趣味として商品先物取引を楽しむ
本業に差し障りのない範囲で、商品先物取引と楽しく付き合っていけないものだろうか。 過去の失敗経験をふまえて、先物取引のリスク、面白さ、リスクの少ない投資法を考えていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
資金力の大切さ 2
 リスクマネージメント  2005/09/13では、コイン投げのゲームを例にして、「かなり有利な投資手法でも、投資資金に対する建玉の割合が多いと破産してしまう」ということを説明しました。

 資金に対する建玉の割合を低くしていれば、後は、投資手法自体が有効であれば、資金が増えていくと言うことになります。

 「資金に対する建玉の割合を低くする」

 同じ資金であれば、建玉の数を少なくするということです。私の場合、サヤ取りで逆張りナンピンという手法になりますが、初めの建玉を1組からとすることで、資金に対する建玉の割合を低く保とうと考えています。

 同じ建玉でも、資金が多ければ、資金に対する建玉の割合は低くなります。当たり前ですね・・。
 私と同じ手法でも、500,000円程度の資金では、かなりリスクが高くなります。

 全く同じ投資手法、建玉をしていても、資金の量によって、リスクの度合いが全く異なると言うことです。

 最近、投資関連のブログは非常に多くなってきましたが、「少額の投資資金から1億円を目指す」というタイプのタイトルをよく目にする気がします。中には、運良く1億円を達成できる人もいるかもしれませんが、なかなか難しいのでは・・と感じます。

 リスクマネージメント  2005/09/13のコイン投げの例では、勝ち負けの確率は五分五分で、買ったときの利益が2倍という非常に有利な条件でした。にもかかわらず、賭け金の割合が50パーセントを超えると資金は減っていってしまいます。
 少ない資金、例えば、先物取引で1枚建玉しただけで満玉状態、ということでは、話にならないということです。

 投資手法をいろいろ研究して、勝率や利益を上げることも大切ですが、元になる投資資金を増やす努力、投資のリスクを少なくするためには、これが非常に重要なことだと思います。

 以前、300万円くらいは・・  2005/08/22という記事を書きましたが、どのくらいの資金が必要か?ということについては、その人の投資銘柄や投資手法によって変わってきます。

 現在の私の投資資金は、昨年の利益もあって、約4,300,000円ほどになっています。だいぶ余裕が出てきたようにも思いますが、私の投資手法では、まだ、最初の建玉を増やしていくのは怖いと感じています。
 焦らずに安全マージンをしっかり取りながら取り組んでいきたいと思います。

  資金力の大切さ 1  2005/04/30

  ※記事に対する評価をお願いします。
    

  ブログルポ Blog Reportage 記事ごとの評価による新しいタイプのランキングサイトです。ブログをなさっている方は是非登録しましょう。 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://futures.blog4.fc2.com/tb.php/458-483d40ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

SEO対策:商品先物取引 先物取引 商品先物 ガソリン