趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費税アップで財政再建が出来るのか?
あともう少しで消費税アップの4月がやってきます。

そして、「26年度予算案は一般会計の歳出総額が95兆8823億円と過去最大」だそうです。

「高齢化によって増大する社会福祉の費用を賄うため」とか、「増大する財政赤字を再建するためのものとして消費税アップが必要」という説明で、消費税が増税されるわけですが・・・

財政再建を目的とした徴税方式として、消費税は適切なのかな?という素朴な疑問があります。

消費税アップによって、当然、政府の歳出も消費税分の増額が生じてしまいます。

今までと同程度の公共投資などを維持しようとすれば消費税分のアップによって増えた増税分くらいは、そのまま歳出の増額分として流れてしまうのではないでしょうか?

政府の財政再建を目的とした場合、消費税アップによる増税は、実はあまり意味が無かったりして・・、と思ってしまいます。

所得税とか、政府の歳出額に影響しない部分で増税してこそ、財政再建できるのではないでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/2617-7aab6d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン