趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「赤信号、みんなで渡れば・・」金融危機に対する秘策?
 昨年末、アメリカのFRBが、財務省からの長期国債購入を検討している、と報じられたことに対して、以下のような記事を書きました。
 
   中央銀行の国債購入について  2008/12/17

 この記事で書いたように、中央銀行が国債を買い取ると言うことは、ただ刷った紙幣をばらまくような行為で、普通は法律で禁止されている行為です。
※中央銀行が直接、政府から国債を買い取ることが禁止されている、ということで、現在、日本銀行では、銀行が所有する国債を買い取るということが行われています。
 
 アメリカもそうでしょうが、日本においても、「金融危機への対策」という名目で、多額の公的資金が支出され、益々、国の借金は増えそうな感じです。
 
 日本の政治家も、増え続ける国債をいったいどうするんだ?ということには、まったく答えを見いだせないまま、「景気対策のためにはやむを得ない」ということで、公的資金による景気対策が行われていくことになると思います。

 結局のところ、私たちの次の世代、子供達に借金を背負わすことになるのですが、その子供達も、少子化で一人一人の負担は計り知れないものになって行くことでしょう。

 そんな状況から「日本政府は既に破産状態だ」ということが言われるわけですが・・

 破産回避策として、「ハイパーインフレが起こす」ということが言われたりもしています。
 でも、ハイパーインフレって、どうやったら起こすことが出来るのでしょう?
 現在でも、ほぼゼロ金利に高い、超インフレ政策をしているのに、この状況です。
 
 昨年前半、原油高騰などによって、物価が大きく上昇しましたが、一般市民の収入は増えるどころか、却って減るような状況で物価だけが上昇する、「スタグフレーション」という状況だったように思います。
 一般市民の額面上の収入が増えるようなインフレが起きなければ、国の税収が上がって、国債返済というわけには行きません。
 また、単純に好景気によるインフレで発生したお金というのは、
   政策金利引き下げの効果は?  08/10/30
   最近の商品先物取引業界と現在の経済状況  08/12/03
 これらの記事で書いたように、誰かの借金によるお金な分けですから、根本的に世の中の借金は増え続けるわけです。

 ハイパーインフレを発生するために最も有効な手段。

 それは、中央銀行(日本銀行)が、現在のような銀行からの国債買取の他、更に日本政府から直接、国債買取を行うことによって、お金をばらまくことではないでしょうか?
 それぐらいしないとハイパーインフレ、起こせないと思います。

 この方法で行くと・・
 国債を日銀が買い取るわけですから、日銀に対する国の借金はどんどん増えてしまいますね・・。
 
 普通、借金というのは、その金額が増えれば、返済できない可能性が高くなりますから、それによって借りるときの金利が高くなったり、もう貸してくれなくなます。
 もし、日本銀行が、国債を無限に買い取ってくれる(しかもゼロ金利、無担保で)機関であるとすれば・・、日本政府は、国債を発行することで無限にお金を作り出すことが出来ることになります。
 
 上記の、借金を返すは、ということとは、かなり矛盾した発想になってきましたが・・

 日本銀行に借金をしながら、上手に公共事業を行っていけば(道路や建物の建設ばかりではなく、福祉や介護の充実など、就業率と収入が上がるような施策を行うことによって)、民間の借金を減らすことが出来ます。
 地方交付税を増やすことで、地方の借金を減らすことも出来るでしょう。

 日本政府の日銀への借金が、膨らんで、例えば、5,000兆円とかなった時点で、「返すのは不可能です。ゴメンナサイ」となっても、日本銀行にとっては、ただ刷ったお金が返ってこないだけですから、国民や企業が国債を所有している状態と比べたら、そのダメージは全然少ないように思います。
 帳消しにしても、ダメージが少ないような借金であれば、子供の代に残しても、罪悪感は少なくて済みます。
 
 また、このように、政府が中央銀行に対する莫大な借金をして、最終的にその借金を無かったことに出来るとすれば・・。
 
   政策金利引き下げの効果は?  08/10/30
   最近の商品先物取引業界と現在の経済状況  08/12/03
 この記事で書いたように、現在の金融システムを続ける限り、世の中の借金は増え続けるわけですが、増え続けていく借金を帳消しに出来る唯一の方法なのかもしれません。

 ハイパーインフレを起こすには・・

 という話から、中央銀行の国債買取について話しましたが、ハイパーインフレ事態は、その混乱を考えると、あまり起こって欲しいことではありません。

 日本政府がお金(円)をばらまくことによって、円の価値が下がって、円安が起こる・・、

 という感じで、ハイパーインフレになることが考えられるわけですが、

 円をばらまいても、円安が起こらなければ、ハイパーインフレって起こりにくいのではないでしょうか。

 円安を起こさないためには・・

 世界各国が、協調して、自分の国の国債を中央銀行に買い取らせ、自国通貨をばらまいたら良いのではないでしょうか?

 そうすれば、相対的にお金の価値が下がって、特定の紙幣の価値が著しく下がってしまうことを防ぐことが出来そうな気がします。

 「赤信号、みんなで渡れば・・」というタイトルの意味は、「赤字国債、各国の中央銀行が、自分の国の国債を買い取れば・・」ということです。

 今まで、日本の赤字国債を解消する手段として、このブログの中では、埋蔵金の利用を推奨してきました。

 今回は、中央銀行に、無限の借金システムの貸し手になってもらう、ということで、考えて見ました。
 アメリカのFRBを始めとして、中央銀行というのは、基本時には国の機関ではないようなので、このようなことはそう簡単にできることでは無いですが、法律を作ったり変えたりするのは、国会ですから、選だけでなく、世界各国の財政問題解消の方法として、なかなか良いアイデアなのでは?と考えています。
 
 最近、イスラエルとパレスチナの問題が、きな臭い動きを見せていますが、戦争を起こしたりすることによって、経済を活性化するということに比べたら、全然良い方法だと思います。

 中央銀行が国債を買い取ることを禁止している理由には、「財政規律が無くなる」ということが大きいのだと思いますが、そうすることによって、現在の政府の無駄遣いが放置されたり、官僚が私服を肥やすようになるのだけは、避けないといけないですね。

※当初この記事をアップした時点では、「中央銀行が国債を買い取る、イコール、国の借金がなんなる」という解釈をして書かれていましたが、中央銀行に対する借金が増えることと解釈して書き換えました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2235-5c0e0151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン