趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔のささやき
 最近は、比較的調子がいいので、時々、「枚数を増やしてみたらどう?」という悪魔のささやきがあります。もっと資金的な余裕が出来てきたら、徐々に増やしていこうとは思いますが、今のところは、現状維持で行きたいと考えています。
 ところで、以前、「悪魔のささやきに乗らなくて助かった」ということが数回あります。

 1回目は、イラク戦争前のガソリン高騰の時です。開戦直前に「買いを建ててみたら・・」という悪魔のささやきがありました。「中東地域で戦争が起きたら石油価格は急騰する」そのころまでは当たり前のように考えられていたことです。その考えに支えられて、開戦直前までは石油価格は上がっていきました。そんなささやきがあったのですが、「人の不幸に乗じて稼ぐのはちょっと・・」なんて考えたのか、何か虫の知らせがあったのか、なぜか、建玉しませんでした。そして、開戦。その後の大暴落は皆さんご存じの通りです。

 2回目は、昨年、ガソリンの鞘が大きく転換した時です。通常逆ザヤであるはずの限月が、一気に順ザヤ化していきました。逆ザヤがかなり縮小した時点で、「順ザヤにはなりっこないから、建玉増やしてみたら・・」というささやきがありました。実際には、いつものように1組の建玉から入ったので、結果的にナンピンで乗り切り、利益を出すことが出来ました。詳しいことは想定内?  2005/06/01に書いてあります。

 その他は、このガソリンの上げ相場の中で、「売りを建ててみたら・・・」というささやきです。やれば上手く行ったと思われるようなときもありましたが、もし、やっていたら、ブログの内容はだいぶ違ったのになっていたことでしょう。よっぽど資金的な余裕があれば、私のサヤ取りと同様に逆行したらナンピンという手法でもやっていけるとは思いますが、私の現在の資金力でガソリンの片張りは不安の大きいものになります。

 今後も悪魔のささやきには十分注意しながら、余裕を持った、身の丈にあった、取引をしていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/402-6d6be205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン