趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガソリンスプレッドからガソリン原油ストラドルへ
 今回、12/8~12/19まで、東京ガソリンと原油のストラドル取引(異銘柄間でのサヤ取り)をしてみました。

 東京ガソリンと原油のストラドル取引については
 原油、ガソリンのサヤ取り 経験談  2005/02/21
 原油、ガソリンのサヤ取り  2005/09/01
 原油とガソリンのサヤ取りが面白そう  2005/10/08
 で書いてきました。

 今回、実際に建玉して、

 売買単位が100KL(100倍)から50KL(50倍)に変更になったことは、私のように逆行に対してナンピンで対処する手法には非常に有り難いと感じました。
 原油、ガソリンのサヤ取り 経験談  2005/02/21では、逆行したときの含み損が大きくなり、自分の投資手法には向いていないという内容でした。
 今回、最初の仕掛けが17,000幅、その後約1,000円ごとにナンピンして、最終的には20,180円幅でのナンピンまででした。その際の含み損は約300,000円でした。100倍であれば、600,000円の含み損になっていたわけです。資金的な余裕はあるので、それでも大丈夫だったはずですが、精神的な負担はかなり大きかったと思います。最終的な利益は100倍の時と比べたら半分と言うことになりますが、これから長くやっていくには、精神的な負担が少なくなったのは非常に嬉しいことです。
 
 今まで私は主にガソリンのスプレッド取引をやってきました。ガソリンスプレッド解説  2005/02/24など、このブログでも安全な投資手法として勧めてきました。ガソリンスプレッド取引は現在でも、使える投資手法です。特にこれから半年間のNYガソリンが逆ザヤに推移する限月は仕掛けやすいので、サヤの状態が良ければ是非また仕掛けたいと考えています。ただこちらは、もともとローリスク、ローリターンなため、倍率が低くなった分、更にそのような傾向が出てきます。もちろん、建玉を増やせばその問題はカバーできるわけですが・・。

 ガソリンのスプレッド取引を1組仕掛けるためには、240,000円の証拠金が必要です。ガソリンと原油のストラドル取引では、1組、210,000円で仕掛けることが出来ます。必要証拠金の少なさも、今回、魅力を感じたことの1つです。
 
 今回、たまたま成功したからと言って、いい気にならずに、より安全に利益を出せるように考えていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/309-23110376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン