趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャートによる情報量では、DIAS Pro がオススメ
   DDE機能を持ったチャートソフト  06/03/06 08/02/29更新
 この記事の中で紹介しているソフトの中で、私が普段使用しているのは、
ドットコモディティの「 Futures Analyst Perfect Version 」ですが、最近、むーみんパパが口座を開設している北辰物産株式会社の「 DIAS Professional Edition 」を見てみて、その情報量の多さに驚きました。

 「 DIAS Professional Edition 」では、チャートの「商品選択」のダイアログで、次のような表示がされます。
 dias090104a.png  dias090104b.png

 dias090104c.png
 このように、商品先物取引での取扱銘柄に関連する様々なチャートを表示することが出来ます。

 ちなみに、「 Futures Analyst Perfect Version 」では、同じ「商品選択」のダイアログで、
 fa090104a.png  fa090104b.png

 fa090104c.png
 このような表示になり、「 DIAS Professional Edition 」と比べると、商品先物取引の取引銘柄以外のチャート表示は、かなり少なく感じてしまいます。

 「 DIAS Professional Edition 」では、一度に10個までしかチャートや相場表を表示できない、3ヵ月以上取引を行っていないと使用できなくなる、ということがあるため、あまり使っていませんでしたが、上記のチャート情報に魅力を感じる方にとっては、魅力的、というかダントツなチャートソフトだと言えますね。

 昨年12月8日から、スタートした、新しいトレードシステム「Presto」でも、
 新しいトレードシステムprestoでのチャート表示銘柄
 このように為替、金や白金のスポット価格、ドバイの原油価格をリアルタイム表示することが出来ますので、これらのチャート表示に魅力を感じる方は、北辰物産株式会社で、口座を開設してみてはいかがでしょうか。

関連記事
   NY相場情報の配信が復活!  2009/02/11
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2242-3a455688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン