趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資も「かもしれない運転」で
 安全運転をするために「だろう運転」よりも「かもしれない運転」ということが言われます。
 「だろう運転」とは、例えば、交差点で対向車両が右折しようとしている時、「こちらが優先だから、止まっているだろう」「曲がってこないだろう」と考えてそのままの速度で交差点に進入したり、自分の前を走っている車が、「急停車することなどないだろう」と考えて車間距離をとらずに走行したり、というような運転です。
 「かもしれない運転」では、このような状況の時、「こちらが優先だけれども、急に曲がってくるかもしれない」、前の車が「急停車するかもしれない」と考えてスピードを緩めたり、車間距離をとったりするという運転になります。

 投資に当てはめて考えると、「だろう運転」は、「自分の予想通りに相場が変化するだろう」と考えている状態、「かもしれない運転」は「自分の予想に反した動きをするかもしれない」と考えている状態だと言えます。
 「100%相場の動きを予想することは無理である」ということを前提に考えれば、常に「自分の予想に反した動きをするかもしれない」と考えながらの「かもしれない運転」のスタンスで投資しに臨むことが安全な投資につながると考えます。

 「だろう運転」でも運が良ければ事故は起きません。そのような状況が続くと、いっそう「だろう運転」の度合いが強くなり、「・・かもしれない」と危険を予測するレベルが低下してしまいます。
 商品先物取引でも、運が良ければ、「だろう運転」的な考えでいても利益を出すこともあるでしょう。しかし、そのような状況になると、「自分は投資の天才かもしれない」などという慢心につながり、利益を上げるために建玉を増やしたり、という行動につながると思います。
 そして、「だろう運転」が事故の原因になるのと同じように「だろう投資」が大きな損失の原因になってしまうと考えます。

 では、具体的に「かもしれない運転」のような「かもしれない投資」では何をしなければいけないか・・。
 「かもしれない運転」では「・・かもしれない」と考えたとき、速度を緩めたり、徐行したり、止まって確認したり、車間距離をあけたりします。
 それをそのまま応用して
 速度を緩めたり、徐行したり → 建玉を少なくする
 止まって確認 → 様子見、仕切り直し
 車間距離をあける → ナンピンの場合の間隔を空ける

 とすることで、だいぶ安全性が高まると思います。
 私がリスク管理で最も大切だと思っているのは、「建玉を少なくする」ということです。

 今後も「かもしれない運転」「かもしれない投資」に心掛けたいと思います。

  ※記事に対する評価をお願いします。
    

  ブログルポ Blog Reportage 記事ごとの評価による新しいタイプのランキングサイトです。ブログをなさっている方は是非登録しましょう。 
コメント
この記事へのコメント
丁半バクチの方がいいだろう。
丁と半しかないから
上がるか下がるのかも同じ

13日平均が上がっているから
明日も上がるだろう。
と考える反対に
26日平均が下がっているから
明日は下がるだろう。

確率的には
13>26で
上がるほうが強いことになると思う。

13日=7.69%(1日あたり)
26日=3.84%(1日あたり)

2006/07/13(木) 05:04:55 | URL | きんちゃん #-[ 編集]
私にとっては・・
丁半バクチではどんなに確率を上げようとしても、50%ですが、商品先物取引ではそうではありません。
何かしら優位性のある法則を発見して人にとっては、それ以上の確率を出せたりします。
もちろん、ゼロサムゲームですから、自分が望んだ結果を出せずに止めていく人もいることと思います。
私は、商品先物取引で利益が出ているので、丁半バクチよりこちらの方が良いと思っています。

ところで、この記事の趣旨ですが、
相場を予想する方法は、きんちゃんさんのように13日平均、26日平均など平均線を利用する方法や、その他数限りなくあると思いますが、何かしら、優位性のある法則を発見した場合、それが例えば、90%の確率で当たるものだったとします。
かなり高い確率なので、「大丈夫だろう」と建玉を多くするのではなく、「残り10%で外れるかもしれない」と考えて、予想が外れた場合の対策も考えておくようにしましょう、ということです。

そうでないと、丁半バクチ(50%)以上の予想が出来ても破産の危険性がありますので・・。
2006/07/13(木) 09:52:11 | URL | むーみん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/449-2d34f32c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン