趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
粗糖が板寄せ取引に変更に・・
 2008年1月から、アラビカコーヒー、ロブスタコーヒーとともに、板寄せ取引からザラバ取引に変更されていた粗糖が、2009月3月2日から、再び板寄せ取引に変更になるようです。

 このブログではサヤ取りをメインとして取り扱っていたため、粗糖に関しては、まったく意識していませんでした。
 
 しかしながら、商品先物取引では、全体として出来高が減ってきているので、それぞれの銘柄の出来高の減少も仕方ないところですが、東京穀物取引所でのザラバ化の動きについては、更なる出来高減少への懸念を感じていました。

   ザラバと板寄せ  06/07/28
 こちらの記事では、出来高の少ない銘柄では、板寄せ取引の方が取引が成立しやすいということを書いたり、
 マネポケの質問掲示板での東京アラビカコーヒーの出来高についての質問という質問に対して、アラビカコーヒーの出来高減少は、ザラバ化が大きく影響しているのでは・・、というコメントを書いたりしてきました。

 今年最初の投資日記でもでも、N-G大豆のザラバ化について、アラビカコーヒーの二の舞を危惧する内容を書いています。

 現在、アラビカコーヒー、ロブスタコーヒー、N-G大豆、粗糖の出来高がどのようななっているか見てみると・・。

 アラビカコーヒー
 ara090223cw.png アラビカコーヒー相場表

 ロブスタコーヒー
 rob090223cw.png ロブスタコーヒー相場表

 N-G大豆
 ngdaizu090223c.png N-G大豆相場表

 粗糖
 sotou090223c.png 粗糖相場表

 ロブスタコーヒーでは、合計出来高がわずかに2枚ですから、もう死んでいるという感じですね。
 アラビカコーヒーも、期近限月の出来高が10枚を下回っていますので、瀕死の重傷という感じがします。
 粗糖はアラビカコーヒーよりも、若干マシかな?という感じですが大差ない感じですね。
 N-G大豆は、ザラバ化されたばかりでまだなんとか・・、という所です。
 サヤ取りの対象銘柄として考えている私にとっては、N-G大豆が一般大豆とは異なる取引になってしまったというのが残念なところです。

 どんな取引をしているにしても、ザラバ取引で出来高が少なくなってくると、取引が難しくなってきます。
先ず、サヤ取りでは、2つの銘柄に成り行き注文を発注するのが普通ですので、出来高が少なくなればスリッページが発生しやすくなります。
 片張り取引であっても、逆指値注文などを設定していた場合、現在値が逆指値に達した際に、注文が失効されるわけですが、その際の気配値が、現在値からかけ離れていて、非常に不利な価格で成立してしまう可能性が出てきてしまいます。

 板寄せ取引では、短い時間に注文が集中するわけですから、そのようなリスクは比較的少なくなってくると考えられます。
 ただ、板寄せ取引でもあまりに出来高が少なくなってしまうと、ザラバ取引とほとんど変わらないことが起きてしまいます。
 ロブスタコーヒーのような状況では、ザラバ取引でも板寄せ取引でも、もう回復できないのでは?と感じてしまいます。
 
 今回、粗糖が板寄せ取引に変更になりますが、これも、ギリギリの所での判断のように思います。

 現物を扱っていない、我々のような個人投資家にとっては、自分の投資環境の中で、如何に投資しやすい銘柄なのか・・、ということが投資銘柄選びの焦点になると思います。
 今まで板寄せ取引だった銘柄が、ザラバ取引に変更になると、オイル関連や貴金属などの銘柄と、取引のしやすさを比較されて、オイル関連や貴金属の方が出来高が多くて取引しやすいと考えれば、投資家はそれらに移って行ってしまうのではないでしょうか。

 東京穀物商品取引所では、板寄せ取引の魅力をアピールしていった方が、出来高減少に歯止めをかけることが出来るのかも・・、と思いますがどうでしょうか?
 今回、粗糖を板寄せ取引に変更したのも、ザラバ化が進められてきた中で、今後もその姿勢で行くのかどうか決めるための実験的な思惑があるのかもしれませんね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2319-a4bfa9bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン