趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高速バスで・・
 7/27、日曜日、仕事の関係で東京に出張に行っていたのですが、その帰り道、高速バスで読書をしてきました。
 となり(窓側)に乗っていた女性が、私が本を読もうとしているのに気がつくと、「読書灯つけましょうか?」と言って読書灯をつけてくれたり、読み終えてカバンに本を片付けていると、「消しましょうか?」と言って読書灯を消してくれたりと、大変親切にしてくれました。

 その女性の方も、熱心に読書をしていらっしゃって、チラッと目をやると、「金投資」という言葉が目に飛び込んできたので、思わず、「どんな本を読まれているんですか?」と声をかけて、その本を見せていただくと、
    
 という本でした。
 社長秘書をしているらしく、その本は、社長に勧められて読んでいるということでした。
 その女性の話では、書籍の中では、「金投資」と言っても現物の金ではなく、金ETFを奨めているということでした。

 「やっぱり今の経済、危ないですかね~」
 「資産を保全する方法としては、やっぱり金なんですかね~」
 「海外のタックスフリーの国に資産を逃がすという手もあるかも・・」
 「金ETFを買うなら、商品先物取引で買いを建てても同じような効果が出せるかもしれないですね」
 などと話をした後、私の下車停留所に到着して、別れてきました。

 現在のアメリカの経済状況、日本の経済状況に対して、「もうそろそろ危ないのではないか・・」と考える人は多いみたいで、その混乱を、どのように乗り切り、チャンスに変えるか、と考えたとき、資産価値が安定している金に投資するという考えはよく分かりますね。
 松藤民輔の書籍は今まで読んだことが無いので、機会を見つけて、読んでみたいと感じました。

 ところで、バスの中で私が読んできた本は、
    
 でした。
 表題の通り、FXについての書籍ですが、参考になる部分が沢山あります。オススメの一冊です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/1973-2741f8bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン