FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
現在のサヤ取り注文スタイル
 現在、注目しているのは、東京ガソリン06/07と原油06/06のサヤです。
 このような、異銘柄間のサヤ取り注文の際はフジフューチャーズ「Venus(ヴィーナス)」のデュアルDT画面で行っています。
 dualDTgamen1.png
 デュアルDT画面の初期設定を東京ガソリン6番限、東京原油6番限に設定してあるので、デュアルDT画面を表示させると自動的にこの2銘柄の気配値とTickチャートが表示され、下部には東京ガソリンと原油の注文メニューが表示されます。

 サヤの動きは、三井物産フューチャーズ高機能相場分析ソフト「フューチャーズアナリスト」(Perfect Version)でリアルタイム表示させて見ています。
 futuresperfect.png
 Myメニューに東京ガソリン06/07と原油06/06のサヤチャート、東京ガソリン06/06と原油06/05のサヤチャート、ガソリン06/06と06/07のサヤチャートを同時に表示した状態を記憶してあるので、このようなチャートを簡単に表示することが出来ます。チャートの背景色は初期値の黒から白に変えてあります。
 サヤチャートは、サヤ相場表に比べて直感的にサヤの変化を読み取りことが出来て重宝しています。
 
 サヤチャートで大まかなサヤの動きをつかんで注文はデュアルDT画面というパターンです。

 注文にあたっては東京ガソリンと東京原油の相場表も見ています。
 kakakugas.png

 kakakuoil.png
 こちらはデュアルDT画面上部の「価格表」を右クリックで新しいウインドウで表示させ、それぞれをデュアルDT画面とは別のウインドウで表示させています。相場表を見る理由は、例えば、6番現以外の限月の気配値状態を見ることでその後の上がり下がりを予想できる場合があるからです。「全ての限月が売り気配一色になっていれば、まだ下がる余地がある」などと考えるわけです。

 現在は、三井物産フューチャーズで行っているガソリンの異限月間のサヤ取りですが、フジフューチャーズで行う場合であれば、デュアルDT画面を使う場合もありますが、その時の気分でSelect画面で行うときもあります。
 selectchumon060111.png
 Select画面で注文する際は、気配値を別ウインドウで表示しています。
 kehaichigamen060111.png
 気配値の表示設定には1銘柄を全限月表示する他、オプション設定も出来るため、サヤ取りの対象限月のみ表示させるように設定しています。
 他のオンライントレード会社でも当然気配値表示は出来ますが、その見やすさという点では、フジフューチャーズ「Venus(ヴィーナス)」がリードしている気がします(個人的な好みもありますが・・)。東京ガソリンのスプレッド取引を三井物産フューチャーズで行う際も、気配値はフジフューチャーズで見ていました。

 現在のところ、注文はこんなスタイルで行っています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/342-9c1213f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン