趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「原乳から放射性物質検出」のニュースを見ての素朴な疑問
 19日、「茨城県産のホウレンソウと福島さんの原乳から、基準値を上回る放射性物質が検出された」というニュースが、流れました。

 そして、今日(21日)は、
 「政府は21日、福島第1原発からの放射能漏れを受け、福島、茨城、栃木、群馬の各県で生産されたホウレンソウとカキナ、福島県生産の原乳について、当面、出荷を控えるよう各知事に指示した。原子力災害対策特別措置法に基づき、原子力災害対策本部長である菅直人首相が指示した。
 これに関し、枝野幸男官房長官は同日午後の記者会見で、出荷が制限される農産物について『(飲食しても)直ちに健康に影響を及ぼす可能性はない。過剰な反応をせず、冷静に対応してほしい』と呼び掛けた。また、出荷制限で損失を被る生産農家の対応について『適切な補償を前提に考えている。東京電力が責任を持つが、十分でないなら国が責任を持つ』と述べた。」

 と言うニュースが流れています。

 農家の方々のことや周辺住民の方々のことを思うと、放射能物質の漏れができる限り少ない状態で、福島原発の事故が終息してくれるのを祈るばかりです。

 ところで、「原乳から放射性物質が検出された」というニュースを聞いて、先ず、私が考えたのは、「ホウレンソウのような葉物から放射性物質が検出されているような状況だから、牧草を食べている牛たちには、その放射性物質が蓄積して、原乳に放射性物質が出てきているのだろう」ということでした。

 その考えを、食事をしながら話した所、むーみんパパ(私の父)から、「今の牛たちが食べているのは、輸入されたトウモロコシなどの飼料がほとんどで、ましてやこの時期、牧場に生えている牧草を食べていると言うことはないのではないか」という指摘を受けました。

 もし、むーみんパパの指摘通りだとしたら・・・、

 牛の原乳から放射性物質が検出されたのは、牛が、放射性物質に汚染された飼料を食べたからではなくて、普通に呼吸している大気が、放射性物質に汚染されていたからなの?
 と言うことは、そこで暮らしている人間たちも、マスクを使ったりしていなければ、母乳に放射性物質が検出される程度には汚染されている可能性があるということ?

 という疑問が沸いてきました。
 
 原乳から放射性物質が検出された牛たちがどのような環境で飼育されていたのが、正確なところを伝えてもらいたいものです。

 もし、むーみんパパが指摘した通りならば、その地域で、母乳による育児を行っている方々に対する配慮も必要ではないでしょうか・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2607-e07754b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン