趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白金ミニの取引が開始されました。
 今日(2008/11/10)から、白金ミニの取引が開始されました。

 当然ではありますが、
ドットコモディティ 「 Futures Analyst Perfect Version
北辰物産株式会社 「 DIAS Professional Edition
オムニコ 「 Extension 情報系

 などのソフトでも、白金ミニに対応してバージョンアップしています。

 私が口座を開設している取引会社での白金ミニの手数料は、
フジフューチャーズが、1枚往復100円(税込)
ドットコモディティが、1枚往復200円(税込)
オムニコが、1枚往復336円(税込)、日計り168円(税込)
北辰物産株式会社が、1枚往復420円(税込)、日計り210円(税込)
 となっています。

 その他では、
・インヴァスト証券の1枚往復160円(税込)、日計り80円(税込)
 というのもありますが、

 日計りだけでなく、通常取引を利用するような場合、フジフューチャーズ1枚往復100円(税込) というのが使いやすそうですね・・。

 さて、白金ミニの取引については、以前、
   白金ミニが上場されるとか・・  2008/08/27
 この記事で、取り上げました。
 また、 
   ガソリンは下げ幅を縮めて引けました。  08/10/23へのコメント では、金と白金でのサヤ取りをした場合の取引枚数の比率や、サヤ取りと片張り取引についても触れています。
 
 金と白金でのサヤ取りをするか、金、白金それぞれで片張り取引するか、悩ましいところですが、どちらにしても、相場の動きが激しい昨今、ミニ取引が出来るのは、リスクの低減という意味で有り難いことだと思います。
 また、フジフューチャーズの取引手数料、1枚往復100円(税込)なら、通常取引同様、抜け幅が1円となりますので、ミニ取引によるデメリットをほとんど感じなくても良いところも嬉しいところです。

 後、願わくば、白金ミニの上場を期に、出来高が増加してくれることを期待しています。 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2155-2c8ae51e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン