趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
安く買って、高く売る
 「安く買って、高く売る」片張りの取引で利益を出すための当たり前の理屈です。
順張りの人であれば、「高く買って、より高く売る」もしくは「安く売って、より安く買う」ということかもしれませんが、同じことですね。買いの建玉であれば、より高い価格で売り手仕舞いし、売りの建玉であれば、より低い価格で買い手仕舞いしなければ利益が出ません。

 価格の動きを予想するのはなかなか難しいですから、自分の買い、もしくは売りの建玉に対して逆行してしまうことは良くあります。逆行したものが戻ってきて、利益を出して手仕舞えることもあるでしょうし、逆行したままで損失を出すことも当然あります。ある1つの建玉に対して100パーセントの確率で利益を出して手仕舞うことはもともと無理な話ということです。当たり前ですが・・・。

 1つ1つの建玉で確実に「安く買って、高く売る」ことは無理なので、複数の建玉で、何とか対処することになります。

 「損小利大」というのも、その考えが当てはまります。「安く買って、高く売る」にならない(損失が出る)仕切りの時は、その差額を出来るだけ小さくして、「安く買って、高く売る」が成り立っている取引の時は出来るだけその差額を大きくすることによって、全体の建玉の平均をとれば「安く買って、高く売る」が成り立つようにするわけです。

 逆行に対してナンピンで対処するというのも、全体として「安く買って、高く売る」を成り立たせようとする手段と考えられます。買いの建玉に対して逆行(価格が下がる)した時に、ナンピン(下がった価格で買い玉を建てる)をすれば、当然、買値の平均値は下がっていきます。価格が反転して上がってきたー時に、買値の平均値よりも上の価格で売れば利益が出るということですね。

 上記のどちらの手法でも成功すれば(買値の平均より売値の平均が高くなれば)、利益を出すことが出来ます。しかし、単純にそう行かないのが相場ですね。
 
 忘れてならないのが、ゼロサムゲームということです。先物取引に参加する誰もが、「安く買って、高く売る」ことによって利益を出そうと考えています。誰かが、「安く買って、高く売る」ことによって利益を出した分は、誰かが「高く買って、安く売る」ことによって負担しなければなりません。
 「損小利大」のつもりが「損大利小」になってしまったり、逆行に対してナンピンしていったら価格が反転せずに損失を出してしまったり、ということが多いのかもしれませんね。そのような失敗をどうしたら無くすことが出来るのか、そこを考えると成功への道が開けるかもしれません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/242-2309475e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン