趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「仕掛ける」という感覚
 私の記事の中では、建玉する際に「仕掛ける」という言葉をよく使っています。

 その理由として

 1つには、サヤ取りでの建玉が多いことが挙げられます。単純に、売ったり、勝ったりの建玉をするのではなく、売りと買いをペアーにして建玉しなければならないことから、何となく罠を仕掛けるイメージとつながります。

 私の場合、逆行した際にナンピンで対処しているわけですが、最初の建玉をした時点で、ナンピンをする際の値幅などをあらかじめ決めています。実際に逆行された場合には、最初のルールに従って機械的にナンピンしていくことになります。そのため、最初の建玉も、逆行された場合のナンピンを含めた1つのシステムの最初の一手として捉えている部分があります。
 仕掛けた建玉に対して、価格が変動して利益が出るのを待つ、という農耕民族的な発想かもしれません。

 これに対して、順張りの取引は、変動する価格を追いかけるイメージで、狩猟民族的な感じですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/240-e2a0fbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン