FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
原油、灯油のサヤ取り検証
 三晃商事のSELECTⅡの組み合わせである東京原油と東京灯油のサヤ取りについて自分なりに調べてみました。

本日2/7の 灯油の先限05/08の終値が33,370円
      原油の先限05/07の終値が24,870円
      そのサヤ        8,500円です。

この8,500円のサヤが広いのか狭いのか
過去3年の記録を遡ってみてみたいと思います。

原油02/07、灯油02/08のサヤの推移です。
20050207221027.png

原油03/07、灯油03/08のサヤの推移です。
20050207221049.png

原油04/08、灯油04/08のサヤの推移です。
20050207221203.png

 このグラフで判断する限り、8,500円は広いとも狭いとも言えず、今の時点でサヤ取りを仕掛けるのは非常に難しいと思います。
 もし、サヤが6,000円台から5,000円台に入ってきたらそれが開くような方向で仕掛けるのも良いかと思います。
 やはり、異銘柄でのサヤ取りは変化が大きいので極端にサヤが縮まるような状態からでないと仕掛けにくいですね。
コメント
この記事へのコメント
私の場合ですが
むーみんさん。
私の場合、異銘柄は、
最近では、ガソリン:原油を手がけました。

基本的な考え方は、
軸はどちらの銘柄か。
一代の動きは、上げなのか下げなのか。
また、一代の動きと鞘の関係。
つまり、上げながら拡大しているのか、下げながら拡大しているのか。

ということを考えています。

軸になるのは、値動きの小さい方。
原油:ガソでしたら、原油が値動きが小さいので、軸は原油です。

つまり、ガソリンの値動きによって、鞘が積もったり、剥がれたりしてるわけですよね。

縮小の仕掛けというのは、
この鞘の積もりを頂くのが基本だと考えてます。
したがって、上げ相場で、さや取りするのが基本かと思います。

下げ相場なんかだと、時々、股裂きってのもありますから、ご注意下さいね。

以上は、僕の考え方です。
かるーく読んで頂ければ幸いです(^^)
2005/02/07(月) 23:01:01 | URL | kamedas #kyBjvhlc[ 編集]
思考が逆張り的なので
 私の場合は、逆張り的な発想になるので、サヤの絶対値が広かったり、狭かったりしないと仕掛けにくいです。
 チャートとか勉強不足なこともありますが、今まで上げ調子でくると、これからは下がるのではないかという逆張り的な思考が働いて、これから先も、上げ相場なのかどうかが判断できません。
 
 原油と灯油というサヤ取り(原油とガソリンでも同じですが)で、仕掛けるとすると、原料と製品ということで、製品の価格が原料の価格を下回ることは少ないだろうと考えてサヤが狭くなってきたところで拡大と共に利益が出るような仕掛けをした方が私の場合は安心していられる様に思います。
2005/02/08(火) 07:56:53 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/23-0fd9d675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン