趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リスクマネージメント
 以前、ひまわりCXの「インベスターズ・アカデミー」という商品先物取引講座で、あるコインゲームについての記載が有りました。
 ひまわりCXは、ドットコモディティに統合され、「インベスターズ・アカデミー」も無くなってしまいましたが、ここで紹介されていたコインゲームは、リスクマネージメントの大切さを理解する上で、とても分かりやすい事例ですので、紹介したいと思います。
 
 紹介されていたやり方とは、微妙に違いますが、リスクマネージメントの重要性が分かるよう、簡略化しました。
 表、裏を当てるコインゲームで当たったときは賭け金の2倍の利益、外れたときは賭け金分だけの損失ということにします。
 持ち金100万円から始めて、賭け金は持ち金に対して一定の割合でかけていきます。4万円を切ったところで破産、ということとします。
 当たる確率は50パーセントなのに対し、当たった場合の利益は外れたときの倍になるという、かなり有利な条件です。

 実際に私がコインを20回投げての結果は
×○○○×○×○××○×○○×○×○××と、丁度当たりはずれが10回ずつになりました。

賭け金のかけ方(持ち金に対するパーセント)によってどのように持ち金が変化するのかを計算した表です。
 
 小数点以下は切り捨ててあります。

 勝率が50パーセント、買ったときには賭け金の2倍の利益、負けたときは賭け金分だけの損失という、かなり良い条件であるにもかかわらず、賭け金50パーセントで、やっとトントンという結果に驚きました。商品先物取引はハイリスク、ハイリターンという言われ方をしますが、リスクを高くして賭け金を増やしていくと、ハイリターンになるどころか結局は破産してしまいます。ハイリターンにするためにはリスクを適切に設定しなければいけないわけです。

 70パーセント以上では、最終的に破産状態になってしまいますが、たまたま1敗した後3連勝しているため、その時点では持ち金がかなり増えています。自分が実際にこの勝負をしていたとして、その時考えることは何だろう?
 ここまでは3勝1敗、勝率75パーセント、70パーセントの賭け金でやっていたらその時点で4,147,200円の持ち金です。元金の4倍を超える状態です。たぶん、相当有頂天になりますね。はじめの4回で4倍だから8回目にはその4倍、20回目までいったら・・・・、なんて計算をしてしまうかもしれません。そして地獄へ落とされるわけです。

 このコインゲームでは勝ったときは賭け金の2倍の利益、負けたときは賭け金分の損失という有利な条件が設定されていました。20回コインを投げた後、利益か出ているためにしなければならなかったことは、持ち金に対する賭け金の割合を低くする。ただこれだけです。これだけの有利な条件でも、賭け金の割合を高くしただけで破産してしまいます。我々個人投資家が、資金を失って先物市場から撤退していくことになる理由の多くがこの辺にありそうです。
 それぞれの投資家が、様々な投資手法で勝率を上げようとしたり、損小利大で利益を伸ばそうと工夫します。それも大切ですが、まず資金に対する建玉の割合を低く抑えることが非常に大切だと言うことが分かります。
 実際の商品先物取引では、銘柄や取引手法によって、勝率や1回の取引での損益が違いますのでこの表がそのまま当てはまるわけではありません。
 例えば、ガソリンの片張りをしている場合、イラク戦争開戦直後などストップ安の状態が3~4日続きました。買いを建てていた人は仕切ろうにも仕切れないため証拠金額の3倍から4倍の損失を被ったわけです。 この表では、20パーセントと30パーセントの賭け金の場合が最も効率よく利益を伸ばしていますが、そのような状況でも、資金を全て失ったり、大きな借金をしないためには、もっと少ない割合での建玉にしておかなくてはなりません。逆に、同じガソリンでもデイトレードの場合は、損失を少なく設定できるので、ある程度は建玉の割合を増やしてもいいかもしれません。
 自分の資金、投資手法ででどの程度の建玉が最も有効なのか。研究してみるのも良いかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
実際やってみると
そうですよね。
実際自分でコイン振ってみたら実感しますよね!
2006/02/01(水) 08:23:33 | URL | ちせ #-[ 編集]
ちせさん、今後ともよろしく。
ちせさん、コメント有り難うございます。
ちせさんのように、実際にやってみて、実感してもらうと、より、リスクマネージメントの大切さが分かると思います。
取引で少し上手くいくと、つい、建玉数を増やしたいという気持ちが湧いてきますが、悪魔のささやきですよね。
ちせさんのサイトもためになる記事が多くて、これからも見に行きたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
2006/02/01(水) 09:22:01 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/188-d9e014ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン