趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
被災者の疎開を考えて見てはどうでしょうか?
今回の東日本大震災、被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

避難所での被災者の皆さんの様子をテレビで拝見して、本当に大変なことだと思います。

震災直後の混乱が落ち着くとともに、支援物資なども徐々に行き渡るようになっていくと思いますが、あまりにも規模の大きい災害で、その後の復興までの被災者の生活を考えると、本当に気の遠くなるような思い出になるのではないでしょうか。

阪神大震災の時のように仮設住宅を建設して・・

と言うことも行われていくことでしょうけれども、着の身着のままで避難して、大事な財産をすべて流されてしまった。
今までの職場も流されて働く場所もない。
と言う方々が、普通の生活に戻ることは、非常な困難があるのではないかと思います。

そこで考えたのが、被災者の疎開と言うことです。

被災された方の親類などが、被災地域の近くで、災難を逃れて普通に生活できているような方はその親類を頼って頂くとして、そのような親類がいない方は、たとえば、私の住んでいる長野県などの市町村で数家族ずつでも受け入れてもらって、生活する場所、ある程度の生活物資、仕事の斡旋など、普通の生活が営めるための支援をしてもらうような制度を作ってはどうかと思った次第です。

被災地がある程度復興したら、被災地の戻っても良いし、そこでの生活が気に入ったら、そのまま定住してしまったも良いかもしれません。

毛布にくるまって寝泊まり、お風呂も会ることが出来ない。プライバシーもない。という過酷な生活から、短期間で解放するための良い方法だと思うのですが、どうでしょうか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2606-71820f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン