趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不安と恐怖と心の平安
 昨日は、東京金の価格が18円下がって1,399円たため、1,424円の買い1枚に対して、含み損が25,000円になっています。
 下がったらナンピンというルールを決めて余裕を持って建て玉していても、正直、含み損が増えてくるのは嫌なものです。

 私の場合、だいたい毎朝お世話になっているフジフューチャーズのサイト
http://www.fuji-ft.co.jp/newspaper/frame.htmで前日のNYの価格をチェックしています。
 私は今、買いを建てているので、基本的には上がってくれた方が嬉しいわけで、そんな期待と下がってくるのかな?という不安の入り混じったような感覚で画面をクリックします。
 今まで投資手法で書いているように、1,424円買いの建て玉より40円下がったところで、ナンピンすることを決めているので、下がるんだったらいっそドカーンと下がって50円下などでナンピン買いが出来れば、その方が効率が良いわけです。今朝は、「下がるならドカーンと下がれ」というような強気な気持ちを込めてクリックしていました。
 実際は-2.7ドル、微妙なところです。もしかしたら、月曜日1,384円のナンピン買いが通るかどうか・・・。
 ナンピン買いをして、その後順調に上がるとも限りません。そう思って、このまま東京金の価格が下がっていった場合をシミュレーションしてみました。

   価格   建て玉数   含み損
   1,424円   1枚       0円   
   1,384円   2枚     40,000円
   1,344円   3枚    120,000円
   1,304円   4枚    240,000円
   1,264円   5枚    400,000円
   1,224円   6枚    600,000円

 約300万円程預けてあるので、このぐらいまでは大丈夫といえば大丈夫なのですが、実際に1,300円を切ってくるようだとかなり精神的にきつくなってくるように思います。

 また、上記のような表を紙の上に書いてしまうと、現実に起こる筋書きのような気がして、突然、言いしれぬ不安感に襲われました。
 このままどんどん下がっていって1,000円台になるなんてことも可能性としてあるのだろうか。とか、やっはりサヤ取りだけにして単品売買には手を出すんではなかった。マイナス40,000円くらいなら損切りしてしまった方が気が楽なのではないか?など弱気の思考が頭の中をくるぐる巡ってしまいました。
 まだ1枚目のナンピンもしていないのに・・・。
 
 最終的に、私の気持ちが落ち着いた結論は、
 ナンピンは3枚まで。
 その後価格が下がっても、ナンピン買いはせず、3キロの金地金を買ったつもりで含み損を維持しながら価格が上がるまで保有する(納会がきたら期先の限月に買い換える)。

 というものです。

 これが良いかどうかは別として、とりあえずのシナリオが出来たところで、今、私の気持ちは平安な状態に戻っています。

 今日は、仕事中、こんなことばかり考えていました。
 このブログのテーマである仕事に支障を来さない範囲で趣味として先物取引と関わるのはなかなか難しいものだと改めて実感しております。
コメント
この記事へのコメント
ナンピン
むーみんさん、こんばんは
ナンピンは難しそうですね^^

団子にならないように、値幅はきっちりとらないと、不利な建ち玉になっちゃいますしね。
枚数増やそうとすると、どうしても団子になりがちです^^;

ぼちぼち行きましょう!

2005/02/07(月) 20:21:05 | URL | kamedas #kyBjvhlc[ 編集]
ナンピン難しいですねー
趣味でやるのならしばらくナンピンは避けた方がいいのかもしれません。
本業があるならなおさらです。
ナンピンするってことは引かされてるってことで、3回ナンピンするということは本証拠金の1.5倍以上のマイナスが出ているということですよね。仕事が手に付かなくなったりする人もいるので出来れば損切りを基本にした方がいいと思います。

すみません、個人的な意見です。
押し付けるつもりはないです。
お互い頑張りましょう。
2005/02/12(土) 00:25:09 | URL | りょー #co9xvPLk[ 編集]
おっしゃるとおり
りょーさん、こんにちは。
りょうーさんのおっしゃるとおり、ナンピンをすることにしていても実際に価格が下げてくるとそのプレッシャーってすごいですよね。

私の場合、今の経済状況で金の価格はそんなに下がらないだろうと考えて、実際に金を買えるくらいお金を預けて、その範囲内での取引枚数にしていれば、下がって含み損が出てきても実際に買ってその現物の価値が下がったと考えることでそのプレッシャーが少なくてすむのではないかと考えたわけです。ナンピンの幅もかなり広くしているのも、取引枚数が急に増えないようにするためです。

そうはいっても、含み損が出てくると気分はかなりブルーです。そして、人の心理というのは、下がってくるともっと下がるのではないかという不安感、恐怖感が増幅してきます。

金の方は2/14にはたぶんプラスに転じるくらい上げてくると思うので、とりあえずそこで仕切ろうと考えいます。そして、またガーンと下げてくるようなら同じように仕掛けるかもしれません。

基本的にはサヤ取り中心でいった方が気が楽ですからね。
2005/02/12(土) 07:50:14 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/22-51f80d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン