FC2ブログ
趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
1つだけ口座開設するとしたら・・
   フジフューチャーズの魅力  2006/02/09
   三井物産フューチャーズの魅力  2006/02/13
   ひまわりCXの魅力  2006/02/23
 と、現在、口座を開いているオンライントレード会社の紹介をしてきました。サヤ幅による指し値注文の出来るオンライントレード会社 2006/01/16で紹介した、大起産業のGALAXYにも口座を作りましたが、今のところ使っていません。

 さて、現在、私は、主な取引はフジフューチャーズで行って、その他、三井物産フューチャーズやひまわりCXで少しずつという感じです。

 もし、今現在、口座を持ってなくて、1つだけ口座を作るとしたら・・・、

 三井物産フューチャーズでしょうか・・。

 ログイン後の画面は少し地味な感じて、口座照会など若干見づらい印象なのが残念ですが、私のように、サヤ取りが中心の個人投資家にとっては、フューチャーズアナリストのサヤチャートをリアルタイムで見ることが出来るというメリットは非常に大きいと思います。フューチャーズアナリストのDDE機能も魅力があります(DDE機能を利用して自分で作った気配値によるリアルタイムサヤ相場表も、サヤ取りの注文には意外と使える印象です)。私のようにサヤ取りが中心の投資家にとっては、サヤ取り手数料(1枚往復450円)も有り難いですね。
 三井物産フューチャーズですが、2007/06/29、株式が三井物産からアストマックス・キャピタルに譲渡されたことにより親会社が変わり、アストマックス・フューチャーズに名称が変更されています。その後、2007/10/01、ドットコモディティに統合されています。
 
 更に、もう一つ口座を作るとしたら・・・、
 フジフューチャーズでもひまわりCXでも好みで選べばよいと思います。

 他の2社に比べて、サヤ取りの手数料はちょっと割高になってしまいますが、フジフューチャーズはどなたにでも薦められるオンライントレード会社です。サヤ取りの方にもデュアルDT画面はたいへん魅力のあるものだと思います。建玉状況の画面に口座状況が表示され、建玉と口座状況とを関連づけて見やすいのが良いですね。取引とは直接関係ありませんが、口座照会画面の実質有効額の推移やマージンレシオのグラフ、指定した期間の取引が一覧表示される売買履歴なども細かいところに手が届くようで私は気に入っています。建玉状況の表示順など、もう少し、サヤ取りに配慮してくれると良いのですが・・。

 ひまわりCXはサヤ取りの手数料としては最安値(1枚往復420円)ですが、サヤ取り以外の手数料が高いので、サヤ取りのみの取引の方に向いています。ログイン後の画面の明るい雰囲気は好感が持てます。Real CXでのリアルタイムの相場表は板寄せ銘柄のハナ表示ができるというメリットがありますので、板寄せ銘柄の取引をする人にとっては、こちらが便利かもしれません。

 このブログに訪れる皆さんの多くは、既に、どちらかのオンライントレード会社で口座を作り、取引をなさっている方だと思います。基本時には、手数料や使い勝手などで好きに選んでいただいて良いと思います。私が使っている3社より、使い勝手の良いところもあるだろうと思います。ただ、サヤ取りを中心として取引したいと考えたとき、三井物産フューチャーズでの口座開設は、リアルタイムのサヤチャートなど、メリットが大きいと思います。

 ところで、私がまだ使っていない大起産業のGALAXYですが、サヤ幅の指し値注文が出来ると言う特徴があります。使っていないのは、単純に約定値によるサヤ幅による成り行き注文になってしまうので、ストップ高やストップ安になってしまって注文が成立しないリスクや、特気配で思わぬ約定値になってしまう可能性があるためです。日計り手数料が210円と業界最安値ですので、実は、サヤ取りよりもデイトレードをされる方にとってメリットの大きい会社だと思います。

 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/444-a176dd44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン