとっては、1枚往復480円という手数料はまだまだ魅力的ですし、使い慣れたサヤ専用取引画面や、チャートソフト「 Futures Analyst Perfect Version 」を利用できるメリットは大きいですので、今後も当面は、ドットコモディティを、メインの取引会社として利用していくつもりでいます。

 手数料だけ見れば、オムニコ【エクステンション】が、かなり安くなっていますので、取引の銘柄や、手法によって、上手く使い分けていきたいと考えています。

 商品先物取引は、最近、出来高が少なくなっていますので、手数料をどのように設定するかは、取引会社の存続に関わる重要な部分なんだろうと思います。
 取引する側としたら、安ければ安いほど有り難いわけですが・・。
 取引会社としたら、手数料を安くすれば、取引量が増えてもなかなか利益が上がらないと言うことになってしまいます。
 今回のドットコモディティ新手数料体系にも、その辺の微妙な感じが現れている気がします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1841-db2e036b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン