趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デイトレードに利用できる指標として・・
   フューチャーズアナリストの売買サイン  06/09/27
 この記事は、移動平均線を元にして表示される売買サインが、トレンドの変換を見極めるサインとして有効ではないか・・、という内容でした。

 最近、外電の価格変化が大きくなり、オーバーナイトでの片張りは、かなりリスクが高い状況になってきています。
 そこで、デイトレードで片張りする場合の指標として有効な指標を見つけたいと考えて、改めて、ドットコモディティのチャートソフト「フューチャーズアナリスト」を使って表示できるテクニカル分析をいろいろと見てみました。
 その中で、これは使えるかも・・、と感じたものの1つが「平均コマ足」です。

 tecnical-heikinkomaashi080823.png
 上部に移動平均線による売買サインを表示したチャートを表示し、その下に平均コマ足を表示してあります。
 
 移動平均線による売買サインと似たタイミングでトレンドが変換しているのが分かりますが、平均コマ足の方が、チャートとしてトレンド変換や継続性を掴みやすい印象です。
 何より、とても単純な感じなのが私好みです。
 デイトレードなどで使う場合、どのようなコマが出現したら仕掛け、また、仕切る(利食いor損切り)のかというルールを研究すると、それなりに利益が出そうに見えます。
 
 「平均コマ足」以外で気になっているのは、「RSI移動平均」のチャートです。
 tecnical-RSIidouheikin080823.png
 RSI移動平均とSlowRSI移動平均のラインが、いいタイミングでクロスしているように見えますが、どうでしょうか・・。
 フューチャーズアナリストのテクニカル分析設定でRSI移動平均とSlowRSI移動平均による売買サインを表示するように変更して、
 tecnical-RSIidouheikin080823c.png
 RSI移動平均による売買サインを表示すると、
 tecnical-RSIidouheikin080823b.png
 こんな感じです。
 移動平均線による売買サインや、平均コマ足に比べ、若干早めにトレンドの変換を知らせてくれるように感じますね。 

 本業が忙しくて、デイトレードはなかなか出来ませんが、暇なときに、先ずはバーチャルで試してみたいと考えています。 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2012-41772d5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン