趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白金ミニが上場されるとか・・
 東京工業品取引所において、11月を目処に白金のミニ取引が上場されるというニュースが報じられています。
 白金の標準取引は取引単位500グラムですが、ミニ取引では5分の1の100グラムになるそうです。

 現在、金と白金×0.5(金1枚と白金1枚)でのサヤ取りについて注目していますが、ミニ取引での売買だと、金ミニ2枚、白金ミニ1枚ということになります。

 ミニ取引では、現在、フジF「Venus(ヴィーナス)」の1枚往復100円が、最も安い手数料となっています。
 この手数料だと、1組300円で建玉出来ることになります。
 標準取引の5分の1の資金効率になりますので、標準取引で1,500円の手数料で建玉するのと同じことになります。

 フジF「Venus(ヴィーナス)」では、標準取引の手数料は、1枚往復787円ですので、資金効率的には、フジフューチャーズで標準取引の金1枚と白金1枚で仕掛けるよりも、金ミニ2枚と白金ミニ1枚で仕掛けた方がお得ということになります。
 もちろん、標準取引では、ドットコモディティ【Formula】のサヤ取り手数料1枚往復480円や、オムニコ(10月16日まで営業停止中)の1枚往復378円で仕掛けた方がお得なわけですが、金ミニ2枚と白金ミニ1枚が300円というのは、それほど悪くない印象です。
 
 ということで、私としては、金と白金×0.5のサヤに、俄然注目度アップなわけですが、そのためには、白金ミニが6限月制でスタートすること、白金ミニ上場直後からフジF「Venus(ヴィーナス)」で取引可能になる必要が有ります。
 是非お願いしたいところですね。

 もし、3限月制で上場されるとしても、金ミニ同様、現物の受け渡しが無いのでしょうから、金ミニの上場時のように期近3限月での上場ではなく、期先3限月に合わせた3限月制で上場してくれた方が、有り難いと考えますが、そう感じるのは私だけかな・・・?

 それから、ドットコモディティ【Formula】でも、アストマックスフューチャーズの頃のようにミニ取引1枚往復100円の手数料を復活してくれると有り難いのですが・・、無理かな~。

 また、
   ガソリンもミニ取引が出来れば・・  2008/06/09
 で書いたように、今後、東京ガソリンにも取引単位10キロリットルのミニ取引が出来れば、中部ガソリンとのアービトラージがやりやすくなって面白くなると思いますがどうでしょうか・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2017-2145edfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン